Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書 聖書 都市伝説

携挙はあるのか Vol.50

投稿日:2018-05-16 更新日:

聖書を読んでいる方やキリスト教徒の方は、「携挙」というものを知っていると思います。

私は聖書を読むずっと前に、一度その光景が浮かぶような物語を読んだことがあるので、何となく知っていました。
その物語とは「アミ 小さな宇宙人」です。
(確認したところ、続編の「もどってきたアミ」でした。)

アミの物語の中では、携挙と思われる事が地球とは離れた惑星で起こっていました。
ただ、私はそれがキリスト教などで言われている「携挙」だとは知りませんでした。
「アミ」を読んだのはかなり前で、私にはその頃聖書や都市伝説の知識がほとんどなかったからです。

この「携挙」とは、キリスト教で大患難といわれることが起こったときに起こると言われていることです。
ウィキペディアを参考にしてみます。

まず神のすべての聖徒の霊が、復活の体を与えられ、霊と体が結び合わされ、最初のよみがえりを経験し、主と会う。次に地上にあるすべての真のクリスチャンが空中で主と会い、不死の体を与えられ、体のよみがえりを経験する。

(ウィキペディアより)

参考リンクウィキペディア / 携挙 

まるでおとぎ話のような、SFのような内容ですが、このことがキリスト教では本当だと信じられています。
その根拠は聖書の「テサロニケ人への第一の手紙」です。

すなわち、主ご自身が天使のかしらの声と神のラッパの鳴り響くうちに、合図の声で、天から下ってこられる。その時、キリストにあって死んだ人々が、まず最初によみがえり、 それから生き残っているわたしたちが、彼らと共に雲に包まれて引き上げられ、空中で主に会い、こうして、いつも主と共にいるであろう。

(「テサロニケ人への第一の手紙」4章16節~17節より)

この聖書の言葉から、携挙という概念ができて信じられているのです。

聖書にはほとんど事実が書かれていると私は思っていますが、この内容は事実とはいえないと思います。
特に新約聖書は主にイエス・キリストについて書かれていて、その内容はイエス・キリストに関する事実と創造主からのメッセージや願いなどです。

そしてこの聖書の箇所は創造主からのメッセージだと思いますが、この携挙といわれる出来事の内容は、もし本当に起きるとすれば、そのときは人類が滅亡するくらいの大災害や大異変が起きるときです。
実際に起きる可能性はありますが、まだ起きていないことは「事実」ではなく、約束とか予言などのレベルのものです。

「ヨハネの黙示録」と同じようなものでしょう。
「真実を告げる書」によれば、「ヨハネの黙示録」は事実ではなく、核攻撃のときの映像や核戦争で起きる恐れのある映像を、創造主がヨハネにスクリーンのようなもので見せたものでした。
関連記事ヨハネの黙示録では人間が核を利用することを予言している

人類が滅亡するような危機は、現時点でゼロではありません。
「テサロニケ人への第一の手紙」の4章には、そのときに創造主がするであろうことが書いてあるのです。

ですから聖書を信じるなら人類は滅亡しないと思います。

携挙はあるかもしれない

聖書や「真実を告げる書」を信じるならば、創造主はいつでもずっと地球を見守っています。
そして肉体を再生される権利がある人だけが、死後に創造主が地球の人のために用意してくれた惑星で再生されることになります。
その肉体の再生は科学的に可能なことです。
関連記事復活の真実。肉体の復活は本当にある

なぜ創造主はそんなことをするかというと、創造主が創造した私たち人類が滅亡しないためです。
しかし、すでにその惑星で再生されている人と、これから再生される権利が与えられた人の数が14万4千人になるまでは地球の大異変は創造主によって遅らせられるでしょう。

そして残念ながら人類が自然災害を克服できるまでの進化ができずに滅亡したり、核戦争で自滅するようなことになったときには、創造主による携挙というものがあるかもしれません。
そのとき携挙される人はかなり限られた人になります。

例えばキリスト教徒であるとか、毎週欠かさず礼拝しているとか、聖書を読んで神や創造主やイエスを信じているだけでは難しいでしょう。
聖書を正しく理解し、そこに書かれてあることを正しく実行していることが一つの条件だと思います。

聖書を知らず創造主の存在も知らないけど、創造主の思いや願いに沿った生き方を知らず知らずに実行している人もいます。
携挙されるのはただのキリスト教徒でいる人よりもそんな人です。
そのくらいこの地球から選ばれるのは難しいことなのです。

そうして大異変から救われた人たちと、すでに創造主の用意してくれている惑星に住んでいる人々の数が14万4000人になったとき、人間が住める状態になった地球で生きていくのでしょう。

この総数が、大体14万4000人になるまでは、最後の大異変を私たちは遅らせるでしょう。この数が、再び地球上に生命の営みが可能になったときに、新しい人類の出発のためには必要なのです。
 
(「地球人は科学的に創造された」第三部 p282より)

そのときの地球での生活は、創造主から伝授される科学技術によって、まるで天国のような文明になるのだと思っています。

ところで、その科学技術による天国のような文明は、現在のこの地球のままでも実現可能です。
しかし今のままではとても難しいとは思います。
現在のような、欲望が支配する悪魔のシステムが蔓延した地球では、このまま科学が発展していっても自滅する可能性が高いからです。

欲に支配される世界を克服して天国のような楽園が実現するか、一度自滅してから楽園が実現するか、どちらかになりますが、それは今地球に生きている私たち次第です。

-真実を告げる書, 聖書, 都市伝説
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

宇宙には未開世界と先進世界が存在する Vol.58

子どもが成長するには、自分でできるようになる必要があることは多くの人が理解できることだと思います。 そのためには、できるだけ親が手を出して助けたりしないようにすることも大切です。 例えば子どもが失敗し …

反キリストとその目的とは Vol.120

反キリストとはキリストの教えを否定して人々を惑わす存在のことです。 ウィキペディアにはこうあります。 反キリスト(はんキリスト、Antichrist)は、イエス・キリストに偽装して、イエスの教えに背く …

聖書とは経典や何かの教えではないような気がします Vol.2

聖書を読み進めていると、びっくりすることがあります。 それは、何も教訓になっていないこと。 私が勝手にイメージしていただけなので、知っている人は聖書とはこういうものという常識はあるのかもしれないです。 …

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

私はまだまだ聖書を読んでいる途中です。 ちゃんと読んだのはいまだに創世記の途中です。 はっきり言って進んでいませんが、「真実を告げる書」を読んで聖書の意味がわかったので、そこから逆に聖書の該当箇所を探 …

霊とは何なのか Vol.116

この世には霊とか魂というものがあるといわれます。 このブログでも以前に書きました。 今回はその霊について新たに私が気づいたことを書いてみようと思います。 しかし、それはあくまでも精神世界とか宗教的な世 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)