Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

聖書

今の世界について思うこと Vol.1

投稿日:2017-06-02 更新日:

はじめまして。
babelです。

最近、ふとしたきっかけで突然聖書を読み始めました。
分厚い本を買ったのではなく、ネットで読める聖書を読み進めています。
ネットで聖書が読めるなんて、すごい時代ですね。
しかも無料です。

私が読んでいるのはこちらのサイトです。
口語訳新約聖書(1954年版)

今読んでいるのは、まだ「創世記」の途中です。
そのなかで疑問に思ったことや気付いたことを書き留めていこうと思います。

私は世の中の不思議なことやスピリチュアルっぽいこと、都市伝説などにすごく興味があり、いろいろと調べたり本を読んだりしています。
そのなかでよく聖書の言葉を引用されることがありますが、今まで読んだことがないこともあり、ピンときませんでした。
だからといって聖書を読む気にはなりませんでした。

聖書ってキリスト教の経典でしょ?と思ってましたから。
私はとくに宗教を信じているわけではないので、関係ないと思ってました。
それにときどき引用される内容を読んでも、おとぎ話のような感じだし。

どうして読んでみようと思ったかというと、最近読んでいるブログのRAPTさんという方が、聖書をとても重要視しているからです。
Blog by RAPT

ただ、まだ聖書を読み終わっていないので何とも言えないんですが、RAPTブログでは悪魔のことをどんどん暴いている一方で、「神様」についてもよく書いています。
ここが私にはいまいちうまく納得できない部分です。

というのは、私はRAPTブログの暴く世の中のことも本当かもしれないと思ってますが、またアシュタールの言うことも信じているんです。

アシュタールとは肉体を持たない宇宙人で、ミナミさんなどがメッセージを伝えてくれています。
世にも奇妙なフツーの話

アシュタールたちからのメッセージでは、物質的なことよりも精神的なこと、魂のレベルの話が重要です。

私の中で、この二つのことは全く違うことについて言っている気がしてきたんです。
これは聖書を読むことで理解できるのかもしれないです。

ということで、まずは聖書を読み進めていくことを優先していこうと思ってます。

-聖書
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

鬼とは何か Vol.164

この世界にはなぜか鬼が出てくる話や伝説がたくさんあります。 桃太郎やこぶ取り爺さん、泣いた赤鬼など。 しかしそれぞれの鬼の伝説は全く別の話だと思えるので、鬼は共通する一つの存在を表しているとは考えにく …

キリストの再臨の本当の意味 Vol.191

聖書にはこの世の終わりのときにキリストが再臨すると書かれています。 それはイエス・キリストが再びこの地球に現れるという意味だと考える人が多いと思いますが、私は少し違うのではないかと思っています。 キリ …

携挙はあるのか Vol.50

聖書を読んでいる方やキリスト教徒の方は、「携挙」というものを知っていると思います。 私は聖書を読むずっと前に、一度その光景が浮かぶような物語を読んだことがあるので、何となく知っていました。 その物語と …

天照大御神が地球を統治しているとはどういうことか Vol.154

天照大御神は高天原を治める神で太陽の神ですが、この今の地球は天照大御神の統治が及んでいる世界だといえると思います。 なぜなら大国主命から国譲りがされて天孫降臨したからです。 天照大御神というと神話やお …

大相撲や神事での女人禁制の伝統の真実 Vol.39

先日、大相撲の春巡業の際に土俵上で挨拶をしていた舞鶴市長が、突然倒れるという事態になったときのこと。 何人かの人が、倒れた市長の救助のために土俵上に上がりました。 それは人として素晴らしい行動です。 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)