Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 真実を告げる書 都市伝説

真実を知ろうとして迷宮に入り込まないために Vol.30

投稿日:2017-12-13 更新日:

このブログを読んでいる方は、私がこのブログで聖書についての真実を書いているように見えると思います。
確かに真実かもしれないし、もしかしたらまったくのデタラメかもしれません。

なぜなら、私がここで書いている聖書についての真実と思われる話は、全て「真実を告げる書」をもとにしているからです。

「真実を告げる書」はただの書籍です。
著者であるラエル氏によれば、その内容は実際にラエル氏が創造主に会って話をし、最後の預言者として書くように依頼されたというものです。
この書籍の内容が真実かどうかは、今は確かめる方法がないので私にもわかりません。
ただ私は信じているだけです。

それは、聖書についても同じく言えます。
聖書は、はっきりと事実であるとは言えませんが、信じる人は信じていますよね。

ですから、このブログの内容を信じるか信じないかは読んでいる皆さんの全くの自由です。

しかし、ここで書いていることが本当に真実だった場合、これまで世界中で常識だと思われていたことは常識ではなくなります。
常識ではなくなるというのは、この事が真実として知られたとき、人々の考えが変わるということです。

それは死海文書が発見されたことよりもすごいことかも知れません。
そうなったときは、結果的に世界のシステムも変わっていくかもしれないからです。

そのくらい、この「真実を告げる書」が真実だとすると、現在は正しくない情報が広まっていることになります。

とはいえ、何が真実で何が真実ではないかは当事者以外の人が知るのは難しいことだと思います。

スポンサーリンク

常識とは何か

今この世界で広まっている考え方や常識の中で、権力や富を得ている人や団体は、もし今の世界の常識が変わってしまうと都合が悪いんじゃないかと思います。
だから、もしこの「真実を告げる書」を頭から否定したり、広まらないようにする団体や存在がいたら、そういう人たちの可能性が高いです。

また、「真実を告げる書」に限らず、この内容と同じ考えを広めようとしたら妨害されることがあるとすれば、それはこの内容が都合が悪いと考える人達によるものかもしれません。
そして今の世界に広まっている常識は、真実は都合が悪いと考える人たちによって作られた嘘の常識が多いのだと思います。。

反対に、現在の常識から離れた考えをもった人や団体は、真実について語っている可能性があります。
単にトンデモない説を語っているだけのこともありますが。

それから真実を知ろうとすると、なんだか複雑な説や回りくどい言い方や語り方で、なかなか真実にたどり着けないようになっているものも多いです。
恐怖をあおったり、結局真実が何なのかをうやむやにしたりです。

この世界の真実は意外とシンプルで、すんなりと納得できるものだということを頭に入れておけば、それが真実か真実じゃないかは見分けられるのではないかと思います。

スポンサーリンク

-世の中について, 真実を告げる書, 都市伝説
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

古墳はなぜ作られたのか。旧約聖書とのつながり Vol.127

古墳は天皇や権力者のお墓だと言われています。 実際に仁徳天皇陵など、古墳がお墓とされている場所もありますし、学校でそう習うので、多くの人は古墳=お墓だと思っていて、それ以上古墳について特に考えないと思 …

現金給付より人々の生活が安定するアイデア Vol.160

以前、貨幣経済についての記事を書きました。 その中で書いた一つの案として、まずは生きるための基本的な衣食住は誰でも受けられるようにするというものがあります。 ちなみにこのアイデアは私の全くのオリジナル …

ピラミッドに目のマークにはどんな意味があるのか Vol.27

このブログに来てくださった方なら、ピラミッドに目のマークを知っていると思います。 もし知らなくても、「ピラミッドに目」で検索すればすぐにその情報を得られます。 ピラミッドに目のマークは「プロビデンスの …

占いや呪文などが聖書で禁止されている理由 Vol.151

聖書では人間が行うことを禁止していることがあります。 それは占いや易者、魔法使い、呪文を唱えること、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことです。 18:9あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の …

天使ラファエルの正体とは Vol.55

聖書には不思議な感じの天使が登場します。 ただし、これは外典や文学として扱われ、聖書として認められていないことが多いようです。 その天使は「トビト書」や「トビト記」に登場するラファエルという癒しの天使 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)