Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

古事記 科学 聖書

月の秘密その1 Vol.135

投稿日:2020-01-29 更新日:

今回は月についてのお話です。

月は地球の衛星ですが、ただの衛星ではないでしょう。
そう思う理由は月の象徴とされる神が神話に登場するからです。

神話に登場する神とされるものは、創造主や宇宙文明の存在と無関係ではないと思っています。

ですからきっと月も創造主や宇宙文明がどこかで関わっています。

それはこの地球の未来にも関係しているかもしれません。

スポンサーリンク

ツクヨミノミコトの真実

月の神といえば、古事記での月読命(ツクヨミノミコト)が有名ですね。
月読命については、以前こちらの記事でも書きました。

関連記事: ツクヨミノミコトが表すこの世界 Vol.128

私なりの考えですが、古事記の神々は特定の実在する神という存在ではありません。

人間を創った創造主や宇宙文明の存在たちが地球での出来事に関わったことや、人間を助けるためのある働きを神と表しているのだと思っています。

ですから古事記などで別々の神とされていても、実際の出来事では同じ人物が関わっている場合もあると思うのです。

このブログではすでに何度か、須佐之男命の正体は人類を創造した科学者のルシファーたちのした事を表すのではないかと書きました。

関連記事: 人間を創造した科学者たちの話 Vol.139

古事記には、オオゲツヒメノカミが口から吐き出したもので須佐之男命をもてなそうとしたために、須佐之男命がオオゲツヒメノカミを殺してしまうという話があります。

そして日本書紀にもこれと似たエピソードがあるのですが、そちらは須佐之男命ではなくツクヨミノミコトが保食神(ウケモチノカミ)を殺した話になっているのです。

関連記事:穀物や家畜は宇宙文明から授けられた Vol.134

このことから、月読命と須佐之男命には同じ起源があったり、同じ人物とまではいかなくても、同じ志を持った存在が関わっているとも考えられます。

つまり、須佐之男命と月読命にはルシファーかルシファーと同じ志を持った存在が関係しているのではないかと思います。

人間を守るもの

ルシファーは人間を創造した創造者のうちの1人で、人間に科学知識を教えてしまった存在です。
「教えてしまった」というと悪い事にも思えますが、もしも人間に科学知識が与えられなかったら、現在の地球の人類の文明はありません。

ですからルシファーは、私たちから見れば人類を助けた存在で、ルシファーの行動や志とは、地球の私たち人間を守り育てたいというもののような気がします。

なぜなら自分で創造した知的な人間たちを、ルシファーはまるで自分の子供のように見ていたからです。
そんな人間が、何も知らずにただ生きているだけという状態に耐えられずに科学を教えてしまうくらい、ルシファーは人間を想っていたのです。

しかし科学を教えられた人間には、宇宙文明では恐らく二つの道しかないのです。

それは、宇宙文明全体がその成長は危険だと判断した場合には人間を滅ぼす道と、与えられた科学知識によって人間たちだけで進歩し、最後の審判を受けて宇宙文明に入る道です。

そして地球の人類は今まさに後者の道を歩んでいるのです。
ですから人間がどんなに悪いと判断されても、この世界の終わりのときまで滅ぼされることはないのです。

関連記事:虹の秘密 Vol.79

人間を守り、宇宙文明に入るまで見守るということがルシファーたち科学者の意志なら、月読命が表しているものは私たちを守る何かだと言えると思います。

須佐之男命と月読命の違いは、須佐之男命は地球で直接人間と関わって人間を助けましたが、月読命は人間との直接の関わりを持たずに、間接的に人間を助ける役割を持っていることです。

つまり月には、現在の私たち人間を守っている何かがあるのかもしれません。
例えば地球を見守る何かです。

何から私たちを守り、それがどういったものなのかについては、次回に書いていこうと思います。

関連記事:
月の秘密その2 Vol.136

ツクヨミノミコトが表すこの世界 Vol.128

スポンサーリンク

-古事記, 科学, 聖書
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

旧約聖書でイスラエルの民がひいきされている本当の理由 Vol.98

今回は前回の記事の続きになります。 関連記事:旧約聖書の神はなぜ野蛮なのか Vol.97 旧約聖書の時代のイスラエルの民には、人間を代表して創造主の教えを聞き、その内容を他の全ての人間に伝える役割があ …

終末の時代に起こると言われることはなぜ起こるのか Vol.162

聖書には終末の時代に起こると思われる事が書いてあります。 「ヨハネの黙示録」や「マタイによる福音書」、「ルカによる福音書」などです。 21:10それから彼らに言われた、「民は民に、国は国に敵対して立ち …

大相撲や神事での女人禁制の伝統の真実 Vol.39

先日、大相撲の春巡業の際に土俵上で挨拶をしていた舞鶴市長が、突然倒れるという事態になったときのこと。 何人かの人が、倒れた市長の救助のために土俵上に上がりました。 それは人として素晴らしい行動です。 …

キリストの意志とは Vol.121

前回は反キリストについて書いたので、今回はその元になっているキリストの意志について書いていきます。 一応前回の記事にもキリストの意志について簡単に書いてあります。 関連記事:反キリストとその目的とは  …

石とは何なのか Vol.111

石には何か秘密があるようです。 いわゆるそっち系の能力がある人には石が話すのを聞く事ができるようですから、何もないことはないと思います。 石といっても、溶岩からできた石とは違います。 硬い石や岩石です …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)