Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 聖書 都市伝説

獣の刻印とは、今はまだ無くこれから現れるもの Vol.95

投稿日:2019-03-19 更新日:

私はこれまで何度か、ヨハネの黙示録にある「獣の刻印」について、それが何を表すのか考えました。

関連記事:
マイクロチップは獣の刻印なのか Vol.52
獣の刻印とは何か。神による印から考えてみました Vol.76

マイナンバーやマイクロチップではないか。
以前こう考えた理由はヨハネの黙示録にこうあるからです。

また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、 この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。

(「ヨハネの黙示録」13章16節〜17節より)

ヒントは「この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできない」の部分です。
しかし現在の世の中を見てもそんなものはありませんね。
お金があれば誰でも物を買うことができるし、売ることもできます。

ですがマイナンバーやマイクロチップがこれからもっと一般に普及したとき、もしかするとその状況は変わるかもしれません。

それから、仮想通貨や暗号通貨での売り買いが普及したり、現金が無くなって電子マネーやクレジットカードだけになったとすると、その通貨や電子マネーを扱うための条件を設定される可能性はあります。

もしそうなれば、その条件こそが獣の刻印かもしれません。

注目したいのは物を売り買いできるための何かということです。
お金と同じような価値の何か。
それ自体のことということも考えられます。

次のヒントはこの部分です。

この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。 ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

(「ヨハネの黙示録」13章17節〜18節より)

「獣の名」または「その名の数字」とは?

その数字は666です。
666は地球の「人間をさすもの」です。
この謎解きはすでに以前にしましたが、その他にもあるのでしょうか。

関連記事聖書の666の本当の意味と獣の刻印 Vol.19

刻印とありますが、実際に目に見える刻印なのかはわかりません。

「神による印」は私たちには見えませんが、確実にあるものです。
ですから獣の刻印も目には見えないものかもしれませんが、その存在は人間に認識できるものでしょう。

獣とは人間のこと

獣とは、今の地球のような科学技術がある程度進んだ未開の文明で生きている人間のことです。

それがだいたい地球の人間で数えると666世代目以降の時代なのです。
なぜ666世代目以降なのかというと、1世代を単純に20年としてアダムとイブから数えて666世代目の1945年に、人間は核を武器として使用したからです。

現在はすでに666世代目より後の世代も生まれています。

ですので獣とは、666世代目以降で次の新しい文明になるまでの人間のことです。

この時代にはそろそろ次の文明に移行するべきなのですが、まだ地球は未開の文明のままです。
新しい文明に移行するべき今の時期に未開の文明で生きている世代の人間は、創造主や宇宙の進んだ文明から見るとなのです。

なぜ獣なのかというと、精神や文明が進んでいないのに進んだ科学技術を使っているからだと思います。

この状態を創造主や宇宙の文明から見ると、小さな子が車を運転しているようなものなのです。
今にも自滅する恐れがある危険な獣です。

このことを元にして獣の刻印について考えてみます。

獣の刻印は今の世界に生き続けるためのものか

獣の刻印はこの時代に生きる人間によって人間が刻印されるものでしょう。
666は、今の時代に生きていて次の新しい文明に移行する前の人間のことです。

地球の次の新しい文明に移行した後は、その文明で生きる人は宇宙文明の技術によって死の恐怖を乗り越えられます。

これに関連しているのが神による印です。
神による印は、もしもこの地球の人類が自滅してしまうことになったときに、再び地球に新しい文明世界を作るときに必要なものです。
獣の刻印はこれを真似たものだと考えられます。

しかし獣の刻印は神による印とは全く違います。
死が恐ろしいので死を経験したくないために生き続けるためのものだからです。
もしかするとこの時代のこの文明で死なずに生き続けることを約束するための何かが獣の刻印なのかもしれません。

だとすると医療行為になるものかもしれません。

獣の刻印を押された人のDNAには何らかの印が付くと思われます。
そう思う理由は、666は人間の世代の数であり、その世代の数は私たちのDNAに刻まれているはずだからです。
その印は代々続くDNAの中の666世代目以降のどこかに付くのです。

または、666世代目以降の人が獣の刻印を押されると、その体で次の文明には行けないため、永遠に現在の人間のままという意味なのかもしれません。

666は今の文明で生きる現代の人間のことで、獣も現代の人間のことです。
その獣の名とは、人間です。
英語ではHumanです。
この「人間」には「この時代の」という意味が込められています。
だから666でもあるのです。
獣の刻印にはこの「人間」という意味を表す何かが多分どこかに付くのです。

ですが、その技術が獣の刻印だとは誰も思わないでしょう。
なぜなら多くの人は、地球が新しい文明に移行するということの意味がわからないからです。
もちろん「神による印」も理解できません。

現在の地球で生き続けることができるなら、誰もが進んで受けたいとすら思うかもしれません。
ただ実際に生き続けられるかどうかは別です。
そういう前提で押されるものというだけです。

とはいえ獣の刻印を押された人には、病気の心配がなくなったり、肉体を捨ててバーチャルの世界で生きたりすることも可能なのかもしれません。

しかしそれは永遠に続くものではありません。

人類が自滅するときは誰もが一度は死にます。
物質の肉体は必ずいつか滅びるのです。
意識だけがバーチャルの世界で生きていても、大異変でそのバーチャルの世界が壊れたら終わりです。

獣の刻印は、私たちが今の世界で最新のテクノロジーを使うためには必要な何かです。
それが無いと、物を売ることも買うこともできないものだからです。

現時点ではその獣の刻印は存在していないと思います。
近いうちに公開されるもので、これに当てはまるものが獣の刻印である可能性が高いです。

そして新しい文明世界に移行するときは必ず最後の審判が行われます。
最後の審判では、地球で生きた全ての人が一度再生され、その人生を振り返り審判されます。

獣の刻印が身体やDNAに付いている人は、地球の新しい文明世界に住むことはできない可能性があります。

全てはそのときになるまでわかりません。

スポンサーリンク

-世の中について, 聖書, 都市伝説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16

私は聖書を理解するために、たくさんのサイトや動画を観ています。 聖書を理解したい理由は、都市伝説や陰謀論などを読んだり見たりしていると、聖書がたくさん登場するからです。 きっかけは都市伝説大好きなこの …

世界や宇宙の全てを創造しているのは一つのものだった Vol.62

この世界や宇宙にあるものは全て、空間に存在する一つの同じもので出来ているのではということを、以前の記事で書きました。 関連記事:万物を作っているものは振動している Vol.57 私が最初にそう思った理 …

旧約聖書の神はなぜ野蛮なのか Vol.97

聖書はキリスト教では旧約聖書と新約聖書という区分けがあります。 そのうちの旧約聖書には、新約聖書と比べるとかなり野蛮な部分があります。 そのため全くの別物とも思えてしまいます。 旧約聖書には、世界の始 …

六芒星とダビデの星と籠目紋の繋がりとシンボルの意味 Vol.71

皆さんは六芒星を知っていますか? このブログを読んでくださっている方は、おそらく聖書を少しでも知っていたり都市伝説を知っている方が多いと思いますので、六芒星についても一度は見たことがある方が多いと思い …

この世の中の真理について。真理を知るためのヒント Vol.13

ずいぶん前に何かで読んだもので、物事について考えるときにずっと私の中で基準になっている言葉があります。 その言葉とは 「真理は常に単純である」 というものです。 誰の言葉でどの本だったのかは、はっきり …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)