Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

キリスト 真実を告げる書 聖書 都市伝説

NWOと神の作る一つの国の違い Vol.75

投稿日:2018-11-05 更新日:

最近、NWOというものが都市伝説で語られています。
プロレス団体などではないですよ。

NWOは新世界秩序ともいい、世界を一つの政府に統一しようとする計画だと言われます。
管理やシステムも簡単になるし、良い事なのではないかと思えます。
犯罪も減りそうですし。

世界の政府を一つにすれば戦争のない、平和な世界が実現すると思われるので良さそうですが、反対している人々が多くいます。
とくに現在の世の中の真実の状況を知っている人がです。

今回はこのNWOについて、私の考えを書いていきます。

スポンサーリンク

NWOの目的とは?

都市伝説や陰謀論ではNWOを反対する声が大きいです。

その理由としては、地球の全ての人が、経済的な面やその他の生活全てを管理されるようになる恐れがあるといわれているからです。

NWOの世界で管理するのはもちろん今のピラミッド社会の頂点にいる人々です。
特に経済的に世界を支配していると思われる人たちです。

しかし、このNWOというものが本当に計画されているという確実な証拠はありません。
そのため単なる陰謀論だとも言われています。

とは言っても、現在の世界が進んでいる状況を一つずつ見ると着実にNWOに向かっているのではないかとも思えます。

特に電子マネーや仮想通貨など、お金を確実に管理できる世界に向かっているのは事実です。
マイクロチップを体に埋め込むことを推奨し、全ての人の位置や行動を管理することもその一環なのではと思います。

今はまだ大々的に推奨してはいませんが、もしマイクロチップを埋め込むことを義務化し始めたらただの陰謀論とはいえないかもしれません。

NWOの元になっていると思うもの

実はNWOの元になっているのではないかと思われるものが聖書にあります。
それがあるために、NWOの正当性を持たせる根拠になっているのでしょう。
聖書にあるとおりの世界なら神の計画だということもできるからです。

旧約聖書の「ダニエル書」に「一つの国が立てられる」ことについて書いてあるのです。

それらの王たちの世に、天の神は一つの国を立てられます。これはいつまでも滅びることがなく、その主権は他の民にわたされず、かえってこれらのもろもろの国を打ち破って滅ぼすでしょう。そしてこの国は立って永遠に至るのです。

(「ダニエル書」2章44節より)

この聖書の箇所が成就すると思わせて世界統一政府を作れば、聖書を信じている人々には神の計画の通りだと言えるからです。

そのためにホログラムなどで偽物のキリストを再臨させる演出をする可能性があります。

人々が信じるか信じないかはどっちでもいいのです。
信じる人は信じるだろうし、信じない人には平和と安全の約束された世界になるためだと言えばいいからです。

どちらでも着実に統一政府を作るのに近づくと思います。

さらには今、ネットの世界からも神が現れるとも言われています。
例えばVRの世界にです。
その神がネットの中の世界に一つの国を作ったら、正にこのダニエル書の通りになります。

しかし、それは本当の神の作る「一つの国」ではありません。

本当の統一政府とは

ダニエル書にある神の立てる一つの国とは本当は何のことなのでしょう。

これは私が参考にしている「地球人は科学的に創造された」による私の考えです。

聖書での「神」は本当は私達の創造主です。
聖書の原典では神とは書かれていませんでした。
では何と書いてあったのかというと「エロヒム」と書いてあったそうです。

「エロヒム」とは、ヘブライ語で「天空から来た人々」という複数形の言葉です。
ですので、聖書の中の神は1人ではなく複数だったのです。

天空から来た人とは、つまり宇宙から来た人です。
しかし聖書が書かれた当時は宇宙という概念はなかったかもしれないので、天空から来た人としか書けなかったのです。

そして「アミ」を読むと、「エロヒム」には創造主だけではなく他の惑星の進んだ文明の仲間も含まれているとわかります。

この地球の世界はもうすぐ新しい世界になる予定です。
その世界には国は一つしかなく、全ての人が家族のようになります。
このことは聖書や「地球人は科学的に創造された」、さらに「アミ」シリーズにも書かれています。

その世界では誰も支配しないし支配されません。
組織はあっても、それは誰もが住みやすく秩序を保つためのものです。
組織や秩序を保つためのアドバイスをする長老的な人はいるでしょう。

政治もありますが、それも同じように全ての人が住みやすくなるように、そしてさらに人間が進歩していけるようにするためのものです。

お金という概念はだんだん無くなるので、政治家がお金持ちということも無くなり、本当に世の中を良くするために良いアイデアを出せる人が政治家になるでしょう。

お金の概念が無いので、物を買うということも変わります。
全ての物は全ての人が自由に使えるようになります。

ですから、お金を得るために毎日毎日つらい仕事に行くということは必要なくなります。
その代わり、人々のために自分ができることをすれば良いのです。

現在私たち人間がしている仕事で、自動化できるものはどんどん自動化されるでしょう。
それは私達人間の開発する技術と、宇宙の進んだ技術を伝授されることで実現します。

そうすれば面倒な仕事はだんだん無くなります。
農業も全自動にできますよね、きっと。

そうして物作りや教えること、創作など、まさに好きなことを仕事にできるのです。

現在進んでいる計画ではもちろんお金による支配が前提ですから、現在計画されているかもしれない世界統一政府と、この世界は全くの別物です。

神の国が実現するための条件

こんな世界が本当になるなら早く実現して欲しいですね。
しかし、この「神の国」は自然にできるわけではありません。
創造主たちが作ってくれるわけでもありません。

「神の国」を実現させるには、私たちがその世界を一つ一つ作っていかないといけないのです。
ところでここでいう「神の国」とはおとぎ話のような宗教的なものではないのはわかりますよね。

人間の精神が進歩し、さらに宇宙の科学技術が伝授される宇宙の中での先進文明のことです。

そのための条件として創造主たちが私たちに期待していることが、一つの世界政府を作ることです。

ただしこの世界政府はNWOとは全く違うものです。
まずは現在の世界を私たち地球の人間だけで、争いがなく誰もが同じように暮らせる世界にしていく必要があります。

私たちの創造主はそのためのアドバイスをしてくれています。
「地球人は科学的に創造された」をラエル氏に書くように依頼した創造主は聖書の中の創造主と同じだと書かれています。

あなたがたは平等に生まれついています。これは聖書にも書いてあることです。
為政者は、あなたがたが財産の面で、ほとんど平等に生まれてくるようにしなければなりません。
知性もろくにない子供たちが、父親が蓄わえた富のおかげで豪華な生活をし、それに引き換え、天才たちが空腹で死にそうになり、食べるためにどんな卑しい仕事でも引き受けざるを得なくなり、人類全体に利益をもたらす発見を可能にするような仕事に就けなくなるというのは、許し難いことです。

(「地球人は科学的に創造された」 p91より)

現在のこの地球の現状を「許し難い」という厳しい口調で批判しています。

これを避けるためには、私有の財産制度を廃止する必要があります。
しかしだからといって、共産主義を樹立するわけではありません。 
この世界はあなたがたのものではないのです。これも聖書に書いてあります。

(「地球人は科学的に創造された」 p91より)

これが現在のピラミッド社会を作っている原因でもあるのだと思います。

このような統一のための突破口は、若者たちに攻撃性を助長させる事柄しか教えない兵役を廃止し、職業軍人を公安維持の職務に就かせることです。
これは世界中の国で同時に行われる必要があります。それが安全のための必要不可欠な担保となるのです。

(「地球人は科学的に創造された」 p93~94より)

そのための「突破口」として、この1つの案を出してくれています。
まずは人間の攻撃性をなくすことがとても重要なのです。

しかし、このような世界をこの地球に実現させるには、私達の意識が大きく変わらないと無理でしょう。
少なくとも今の多くの人々の意識ではとても無理です。
程遠く感じます。

こんな事を書いている私も例外ではありません。

人と比べ競争し、財産や地位をどれだけ多く持っているかを自慢したり、誰かの起こした事件を見て自分は正しいと確認したり。

このような精神を多くの人が持っているため、世界を支配していると思われる人たちにとってはとても支配しやすい世の中になっています。

このまま行けばきっと、「神の国」ではなく地球の人間によるNWOの世界が実現するでしょう。
しかし、もしもそうなったときは「神の作る一つの国」は遠い世界になってしまいます。

NWOの世界が作られて維持されるからではありません。

この世界にNWOが実現して科学技術だけがさらに進歩する場合、その科学技術によって高い確率で人間は自滅してしまうからです。

しかしたとえ自滅したとしても、その後に創造主と宇宙の仲間たちが協力して地球に「神の国」を実現してくれますから、実現が遠くなるだけです。

しかしそれでは今地球に住んでいる多くの人間はいなくなり、「神の国」を体験することができない人が多くなるでしょう。

できればこのまま、今いる人々の意識が変わって実現した方がいいと思いませんか?
それなら今の私たちもこのままだし、地球も無傷で済みます。

私たちが創造主のいう世界政府を実現できたときには、ついに創造主や宇宙の進んだ文明の仲間たちが「神の国」の実現に向けて技術や知識を全て提供してくれるそうです。

今ならまだ間に合います。
まだ地球は無事だからです。

あとは私たちの心と意識が変われるかどうかだけです。

スポンサーリンク

-キリスト, 真実を告げる書, 聖書, 都市伝説
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

創造主による生命創造の真実。進化論は正しくなかった Vol.7

今回も「真実を告げる書」を参考に記事を書いていきたいと思います。 この中でラエル氏に話している創造主は、話す内容に対応した聖書の部分を見ることを促し、引用しています。 このことから「真実を告げる書」の …

今の世界について思うこと Vol.1

はじめまして。 babelです。 最近、ふとしたきっかけで突然聖書を読み始めました。 分厚い本を買ったのではなく、ネットで読める聖書を読み進めています。 ネットで聖書が読めるなんて、すごい時代ですね。 …

キリストの復活の真実。キリストは現代の人々のために犠牲になった Vol.32

今回はこちらの記事の続きになります。 関連記事:キリストの奇跡は事実なのか キリストの奇跡は、聖書の内容が真実だと証明するために必要でした。 そしてもう一つ、キリストといえばあの有名な復活です。 キリ …

聖書の原典では神様はいなかった Vol.4

「真実を告げる書」は、クロード・ボリロン・ラエル氏が宇宙人に遭遇し、その宇宙人からのメッセージを伝えるように依頼されて書いた書籍です。 宇宙人というところで普通の人から見たら怪しい臭いがしますよね。 …

輪廻転生の本当の意味とサタンの滅亡 Vol.48

みなさんは輪廻転生を信じていますか? 人は死後に生まれ変わって新しい人生が始まるという、そんな話です。 これは聖書にはなく、仏教の教えにあるものです。 ですので聖書派の人は信じないし、仏教派の人は信じ …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)