Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 都市伝説

Qを利用した罠にはまらないために Vol.187

投稿日:2021-04-17 更新日:

地球が新しい世界になることはこの世界の始まりのときから決まっていることですが、実際に変わるのはもう少し先だと私は思っていました。
そんなに遠くないけど今すぐでもないくらい。
例えば10年から20年くらい先です。

具体的な世界情勢を知る術が私にはないため、実際に今何が世界で起こっているのかは全くわかりません。
もちろん噂で流れてくる様々な情報は目にしていますが、あくまでもそれは参考程度に頭に入れておくだけです。

その上で最近の世の中を見ていると今まで隠されていた事が表に出てきているように思えるため、新しい世界になるのは思っていたより早いかもしれません。
とはいえ現実にはほとんど変わり始めてもいないため、実際に新しい世界に変わるのは数年後でしょう。
それでも10年もかからないかもしれないと思います。

このまま本当に世界が変化し始めるとすれば、今はその直前の夜明け前といえます。
このことを知っていて心待ちにしている人も沢山いるでしょう。

ですが、このまま本当に世界が変化するかどうかは、その時になるまで誰にも分かりません。
今は、いよいよ新しい世界に変わるかどうかの瀬戸際です。

スポンサーリンク

Qについて

今、これまで都市伝説などに注目していた人々にとっての一番の関心事は、世界を裏で支配しているといわれるDSを掃討する作戦であるQプランでしょう。

私はリン・ウッド弁護士がすすめていたスコット・マッケイ氏の動画からこのQの情報を得ました。
Qについてはたくさんの情報があって何が本当で何がデタラメかは全くわからない状態です。
この情報を知る何年か前からQアノンという人々の情報は見かけていましたが、真実というには証拠がなさすぎることに疑問でした。
ですのでここで書いていることは事実かどうかは検証できませんが、一つの情報として参考にしてください。

私はYouTubeなどの動画ももちろん見ますが、こういった情報を得るには動画は時間がかかりすぎるし、聞き逃してしまったときに戻るのが面倒なので文字で読む方が何倍も楽だと思っています。
こちらのnoteはリン・ウッド弁護士のおすすめの動画の内容を文字起こししてくださった方のものです。

参考リンク:リン・ウッド弁護士「真実だから観ろ」動画 日本語字幕の文字起こし / Naoさんのnoteより

スコット氏の情報によれば、この作戦はケネディ大統領暗殺事件から始まっている米国の軍によるプランであり、何十年も前から計画されていた軍事作戦のようです。
軍事作戦ならば表に情報がほとんど出てこないのも納得できます。
軍はトランプ氏に2016年の大統領選挙の出馬を依頼し、ヒラリー氏に勝利してトランプ氏が大統領になったときから計画の実行が始まったといえます。

ですからQとはトランプ氏が中心で始まりのように思われていますが、この情報によればトランプ氏は作戦には欠かせない重要な役目を軍から依頼されて実行した人物です。

ところでなぜ「Q」というかというと、ウィキペディアによると「米国の機密情報へのアクセス権限を持っている政府高官」という意味だそうです。

「Q」というのは、トランプ政権とその反対派に関する米国内の機密情報にアクセスできる「Qクリアランス」の権限を持つ政府高官という意味である

ウィキペディア/Qアノンより 

2017年10月28日に米国の4ch(日本でいう5ちゃんねる/旧2ちゃんねる)掲示板に諜報部の誰かがQドロップといわれる機密情報の一部を書き込んだそうです。
その謎の書き込みの内容は、現在でも陰謀論といわれるような誰も知らなかった情報であり、瞬く間に拡散されていきました。

これが本当にQの正体だとすればQからの情報は単なるデタラメや陰謀論ではなく、隠されていた真実であるということも考えられます。

Qドロップに飛びついて拡散し、さらに情報を自ら得て活動していく人々は「Qアノン」と呼ばれるようになりました。
ですから、QとQアノンは全く別の立場だといえると思います。

現在のcovid19ウイルスの騒ぎは、大統領選挙でバイデン氏が勝利するために郵便投票を推し進めることがそもそもの大きな目的だったようです。
現時点でその目的は果たされたように見えます。

しかし、その大統領選挙もQ側からすればDSを殲滅するためのおとり作戦だったといわれています。
もしそれが本当ならその結果はいずれ明らかになるでしょう。

このような作戦がQによる軍事作戦であり現在もまだ実行中だといわれているのですが、果たしてこれが事実なのかどうかは作戦の外側にいる私たちからはほとんどわかりません。
作戦自体が本当に存在しているのか、それとも現実の出来事にうまく合わせて作り上げられたフィクションなのかさえ今はわかりません。
事実と嘘が混じっているという場合もありますし。

もしも心からこの作戦を信じている人が、実は全くの嘘だったとわかったら立ち直れないくらいとてもショックを受けるでしょう。
もちろんこの話が事実ならこの世界を支配していた人たちがいなくなるため嬉しいことですが、全てを鵜呑みにはしないことをおすすめします。

罠にはまらないために気を付けること

スコット氏の情報によるとQの作戦は軍事作戦であり、大きな流れとしてはDSといわれる影で世界を牛耳っていた人々の支配体制の崩壊といえます。
このことは、現実に最近の世界中で起きていることを見ると事実である可能性が高いと思います。

ただ、現在はこれらのQの作戦に絡めた様々な情報が錯綜しており、何が本当で何が嘘なのかが判断できない状況です。
例えば何月何日にトランプ氏が大統領として復活するとか、緊急放送が世界中で流されるとか、ベーシックインカムが始まるなどです。
これらはQの作戦を信じている人には現実に起こるように思えると思いますし、もしかすると本当かもしれません。

しかし期待していたのにその日に何も起こらず、作戦の影響で延期されているなどといってどんどん延期され、結局そのまま何年も経過してしまうかもしれません。
そうして信じて待っている人々は待つことに疲れてしまい、Qなんて実在しないのだ、この世界の大きな力には普通の人は逆らえないから大人しく従うしかないと考えるようになってしまう恐れがあります。

Qの存在や作戦は本当であっても、Qの当事者と思われる存在からは何月何日に何が起こるといった具体的な日時はほとんど発表されてはいないと思います。
あくまでもその近くにいる人々からのリークがあるだけです。

それはもしかするとQの作戦を利用したDSの罠ということも考えられます。
Qを信じていてこの世界のおかしさに気づいた人の心を解放しないようにするための罠です。
そのような罠にはまらないためには、信じてはいるけど今か今かと心待ちにせず、このような噂は一つの情報として頭に入れておく程度にし、実際に現実として現れるまではあまり期待しすぎないようにするのがいいでしょう。

この世界が一部の人々に支配され続けているのは本当のことだし、それはこの世界の仕組みを自分なりに調べてみればわかることです。
そしてそのような世界が永遠には続かないこともよく考えてみるとわかるでしょう。
なぜならそのような世界は宇宙を支配している法則に則っていないからです。
必ず遠くないうちにその仕組みは自然に、または人々の意識によって壊れます。

それからたとえQの軍事作戦は本当だとしても、DSがほぼいなくなってトランプ氏が復活し、緊急放送が始まってベーシックインカムが開始されたらたらめでたしめでたしということではありません。
それはまだ地球の世界が良い方向に変わり始めるためにやっと一歩踏み出しただけです。

Qの作戦の結果が表に出てこなくても、この世界の時代の変化とともに多くの人の意識は変わっていきます。
ですがQの作戦が存在していないとしたら地球が新しい世界に変わるのはもっと先になるか、最悪の場合は自滅してしまうと思うので、私もQの作戦が本当であってほしいと願っています。

今の私たちにできるのは、一部の人々に支配されている世界で生きていることに気づき、その上で宇宙の法則に則って今できることをして生きることだと思います。

スポンサーリンク

-世の中について, 都市伝説
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人類の滅亡と個人の死の違いとは Vol.49

現在の人類は終末の時代に入っているといわれます。 終末の時代というと何か恐ろしいイメージがあります。 多くの人が考えているのは人類の滅亡の危機だと思います。 とすると、予想される危機は巨大隕石の衝突や …

人間が変身できる技術は宇宙文明にすでにある Vol.192

最近、Q関連のYouTubeやTwitterなどで話題になっているものの一つに、ゴムマスクを被った人間がいるというものがあります。 私はQについて全面的に信じているわけではありませんが、現在の世界の現 …

五芒星と逆五芒星の意味と効果 Vol.81

みなさんは五芒星のマークはご存じですか? こちらです。 私の自作なのでちょっとずれてるかもしれませんが。 このマークは陰陽師などで魔除けのための結界などに使われるといわれます。 マークの意味としては、 …

VRの世界に肉体を捨てて生きることの本当の意味 Vol.172

やりすぎ都市伝説では、これからはバーチャルリアリティーの世界で暮らす人が増えていくというようなことを語っています。 クラウド上に人間の脳内にある意識といえるデータをアップロードすると、バーチャルリアリ …

悪魔の終わりのときの光と闇の目的は同じかもしれない Vol.184

聖書の「ヨハネの黙示録」には悪魔の終わりのときについてこう書かれています。 しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。 悪魔が、自分の時が短いのを知り、 激しい怒りをもって、 お前たちのところに下 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)