Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 真実を告げる書 都市伝説

真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

投稿日:2018-04-13 更新日:

「真実を告げる書」の内容は衝撃的ですが、きっとまだまだ世界には広まらないでしょう。

その理由はいくつか考えられます。

まず、著者であるラエル氏が中心になっている、ラエリアンやラエリアンムーブメントというものが、世間ではあまり良いイメージがないからです。

それは悪い噂という程度で、本当にそうかどうかはわかりません。
噂は全くのデマで、「真実を告げる書」の内容が都合が悪い団体や組織がそういったイメージを意図的に作っている可能性もあります。
しかしそういった噂が出てしまっている以上、その噂の原因のラエル氏の著書というだけで広まりにくくなってしまいます。
もしこれが作戦だとしたら、今のところはうまくいっていると思います。

この他に色々な理由から「真実を告げる書」は広まりにくいと思います。

スポンサーリンク

真実を告げる書が広まらない大きな3つの理由

一つ目の理由は、「真実を告げる書」が広まると、現在ある宗教の多くが存在する意味が変わってしまうことです。
なぜなら、「真実を告げる書」には神の存在の真実が書かれているからです。

世界的に大きな宗教であればあるほど、このことはタブーに近いものになってしまいます。
逆に、宗教は一応あるけどあまり良いイメージがなく、宗教などを信じている人がいたら少し距離を置きたくなる、という日本人の方が「真実を告げる書」を受け入れやすいような気がします。

もう一つの理由としては、政治のあり方が根本から変わってしまうからです。
「真実を告げる書」で創造主は「天才政治」という方法を提案しています。
この方法が実現すると、現在のピラミッド型の世の中の仕組みが無くなっていくでしょう。
ですから、現在ピラミッドの上の方に位置している人たちの抵抗が大きくなり、実現するには「産みの苦しみ」が伴うと思います。

この辺りの権力をもった人たちによる抵抗で、ラエル氏やラエリアンムーブメントが批判されるような噂が流れている可能性もなくはないと私は思っています。
ですから私は著者であるラエル氏やラエリアンムーブメントの悪い噂はあまり気にしていません。
「真実を告げる書」を読めば、批判される理由がなんとなくわかるからです。
その批判の内容自体は「真実を告げる書」を読む人が気にする必要が全くないものばかりです。

旧約聖書の時代にイエス・キリストが批判され、攻撃されたのと似ているかもしれません。

もう一つは、終末論などの得体の知れない恐怖が使えなくなるからです。
現在流行している都市伝説や陰謀論、終末論など人々の恐怖を煽っている人たちは真実を知っているのか、知らないで語っているのかはわかりません。
都市伝説などが怖いと感じるのは、先の見えない得体の知れなさがあるからだと思います。

しかし、「真実を告げる書」を多くの人が読んで真実を知ってしまったら、きっとその恐怖はなくなります。
そうなると都市伝説や陰謀論で収入を得ている人たちにとっては都合が悪いでしょう。

このような感じで、様々な方面から「真実を告げる書」は煙たがられている可能性があります。
そのために世界にほとんど広まっていないのではないかと考えました。

読めばわかりますが「真実を告げる書」の内容自体は、ラエル氏やラエリアンムーブメントにどんなマイナスな噂があっても関係なく、この世の中の真実を知ることができるし、神秘的ではなく現実的な人類の希望が書いてあるものです。
そんなすごい書籍が無料で公開されていることで、その精神がわかります。

でも信じるか信じないかは読者のみなさんの自由です。

-世の中について, 真実を告げる書, 都市伝説
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ愛に則って生きることが大切なのか Vol.147

今回のテーマは「愛」です。 壮大な気がしますが、今こそ重要なことだと思うので書いてみます。 愛については以前にも書きましたが、今回はなぜ愛が大切なのかについてです。 そんなことは映画や歌や聖書の中でし …

世界はバランスを取りながら存在している Vol.144

今、世界は先の見えない状況の中でどうするのが最適なのか、誰もが試行錯誤している最中だと思います。 ウイルスの感染拡大は事実ですが、それに対する人々の反応は両極端に分かれているといえます。 報道する側が …

黄泉の国の伝説は人類と創造主の歴史なのかもしれない Vol.166

黄泉の国は死者の住む場所だと言われています。 その由来は古事記に書いてあるからです。 ですが古事記には、黄泉の国は死者のいる国とはありますが、人が死んだら行く場所だとは書いていないように思います。 つ …

古墳はなぜ作られたのか。旧約聖書とのつながり Vol.127

古墳は天皇や権力者のお墓だと言われています。 実際に仁徳天皇陵など、古墳がお墓とされている場所もありますし、学校でそう習うので、多くの人は古墳=お墓だと思っていて、それ以上古墳について特に考えないと思 …

宇宙の言葉は蛇の声のようなものかもしれない Vol.69

宇宙の言葉の中には、もしかすると蛇の声のようなものもあるのではないかと思います。 なぜそう思うかというと、「アミ 小さな宇宙人」の中で、アミとアミのお母さんが話している時、地球人のペドゥリートが聞き取 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)