Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書 聖書

恐竜がいなくなった本当の原因。創造主が二度と人間を滅ぼさないと決めた理由 Vol.14

投稿日:2017-07-19 更新日:

この記事は「真実を告げる書」を参考にして、私なりの考えを書いたものです。
信じるか信じないかは読者の皆さんの自由です。

今回の記事はこちらの記事の続きになります。
関連記事ノアの方舟の驚きの真実。大洪水は本当にあった

ノアの大洪水の後、ノアと創造主たちは方舟から地上に生物を出しました。
このことは「真実を告げる書」にはこうあります。

創造者たちは放射能の検査を行って、それを科学的に分散させたあと、大気が生存に耐えられるものとなったかどうかを知るために、動物たちを外に出すようノアに命じました。
(「真実を告げる書」p27より)

なぜ放射能の検査をするかというと、以前書いたようにノアの大洪水は核ミサイルによるものだったからです。
核ミサイルによってこの世界に一気に洪水が起こったのです。

全部の生物がいなくなるくらいの洪水を起こす核ミサイルは、かなり大きいものだったか、いくつもの核ミサイルを落とされたかだと思います。

恐竜は絶滅したのではない

化石は、その化石になったものの周辺の酸素が急激に無くなったときにだけできるものです。
酸素がある場合、または徐々になくなっていく場合、バクテリアや微生物がその組織を分解して腐ってしまうためです。
腐るということは、やがて土に帰るということになります。
それでは化石にはなりません。

また土に埋めただけでは完全に酸素が無くなった状態ではないので、やっぱり腐ります。
その他に化石は噴火によるものという説もありますが、噴火では生物は燃えてしまいます。
燃えてしまったらやっぱり化石にはならないと思います。

餌の小魚を食べようとしている途中の魚の化石も発見されています。
食べようとしているときに何かが起こったら、普通は一旦吐き出すのでは?
それすら間に合わないくらい急激な変化が起こるには、ただの洪水だけでは魚までは化石にならないのではないかと思います。
なので、多くの化石がノアの大洪水でできたとすれば、どのくらい急激ですごい規模の洪水だったかがわかります。

以前も書きましたが、地球に最初に生物が創造されたときは恐竜も創られていました。
関連記事創造主による生命創造の真実。進化論は正しくなかった
恐竜の化石も、この洪水のときのものかもしれません。

恐竜は絶滅したのではなく、ノアの大洪水後に再生されなかったのです。
そう考えた方がシンプルだし、今まで言われているいくつもの仮説よりもすんなりと理解できます。

さらに地層についても、水平な地層は一気に堆積したものといわれています。
土などが水平になるには、一度水の中に沈まないと綺麗に水平にはなりません。
そうでなければ長い間、常にその地層の場所がほぼ水平で、まっ平らだったかです。
でもそんな場所は限られていると思います。

自然にゆっくりと堆積した地上の地層は水平にはならないというのはなんとなくわかります。
特に大きな崖などで見られる水平な地層は、そこまで水に埋まった大規模な洪水が原因と考えると納得できます。

ですから、世界中で見られる化石や水平な地層は、多くがこのノアの大洪水のときのものなのではないかと思います。

ノアの方舟が船だった証拠?

何年か前に、アララト山の氷河の中から木製の船が発見されたそうです。
それがノアの箱舟の残骸なのではないかと言われています。

そのことについて「真実を告げる書」の中で、ノアの箱舟はロケットなんかではなかったのではないか、という読者の質問に著者のラエル氏が答えています。

しかしそれは、ノアの方舟が直ちに木製の舟であったことを示すものではありません。
(「真実を告げる書」p230より)

どういうことかというと、

ノアがある人たちを大洪水から救うために宇宙船を建造したときには、彼の国の港には木製の舟があって、地球の全生命を破壊するための大爆発で起こった津波で運び去られたからです。
(「真実を告げる書」p230より)

ということがノアの大洪水のときに起こった可能性も十分にあるからです。
つまり、ノアの大洪水のときにアララト山に木製の船が流れて言った可能性もあるからです。

だからたとえ、聖書でノアの方舟が最初に着陸したという場所にひとつの船の残骸があっても、それはノアの方舟とは言えないということです。

洪水後の生命の再生で創造主が気付いた重要なこととは?

この記事の始めにあるように、創造者たちがノアに生物たちを外に出すように命じたのですが、実際に生物を船から出したわけではなく、ノアのロケットには生物たちの細胞だけを保存していたので、その細胞から生物を再生したのです。

そのときの様子が「真実を告げる書」に書かれています。

この時、エロヒムは、自分たちもまた、他の世界の惑星からやって来た知的生命体によって、彼らが地球人を創造したのと同じように、実験室で創造されたものであることに気づきました。そして、二度と再び、人類を破滅させないことを決意し、ルシファーのグループが「方舟」の中に保存した生命を、再び地球に移植するのを助けたのでした。
(「真実を告げる書」p266より)

かなり重要だと思われることが、この文章の中に書いてあります。

なんと、創造主たちも他の惑星から来た知的生命体によって創造されたということです。
そのことに、ノアの箱舟(ロケット)に保存した生物の細胞から生命を再生するときに創造主たちが気づいたそうです。

具体的にどうやって、どうして気が付いたかは書いていないので詳しくはわかりませんが、もし書いてあったとしても私にはよくわからないと思います。
でも、このことが何を言っているのかはわかります。

人間と地球の生命を創った創造主は、さらにその昔、別の創造主から創造されていたということです。
これで、さらにその創造主は他の創造主から創られたことが想像できます。
ということはどういうことなのか、なんとなくわかります。

このことに気付いた創造主は、自分たちが創造した人間を再び滅ぼすことはしないと決めたのです。
聖書の創世記にこうあります。

わたしはもはや二度と人のゆえに地をのろわない。人が心に思い図ることは、幼い時から悪いからである。わたしは、このたびしたように、もう二度と、すべての生きたものを滅ぼさない。
(創世記 第8章21節より)

人の「悪い」ことについては以下の記事に詳しく書いていますので、そちらをお読みください。
関連記事アダムとエヴァに禁断の実をすすめたへびは悪魔サタンか?人の心の悪とは?

創造主と同じ種類の生命体といえる人間は、自分たちと同じように科学的な進化をしようとするものだとわかったのです。
だから、自ら進化しようとする地球の人間の妨害をすることはやめようと思ったのだと思います。

今生きている私たち人間は、このときの創造主の想いを受け継いで生きていくことがとても大切なのではないでしょうか。

-真実を告げる書, 聖書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私たちが体験していることは本当に今のことなのか Vol.38

前回、アカシックレコードが実在するのではないかと思われることについて書きました。 関連記事:すべての人の記憶はある場所に保存されているかもしれない ちなみにこの情報は「真実を告げる書」からだけの情報で …

卍のシンボルの意味は輪廻転生 Vol.179

六芒星にはメッセージ的な意味があるということを以前に書きましたが、もう一つ同じように宇宙の存在が私たち人間に伝えているメッセージとしてのシンボルだと考えられるものがあります。 それが「卍」です。 「ま …

世界や宇宙の全てを創造しているのは一つのものだった Vol.62

この世界や宇宙にあるものは全て、空間に存在する一つの同じもので出来ているのではということを、以前の記事で書きました。 関連記事:万物を作っているものは振動している Vol.57 私が最初にそう思った理 …

ルシファーとサタンは実在している Vol.45

ルシファーやサタンは、よく同じ悪魔だといわれます。 どちらも神の敵で人間を堕落させている存在というようにです。 その正体は天の国から追放された堕天使だともいわれます。 でもこれは普通に考えたらおとぎ話 …

輪廻転生の本当の意味とサタンの滅亡 Vol.48

みなさんは輪廻転生を信じていますか? 人は死後に生まれ変わって新しい人生が始まるという、そんな話です。 これは聖書にはなく、仏教の教えにあるものです。 ですので聖書派の人は信じないし、仏教派の人は信じ …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)