Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

キリスト 世の中について 真実を告げる書 聖書 都市伝説

ニューワールドオーダー(新世界秩序)はなぜ作られようとしているのか Vol.67

投稿日:2018-09-14 更新日:

この地球はもうすぐ新しい世界になる予定です。
この事は多分、地球に今の人間が創造されてから決まっていることです。

新しい世界とは、今都市伝説などで話題になっているニューワールドオーダーや新世界秩序といわれる世界統一政府のようなものではありません。

地球に創造された人間が自分たちで発展し、ついに宇宙の先進世界の仲間入りをすることです。
それが実現されれば、宇宙の先進世界では当たり前の進んだ科学技術が地球にも伝授され、誰もが豊かに暮らせる世界になります。

ただし新しい世界の実現には、現在の人間の精神の変化が重要になります。
精神の変化が世界中で起これば、新しい世界の実現はもう目の前です。
しかし今の世界の現状を見ると、まだまだ実現は難しいでしょう。

ところでなぜ今、ニューワールドオーダーというものが計画されているのでしょう。

スポンサーリンク

ニューワールドオーダーの目的

ニューワールドオーダーとは、ただこの地球の人々が考え出しただけのものではありません。
聖書をヒントにして人間が考えたものだと思います。

「ヨハネの黙示録」の20章には、キリストが支配する王国が千年続くと書いてあります。

また見ていると、かず多くの座があり、その上に人々がすわっていた。そして、彼らにさばきの権が与えられていた。また、イエスのあかしをし神の言を伝えたために首を切られた人々の霊がそこにおり、また、獣をもその像をも拝まず、その刻印を額や手に受けることをしなかった人々がいた。彼らは生きかえって、キリストと共に千年の間、支配した。 (それ以外の死人は、千年の期間が終るまで生きかえらなかった。)これが第一の復活である。 この第一の復活にあずかる者は、さいわいな者であり、また聖なる者である。この人たちに対しては、第二の死はなんの力もない。彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年の間、支配する。

(「ヨハネの黙示録」20章4節~6節より)

「彼らは神とキリストとの祭司となり、キリストと共に千年の間、支配する。」

この部分をうまく利用して、聖書を少し知っている人にも、あたかもこのキリストの支配する王国が作られているかのように思わせ、世界を支配しようとしているのかもしれません。
もしそうなら、いつかキリストの再臨を演出することも考えられます。
もちろんそれは本当のキリストの再臨ではありません。

今話題のニューワールドオーダーは正に、創造主を知っていると思われる人達が、創造主の真実を知られないように、密かにこの世界に広めようとしているものである可能性があります。
または本当に創造主を知らない人たちが、この世界を一つにしようとしている可能性もあります。

どちらにしても、なぜそんな世界を実現したいのかというと、自分たちの今の支配体制を続けたいからです。
ピラミッド型の今の世の中で、一番上に君臨し続けるためです。

もし創造主の真実や宇宙の真実が広まってしまうと、多くの人はこの地球だけが世界の全てではないことを理解してしまいます。

すると、この世界についていけなくなることは怖いことではなくなります。
むしろ本当の自分の目的がわかり、するべきことがはっきりすると思います。

またはそんなことは全くの嘘で、このニューワールドオーダーの実現で世界が一つになることで誰もが幸せになれると思いますか?

もしこのまま世界が進むとすれば、ますます競争の激しい世界になり、決められたシステムに従う人だけは幸せになれるかもしれません。
ただ、それが本当の幸せといえるかどうかはわかりません。
それでは今の世界での幸せとされる価値観のままなのではないでしょうか。
富や財産をたくさん持つことが幸せだとか、競争に勝ち抜くことが幸せだとかです。

この世界にニューワールドオーダーを実現させたいと思う人は自由に参加すればいいと思います。
せめて宣伝してその良さを伝えるくらいでいいと思います。
反対している人や興味をもっていない人に対してまで強制したり、このままでは取り残されるなどといって怖がらせるのは何か違うのではないでしょうか。

もし本当に良いものなら、宣伝するだけで自然に広まっていきます。
特に今の時代はインターネットで多くの人がつながっているからです。

ですが今の世界では、本当に一人ひとりのためになるようなものはなかなか表に出ないので広まりにくくなっています。
その理由は、誰もが幸せになると現在の支配体制が崩れてしまうため、意図的に隠されているからです。

しかし間もなくこの地球は新しい世界になる予定です。
それはニューワールドオーダーではなくて本当の新しい世界です。
地球でのニューワールドオーダーは残念ながら実現しないか、たとえ実現しても短命になるでしょう。

この人間の支配する世界を続けたい人や楽しみたい人も中にはいるでしょう。
そういった人はまだ、新しい世界に入る段階ではないので、地球が新しい世界になるときには地球から離れ、別の惑星などで同じような世界を体験することになると思います。

しかし地球の新しい世界は素晴らしいから、誰もがその世界で生きるべきだなどとは誰も他人に強制はできません。
全ては自由だからです。

スポンサーリンク

-キリスト, 世の中について, 真実を告げる書, 聖書, 都市伝説
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アポカリプティックサウンドの正体とは Vol.44

みなさんはアポカリプティックサウンドを知っていますか? YouTubeの都市伝説などで、ときどき話題になっています。 アポカリプティックサウンドとは、終末の時代に聞こえると言われている音です。 その根 …

聖霊とは誰もが持っているもの Vol.133

聖書に書かれているもので、私がいまいちよく理解できなかったのが聖霊です。 霊については私なりに理解したつもりでしたが、霊とは基本的に違うものなのだと思います。 関連記事: 霊とは何なのか ところで霊に …

地球の新しい世界とはどんな世界か Vol.83

現在の地球は、もうすぐ新しい世界になると様々なところで言われています。 ですのでこれは多分、確実な証拠は無くてもかなりの確率でその通りなのでしょう。 私もそう思っています。 ただ具体的にどんな風に新し …

次元が上昇することの意味 Vol.131

アセンションというものが流行ったとき、私はワクワクしていました。 2012年の12月22日だったと思います。 何が起こるのかと。 しかし結局は物質的な変化も精神的な変化も何も実感できませんでした。 一 …

天照大御神の正体 Vol.138

天照大御神は古事記に登場する神で、日本書紀では天照大神となっています。 古事記などの神話に登場する神は実在した存在だともいわれます。 ただ、神話のとおりに実在したのなら、神話がそのまま事実だということ …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)