Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

キリスト 聖書

キリストの存在を信じることは人類は創造されたと認めること Vol.21

投稿日:2017-10-16 更新日:

キリストは実在した人物だというのは、現代では否定されることも少なく、むしろ実在したことが前提で話されることが多いです。
これはキリスト教徒ではなくても、多くの人が認めていることではないかと思います。

しかし実際のところは、キリストが実在したというはっきりとした証拠はありません。
キリストは本当に存在していたのでしょうか。

スポンサーリンク

キリストと創造主

ではキリストについてはどこから情報が出てくるのか。
それはもちろん聖書ですね。
聖書には旧約聖書と新約聖書があります。
そのうちの新約聖書は主にキリストを中心に書かれたものです。

現代の世界に広まっているキリストの教えや伝説は、キリスト教だけでなく一般の人々の中でもかなり広まっているのは否定できません。

しかしキリストが実在したことを信じるということは、ダーウィンの進化論を否定することになります。
どういうことかというと、キリストの存在を認めることは聖書を事実だと認めることであり、人類は創造主に創られたという聖書の言葉を認めることになるからです。

ところで、創造主が人類を創造したということは、創造主も実在したことになります。

現に、聖書の中に書かれていることが真実だという、実際の証拠が発見されているとも言われています。

その証拠と思われることに基づいて後から聖書が書かれたとも考えられますが、わざわざそこまでして書いたと思うとちょっと非現実的です。

聖書がおとぎ話だとすると

聖書では創造主は神様や主と呼ばれることもあります。
しかし、神様とか主というと実在しない架空の存在のように思えます。

架空の神様が人類を創造したのでしょうか?
しかしそれでは矛盾しています。
架空の存在が、実在する人類を作ったということになりますから。

では、聖書はすべて嘘のデタラメで、人類はやっぱり一つの細胞から進化したのでしょうか。
その1つの細胞はどこから来たのか。
なぜ自然に色々な種類の生物に進化したのか。

さらに言えば、1つの細胞から自然に進化しただけで、人間のような知的な生物に進化するのでしょうか。

私は考えれば考えるほど、この進化論の方が非現実的で、ありえない気がしてきます。

だとすれば、やっぱり人類は創造主に創造されたと考える方が自然だと思います。
ですから、私はキリストは実在し、聖書の内容は事実だと思っています。

-キリスト, 聖書
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聖書に書かれている7つの封印で封じられた巻物とは Vol.41

聖書が世界で一番多く読まれている書籍というのは事実です。 しかしその理由は、世界にそのくらいキリスト教の人が多いからというだけではないでしょう。 そもそも聖書はキリスト教の聖典として使われてはいますが …

創造主による生命創造の真実。進化論は正しくなかった Vol.7

今回も「真実を告げる書」を参考に記事を書いていきたいと思います。 この中でラエル氏に話している創造主は、話す内容に対応した聖書の部分を見ることを促し、引用しています。 このことから「真実を告げる書」の …

卍のシンボルの意味は輪廻転生 Vol.179

六芒星にはメッセージ的な意味があるということを以前に書きましたが、もう一つ同じように宇宙の存在が私たち人間に伝えているメッセージとしてのシンボルだと考えられるものがあります。 それが「卍」です。 「ま …

レプティリアンとは何か考えてみた Vol.183

最近の世界の出来事を見ていてちょっと気づいたというか、ひらめいた事があります。 レプティリアンという人間とは違う異星人といわれる存在についてです。 レプティリアンは爬虫類型宇宙人といわれる生命で、この …

大相撲や神事での女人禁制の伝統の真実 Vol.39

先日、大相撲の春巡業の際に土俵上で挨拶をしていた舞鶴市長が、突然倒れるという事態になったときのこと。 何人かの人が、倒れた市長の救助のために土俵上に上がりました。 それは人として素晴らしい行動です。 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)