Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書 聖書

旧約聖書の神はなぜ野蛮なのか Vol.97

投稿日:

聖書はキリスト教では旧約聖書と新約聖書という区分けがあります。

そのうちの旧約聖書には、新約聖書と比べるとかなり野蛮な部分があります。
そのため全くの別物とも思えてしまいます。

旧約聖書には、世界の始まりから人類の創造、人間が守るべきこと、神と預言者とのやりとりなどが書かれています。

その中で、神から守るように言われたことを守らなかった人は石で撃ち殺さなければならない、などと書いてあり、確かに野蛮です。
これは何かのたとえではなく、本当にそう命じられ殺されていたのだと思います。

それに加え、旧約聖書では創造主がイスラエルの民が戦うとき、進んで戦う手伝いをしてイスラエルの民を勝たせました。

誰にでも平等であるはずの神と言われる創造主はなぜこんな酷いことをさせたり、ひいきしたりしたのでしょうか。

スポンサーリンク

当時の時代の背景

旧約聖書をただそのまま読んでいるとその野蛮な部分が印象的で、その背景がどうだったのかはイメージしにくいです。

これは私の考えですが、旧約聖書の時代は現代と比べて、人類が地球に創造されてから日が浅いため、人々はとても原始的だったのです。
原始的といっても文明はあり、言葉ももちろんありますが、精神的な進歩がかなり未熟でした。

そのため、人が普通に人を殺したり、犯したり、盗んだり、嘘をついていたのです。
もし、同じことを現代の私たちがしたら警察につかまる犯罪ですよね。
騙したり嘘をつくだけでは捕まりませんが、詐欺は捕まります。

旧約聖書に書かれている時代には、これらのことが人々の間で日常的に起こされていたのです。
今の世界では想像できないくらい荒れていたでしょう。

それなのに、おそらく現代の法律のような決まりはなく、警察もありませんでした。
ですからこれらの事は、人々の間で犯罪という認識もなかったのだと思います。
犯罪を犯しても誰も捕まらないような、とても治安の悪い時代だったのです。

創造主たちはこのことを放っておくわけにはいかなかったのです。

創造主から重い罪を犯したと判断された人は、人々から石で撃ち殺されていたのです。
今なら、殺人などの重い罪を犯したら捕まり、裁判にかけられて刑を受けますよね。
そんな現在の刑事罰と同じような感じだったのでしょう。

もう一つの理由としては、当時の衛生環境の悪さです。
現代と比べるとびっくりするくらい悪い環境だったと思います。

ですからそのまま放っておくと伝染病で多くの人が死んでしまう恐れもありました。
その不衛生から守るための対策でもあったのです。

それが旧約聖書に書かれていることです。
ですからこのことについて言えば、野蛮なのは人間の方だったのです。

なぜ神はイスラエルの民をひいきしていたのか

では、なぜ旧約聖書はイスラエルの民のために書かれ、創造主はイスラエルの民をひいきしているような行動をしたのでしょうか。

このことは「地球人は科学的に創造された」に書かれていることでわかります。

特にイスラエルの民は、前にお話ししたコンクールの1つにおいて、科学審査委員会により、その知性と資質が、地球上で最も成功を収めるタイプの人間として選ばれたのです。 彼らがいつも、〝神の選民〟と見なされてきたのはこのためです。確かに彼らは、各チームの創造作品を判定するために集まった、創造者たちのチームによって選ばれた民です。この人種が生み出してきた天才の数から、このことを確かめることができるでしょう。

(「地球人は科学的に創造された」p24~25より)

創造主は、当時の人間の中でも、まずは創造主の教えることを理解する能力が高いと判断されたイスラエルの民を指導したのです。

ですから始めは、衛生的な指導をし、身を清めたイスラエルの民だけが創造主とのやりとりが許され、創造主から人間としてどう生きるべきかを教えられました。

それは理解力の高いイスラエルの民が、創造主からのメッセージを他の全ての人間に伝えるようにするためです。

そんな中で悪い事をした人を創造主に報告し、いちいち判断して刑をどうするかを決めるのが大変になったので、モーセなどが代表して人間が守るべき事を創造主から授かったのです。
それが十戒といわれるものです。

しかし、このために旧約聖書ではイスラエルの民だけをひいきしているように見えてしまいます。

確かに創造主は、当時はイスラエルの民だけを助けたり、イスラエルの民が戦うときに手助けしたりもしました。

はっきり言ってイスラエルの民以外の人間はどうでもいいというようにも思えてしまう箇所もあります。
ですから旧約聖書の神は野蛮に思えるし、イスラエルの民だけをひいきしていることが目立つのです。

すると新約聖書でイエスが語っていることとの違いに目がいき、イエスが言う素晴らしい天の父とは、旧約聖書の神とは別の神ではないかとも思えてしまいます。

その理由はいくつか考えられますが、それについてはまた次回に書いてみようと思います。

-真実を告げる書, 聖書
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

かごめ唄の暗号とは Vol.89

かごめ唄には暗号が込められているとか、いくつもの意味があるなど、様々な憶測がされています。 どれも深い考察がされていて、もしかすると全部が本当かもしれません。 つまり、かごめ唄はいく通りにも読めるよう …

三種の神器とは何なのか Vol.163

古事記には三種の神器についての記述があります。 三種の神器とは、八咫鏡(やたのかがみ)と天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)の3つです。 Wikipedia/三種の神器 …

ピラミッドに目のマークにはどんな意味があるのか Vol.27

このブログに来てくださった方なら、ピラミッドに目のマークを知っていると思います。 もし知らなくても、「ピラミッドに目」で検索すればすぐにその情報を得られます。 ピラミッドに目のマークは「プロビデンスの …

地球のカレンダーはすでに1周しているかも知れない Vol.64

私は都市伝説をきっかけに世の中について興味を持ちました。 そうして自分なりにネットや書籍などで調べているうちに、地球は約2000年単位で進歩していることがわかりました。 その進歩とは、地球と地球に住む …

洗礼をして信じないと救われないのか Vol.167

この世の救いとして、キリスト教では洗礼を受けて信じる人は死後に永遠の命が与えられるという教義があります。 人間に死というものが存在するため、その死の恐怖を乗り越えるための慰めのような感じで捉えている人 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)