Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書 聖書

ルシファーのシンボルの意味とは Vol.47

投稿日:2018-05-08 更新日:

ルシファーはこの地球に人間を創造した遠い惑星の科学者です。
ですから、創造主の一人ということになります。

そのルシファーのシンボルはへびです。
なぜへびなのかというと、聖書の創世記に書いてあるからです。
それはアダムとエヴァに、神から禁じられた善悪を知る木から実をとって食べるように誘惑したへびです。

女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、 ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。 へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。 それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。

(「創世記」3章2節~5節より)

このことについては以前に書きました。

関連記事アダムとエヴァに禁断の実をすすめたへびは悪魔サタンか?人の心の悪とは?

へびというのは、ルシファーが本当にへびだとかへびのような姿をしているわけではなくて聖書でのたとえなのですが、なぜへびなのかというと、神といわれる創造主の惑星政府から地球に追放されてしまったからです。
これは聖書だけではさっぱり意味がわからないと思います。
まるで神話やおとぎ話です。

しかし私が聖書を読み解くために参考にしている「真実を告げる書」が含まれている「地球人は科学的に創造された」を読むとわかります。

ヤーウェは、彼の命令に反した科学者たちを地球に追放しました。
すなわち詩的に言えばヤーウェは、「へび」が地上を這わねばならないように呪ったのです。

(「地球人は科学的に創造された」第三部 p265より)

とあるように「へび」はたとえですが、現在の地球にあるルシファーを象徴するさまざまなものにはへびが使われています。

救急車のマークにへびが使われているのは、もしかしたら古代の人間がルシファーから科学や人体の知識が授けられたという証拠かもしれません。

(画像はスター・オブ・ライフ / ウィキペディアより)

また、神社の注連縄(しめなわ)はへびを表しているともいわれます。

ということは、日本の神社とルシファーも無関係ではない可能性がありますね。
むしろ神社というのは元々は「神様」がいた場所ですから、創造主と関係があるでしょう。
ルシファーも創造主ですからもちろん関係があるはずです。

全ての神社に創造主がいたという事ではなく、神社の作りが創造主が実際にいたときの作りを再現して作られているのです。
鳥居や注連縄、手水舎など、神社には共通の作りがありますよね。

ちょっとオカルトっぽい話ですが、注連縄は神とこの世との結界と言われます。
神社の中は神様(創造主)が実際にいた場所です。
そこから宇宙船で惑星や地球の近くの基地に帰っていたのかも知れません。

しかしルシファーは地球に追放されたので、惑星に帰れないように結界を張られたということも考えられます。
結界というのは、地球の人間から見ると何もないものですが、創造主たちにとっては実際に通れない何か科学的な仕組みがあるのかもしれません。
出エジプト記で、過ぎ越しのときにイスラエルの民の家が守られるように、創造主が来る前日に家の入口の両側の柱とかもいに羊の血を塗ったのも同じように結界の意味があるのかもと思いました。

関連記事聖書で伝えられる過ぎ越しのお祭りの意味

このように、へびとルシファーはシンボルとして繋がっています。
またこのへびのシンボルは、聖書にあるようにへびが地上を這うように呪ったからという他に、もう1つの理由が考えられます。

それはDNAです。
ルシファーは地球に人間を作った科学者なので、DNAの構造を設計したでしょう。
DNAは私たちからは肉眼で見えないくらい小さいですが、ルシファーはその進んだ科学技術で極小のDNAを拡大して見ることができたと思います。

ルシファーはいつもそのDNAの構造を何かに書き記したりしていて、それを見た人間たちがルシファーのシンボルにした可能性があります。

へびはいつも何かに巻きついているわけではないですよね。
地面を這っていたりとぐろを巻いていることもあります。
でもルシファーのシンボルと思われるへびは、DNAのようにらせん状に巻きついているものが多いです。
ですから、古代の人々はルシファーが書いていたDNAの構造からへびのシンボルを作ったのです。

聖書で始めから「へび」とされていて、「真実を告げる書」でも小グループ「へび」と言われた本当の理由は、聖書が書かれた時代にはすでにルシファーが世界中でへびで表現されていたからなのかもしれません。

スポンサーリンク

-真実を告げる書, 聖書
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

現在の地球での不老不死と宇宙文明の不老不死 Vol.88

この世界では、人間は不老不死ではありませんよね。 通常は。 ですが、不老不死は人間の夢でもあり、現在も様々な研究が行われています。 この世界での不老不死はそのままの意味でしょう。 老いることがなく、死 …

最後の審判はどんな風に行われるのか Vol.119

今回は最後の審判について書いていきます。 聖書には「最後の審判」という言葉はありませんが、その様子といわれる描写が「ヨハネの黙示録」にあります。 そのとき、本当に神様やキリストが降りてきて人間を一人一 …

悪魔の終わりのときの光と闇の目的は同じかもしれない Vol.184

聖書の「ヨハネの黙示録」には悪魔の終わりのときについてこう書かれています。 しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。 悪魔が、自分の時が短いのを知り、 激しい怒りをもって、 お前たちのところに下 …

占いや呪文などが聖書で禁止されている理由 Vol.151

聖書では人間が行うことを禁止していることがあります。 それは占いや易者、魔法使い、呪文を唱えること、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことです。 18:9あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の …

鬼とは何か Vol.164

この世界にはなぜか鬼が出てくる話や伝説がたくさんあります。 桃太郎やこぶ取り爺さん、泣いた赤鬼など。 しかしそれぞれの鬼の伝説は全く別の話だと思えるので、鬼は共通する一つの存在を表しているとは考えにく …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)