Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 真実を告げる書 科学 聖書 都市伝説

666の現代の人に創造主が伝えたいこと Vol.66

投稿日:2018-09-08 更新日:

666は獣の数字とされています。
悪魔の数字ともいわれますが、聖書では獣の数字とあります。

こう書かれていることで、なんだか不気味で不吉なイメージがあります。

そして以前にこのブログで、この666について書きました。
関連記事聖書の666の本当の意味と獣の刻印

その記事の中で、666とは人間がこの地球に創造され、アダムとイブから数えて666世代目のことだったと書きました。
つまり地球の人間の数字です。
聖書にもはっきりとそう書かれています。

ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。
(「ヨハネの黙示録」13章18節より)

1世代を20年として、アダムとイブから単純に数えた世代の数です。

「地球人は科学的に創造された」によると、666世代目とはちょうど西暦1945年の年だそうです。
その年には世界で初めて広島で核が殺戮に使われました。

創造主はこのことをほぼ正確に予測していました。
核のような巨大なエネルギーを、攻撃に使用するようになるこの時期の人間のことをです。

ですので666は初代の人類からの進歩も意味しています。
初代の人間と言っても、最初に創造された人間ではなく、科学や知恵を教えられ「楽園」から追放された人間です。
現実に人間は、精神の進歩とともに科学技術も進歩しました。

そして創造主は進歩したこの時代の人々へ、聖書やその他さまざまな形である警告を伝えています。
それは地球の人類だけではなく、地球以外のたくさんの文明の進歩を見てきた創造主だからわかるのです。

スポンサーリンク

科学技術と攻撃性と獣

666の世代以降のこの時代を、創造主は獣のような人間の世界だと言っているのだと思います。

なぜ獣なのかというと、攻撃的な精神を持ったまま、世界を滅ぼすことのできる核などの武器を保持しているからです。

科学技術の進歩が悪いのではなく、攻撃的な精神を持っていることが悪いのです。
科学が進み、もうすぐ人間は宇宙にも飛び出していくでしょう。

しかし宇宙に進出できるくらいの科学技術やエネルギーは、使い方によっては人類を自滅させてしまいます。

666世代目より以前なら、攻撃性があってもまだ世界を滅ぼすことの出来るほどの軍備や科学技術は無かったので、獣とは666世代目以降の人間のことなのです。

世を愛する者と神の御旨を行う者

聖書では、この人間の世界と世界にある物を愛してはいけないと伝えています。

次の聖書にある「世」とはこの世界のことです。

世と世にあるものとを、愛してはいけない。もし、世を愛する者があれば、父の愛は彼のうちにない。すべて世にあるもの、すなわち、肉の欲、目の欲、持ち物の誇は、父から出たものではなく、世から出たものである。 世と世の欲とは過ぎ去る。しかし、神の御旨を行う者は、永遠にながらえる。

(「ヨハネの第一の手紙」2章15節〜17節より)

聖書は人間のための書物ですが、その人間の中でも、神と言われる創造主の思いを行う人に向けたものです。

しかし、現代に生きていて神や創造主を思って生きている人とは、宗教を信じている信徒というイメージがあり、多くの人は自分には関係のない事だと思うと思います。
もちろん私も少し前まではそうでした。

これは聖書に書いてある言葉をそのまま捉えているからそういうイメージになってしまっているのです。

「地球人は科学的に創造された」によれば、聖書の神とは主に私達を創造した創造主です。
架空の存在ではなく、遠い惑星に実在します。

神といわれる存在はもう一つありますが、聖書で人間と関わる「神」は創造主や宇宙文明の存在のことです。

さらに、宇宙には未開の文明と進んだ文明が存在し、地球は今は未開の文明です。

創造主の願いや思いとは、創造された私達人間が長い時間をかけて進歩し、やがて宇宙の真理に気付き、創造主たちや他のたくさんの宇宙の進んだ文明の仲間入りをすることです。

地球が、進んだ文明の仲間入りをした後は、その地球の人々には他の未開の文明の進歩の手助けをするという役割が待っています。

今、地球はすでに未開の文明を卒業する時期に来ています。
しかし、今の人類のままではまだ未開の文明を抜け出すことが出来ません。

その理由は、この世界への執着が強いからです。
今はこの世界で人々は欲を多くもったまま、科学技術だけがどんどん進んでいます。
少なくとも私にはそう見えます。

この世界の全てのものに執着することは、「世を愛する」ことです。
どうにかしてこの世に生き残ろうとすることも同じです。
神といわれる創造主を忘れ、人間だけで生きていこうとすることもです。
それが聖書で書かれている獣になるのだと思います。

世を愛することが悪いわけではありません。
それは個人の進歩の段階によるからです。
まだこの地球のような未開の文明のエゴや競争の世界を味わいたいという人もいるでしょう。

ただ、「神の御旨を行う」ことを選ぶなら、もうこのような未開世界からは卒業する段階ですので、「世と世にあるものとを、愛してはいけない」のです。

「神の御旨を行う」人は、もうすぐ生まれ変わるこの地球で、進んだ文明の新しい世界に住むことになるでしょう。

地球が新しい世界になるには、地球の人々の多くがエゴや攻撃性をなくして、無事このまま移行するか、または多くの人がエゴや攻撃性を捨てられずに、自分たちの科学技術によって一度自滅してから地球で新しい世界を作るかのどちらかになります。

ただ、自滅してから作られる新しい世界には、今地球に生きている人が全員住めるわけではありません。
一方で、このままの世界を維持しながら次の文明に移行できるなら地球は無事だし、そこにいる人々は自滅したときより一緒に移行できる可能性が高くなります。

地球が新しくなることはもう決まっていることです。
まだ進んだ文明に住むことを選ばない人は、きっとこの地球を何かの形で離れることになります。

しかし自分はどうしたいか、聖書にある創造主の願いを行うか行わないかは、それぞれの自由です。

関連記事:世界や宇宙の全てを創造しているのは一つのものだった Vol.62

スポンサーリンク

-世の中について, 真実を告げる書, 科学, 聖書, 都市伝説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

なぜ愛に則って生きることが大切なのか Vol.147

今回のテーマは「愛」です。 壮大な気がしますが、今こそ重要なことだと思うので書いてみます。 愛については以前にも書きましたが、今回はなぜ愛が大切なのかについてです。 そんなことは映画や歌や聖書の中でし …

今は終末でアポカリプスの時代 Vol.105

聖書を知らなくても、都市伝説やオカルト好きの人なら「終末」とか「アポカリプス」という言葉を知っている人は多いと思います。 この言葉は、その言葉が使われている聖書の箇所の恐ろしい表現とセットで広まったた …

五芒星と逆五芒星の意味と効果 Vol.81

みなさんは五芒星のマークはご存じですか? こちらです。 私の自作なのでちょっとずれてるかもしれませんが。 このマークは陰陽師などで魔除けのための結界などに使われるといわれます。 マークの意味としては、 …

魔物や神様や魔術は科学 Vol.129

私は子供の頃、幽霊とか妖怪といった目には見えない存在をなんとなく信じていました。 実際に見えたわけではないですが、普通に多くの子供が信じているような感じです。 ただ私には全く霊感がないため、大人になる …

イザナギとイザナミが表すもの Vol.123

前回は、日本の神話の伊奘諾(イザナギ)と伊邪那美(イザナミ)の伝説から、ノアの大洪水とのつながりについて書きました。 関連記事:伊奘諾と伊邪那美の伝説とノアの大洪水 Vol.122 その記事を書く中で …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)