Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書 聖書

聖書の中の創造主が現代の人々に伝えたいことがわかる書 Vol.10

投稿日:2017-07-04 更新日:

ここのところずっと、「真実を告げる書」からの引用などで記事を書いています。
真実かどうかは読者の皆さん一人ひとりの捉え方によるし、信じるかどうかは自由です。

少なくとも私は真実に近いと感じているので、ブログで取り上げさせていただいてます。

私が聖書を読み始めたのがほんの1か月前で、今はまだ創世記の途中なのでとても浅い読書歴です。
そして「真実を告げる書」を見つけたのがさらにその後ですから、この「真実」を知ったのもつい最近です。

それまでは、私が聖書に勝手に抱いていたイメージとの違いや「神様」のイメージの違いに戸惑ってしまいました。

神様のイメージといっても私は特にキリスト教を信じているわけでもなく、実家は仏教系でしたが信心深くなく、多分一般的な日本人の感覚に近いと思ってます。

つまり、神様はいるようないないようなイメージ。
でもいざとなったら神様にお願いしてしまう。
そしてお天道様が見ているというように、どこかで神様は必ず見ているのではないか。
だから悪いことをしたら地獄に行く、などです。

しかし、聖書の創世記を読むと、神様があまりにもえこひいきしていることにショックを受けました。
それに人間を殺していることに。
これがキリスト教の教えていることなのかと。

でも「真実を告げる書」に出会ってから聖書が理解できるようになりました。
ただし、現時点で一般に言われているような聖書の理解とは多分かなり違った方向を向いていると思いますが。

放射能について調べ始めたのがきっかけ

東日本大震災がきっかけで放射能について調べているうちに、陰謀論やスピリチュアルなどに興味が湧いてきました。

それまでははっきり言って、世の中について私は何も知りませんでした。
テレビや新聞で伝えていることが真実だと信じていました。

そのときに見つけたのが「コルマンインデックス」についての記事でした。
とても衝撃的でした。
今までオカルトだと言われていたことがなんだか理論的に解説されていたからです。

それから、陰謀論などにも興味を持ち、たくさんの情報に触れてきました。
その中で聖書について書かれていることも多く、なかでもRAPTさんのブログで聖書をとても重要なものとして扱っていたので、やっと私も読み始めたわけです。

この本の著者のラエル氏は、ラエリアンムーブメントという団体を作っているようです。
その団体が行っていることが非難されるようなことだという記事を見かけましたが、それが事実かどうかは、現時点で私自身には確認できないのであまり気にしてません。

この本の内容が本当に真実だから迫害されている可能性もあるからです。

キリストも当時、政府や宗教などの権力者から圧力がかかって結果的に処刑されてしまったといわれています。
ラエル氏も同じような理由で圧力がかかり、とんでもない団体だと思われるようにされている可能性も十分に考えられます。

人類の始まりから黙示録までが分かる書

私は、もし「真実を告げる書」がオンラインでダウンロードできなかったら読んでいなかったと思います。
そのくらい軽い気持ちで読み始めました。
それなのに、聖書について知りたかったことだけでなく、人類の歴史や宇宙のことまでわかってしまいました。

そして聖書を通して創造主が人類に伝えたいことがはっきりとわかります。
ですからできるだけ多くの人に読んでほしい書籍です。

-真実を告げる書, 聖書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メネメネテケルウパルシンと書いた手の謎 Vol.132

旧約聖書のダニエル書には、不思議な出来事が書かれています。 バビロニア帝国のベルシャザル王が、大臣など1,000人を呼んで宴会を開いていたときのことです。 すると突然人の手の指があらわれて、燭台と相対 …

愛とは何か Vol.99

突然ですが、皆さんは愛とは何かと聞かれたら答えられますか? 愛とは人を愛すること、つまり好きだとか大切だと思うことや大切にすることだと思っていました。 多分それは間違いではないとは思います。 ですが、 …

幽霊の正体と悪霊の存在について Vol.72

ハロウィーンが近づいているのと今回の話題とは関係ないです。 でももしかすると関係あるかもしれません。 皆さんは、幽霊などの存在を信じていますか? もしかしたら見えますか? 私には霊感が全くないので、い …

聖書の原典では神様はいなかった Vol.4

「真実を告げる書」は、クロード・ボリロン・ラエル氏が宇宙人に遭遇し、その宇宙人からのメッセージを伝えるように依頼されて書いた書籍です。 宇宙人というところで普通の人から見たら怪しい臭いがしますよね。 …

天使ラファエルの正体とは Vol.55

聖書には不思議な感じの天使が登場します。 ただし、これは外典や文学として扱われ、聖書として認められていないことが多いようです。 その天使は「トビト書」や「トビト記」に登場するラファエルという癒しの天使 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)