Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 真実を告げる書 聖書 都市伝説

私達は創造主かもしれない Vol.46

投稿日:2018-05-08 更新日:

最近の地球の科学の発展するスピードはどんどん速くなっている気がします。
それに伴い、以前ならSF映画やアニメの中の話だと思われていたことも実現可能な事として語られたりします。

その事で私が思いついたことを書いてみようと思います。
それは地球の人間は創造主自身かもしれないということです。

この内容は、「真実を告げる書」を信じて創造主の存在を信じている私の考えたことなので、信じるか信じないかは皆さんの自由です。

スポンサーリンク

バーチャルリアリティーの自分

最近よく都市伝説などで話題になるのはVR(バーチャルリアリティー)です。
今上映されているスピルバーグ監督の映画「レディ・プレイヤー1」もとても好評ですよね。
この映画もVRの世界を題材にしたものです。

しかもVRはもう映画の世界だけではなく、現実に存在する世界です。
そこが昔のスピルバーグ監督のSF映画とは違う部分です。

ところで、VRの世界を作っているのは私達人間ですよね。
そしてVRの世界に入ってその身体を使っているのも私達です。

それと同じようなことが遥か昔に地球で起きていたとしたら?

アバターの自分

または、まだ実現はしていないけど、火星移住計画として映画「アバター」のように火星に人工の身体を作り、私達の意思だけを脳で繋いで遠隔操作するようなことです。

人間の脳が、火星にある人工の身体に繋がっている時は、その身体で見たり聞いたり感じることができて、まるで自分なのです。

そうしてその人工の身体が眠ってしまうと、本来の身体に意識が戻ります。

これと似たようなことが、創造主の惑星と地球で行われているとしたら?

創造主の自分

この地球に人間を創造した創造主は、遥か遠い惑星に住んでいると「真実を告げる書」で創造主自身が教えてくれています。

──あなたがたの人口は?
「約70億です」

(「真実を告げる書」p99より)

その惑星には約70億人住んでいるそうです。
この地球と同じくらいですね。

これで私はふと思ったのです。
創造主の惑星の人達が、この地球の人間として生まれているのでは?と。

これが聖書の創世記の次の箇所の意味なのではと思いました。

主なる神は土のちりで人を造り、命の息をその鼻に吹きいれられた。そこで人は生きた者となった。

(「創世記」2章7節より)

「命の息をその鼻に吹きいれ」るとはどういう意味なのか、ずっと不思議でした。
ただ人の体を作るだけでは命がないとわかります。

その方法や仕組みはさっぱりわかりませんが、脳の松果体と関係あるかもしれません。
これも創造主の惑星の2万5千年進んだ科学技術です。

関連記事:ピラミッドに目のマークにはどんな意味があるのか

私は「真実を告げる書」を読んで、人間の肉体は科学的に復活できるとわかりましたが、それだけでは本当の人間ではないのでは?と考えていました。

それはこの意識というか、自分だと認識している意思です。
もし人が死んで復活しても、本人に似ているというだけで中身は違う気がしていました。

でももし私達が生まれる時に、創造主の惑星の人の意思が入っているとしたら納得できます。

なぜそんなことをしているのかというと、創造主の惑星の寿命がもう短いから、などが考えられます。
新しく移住するためです。
全員を遠い惑星に移動するのは難しいから、この仕組みを作ったのかもしれません。

ちょっと特殊なのは、地球に生まれるとそれまでの惑星の記憶が一旦無くなることです。
それは創造主が人間を作った時にわざとそうしたのです。

その理由はわかりませんが、一からというかゼロから人類が始まるとどうなるかと実験しているのかもしれません。

もしくは平和で自由な世界から、敢えて大変な世界を体験するため。
これは以前に、この宇宙が創られた理由として私の考えを書いたことと似ています。

または、ただ失敗して記憶を持たずに生まれるようになってしまったか。
でも修正するのは大変なのでそのままだった。
その記憶がない人間をサタンは危険だと考えているのです。

私達が眠っているとき、創造主の惑星で本当の自分が目覚めているのかも知れません。
もしかすると夢で創造主の惑星を見ているかも。

その場合、原始の地球では人間を創造したそのままの創造主と、地球の人間として記憶がゼロの創造主の惑星の人が出会っています。
なんだかドラマチック。

そして地球で人間が死ぬと創造主の惑星で創造主に戻っているのかもしれませんね。

これは「真実を告げる書」にも書いてないし、どこにもないただの私の妄想です。

-世の中について, 真実を告げる書, 聖書, 都市伝説
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

なぜ愛に則って生きることが大切なのか Vol.147

今回のテーマは「愛」です。 壮大な気がしますが、今こそ重要なことだと思うので書いてみます。 愛については以前にも書きましたが、今回はなぜ愛が大切なのかについてです。 そんなことは映画や歌や聖書の中でし …

やりすぎ都市伝説のイスラエルの回を復習してみる Vol.146

やりすぎ都市伝説の2012年4月に放送されたイスラエルの回について。 この放送はかなり重要な回なのではないかと私は思うので、備忘録として書いておきます。 今回は放送の内容を詳しく紹介するというより、そ …

旧約聖書でイスラエルの民がひいきされている本当の理由 Vol.98

今回は前回の記事の続きになります。 関連記事:旧約聖書の神はなぜ野蛮なのか Vol.97 旧約聖書の時代のイスラエルの民には、人間を代表して創造主の教えを聞き、その内容を他の全ての人間に伝える役割があ …

人間に科学を教えたのは誰か。聖書での死とは? Vol.8

今回も「真実を告げる書」を参考にして書いていきたいと思います。 「真実を告げる書」は聖書の中の創造主が、フランス人のラエル氏に託したメッセージを記したというものです。 ですので、創造主からのメッセージ …

獣に殺されるふたりの証人と聖なる都を42か月踏みにじる異邦人 Vol.194

以前、この世界が終わる前に獣の支配する42か月があるかもしれないと書きました。 関連記事:獣が支配する42ヶ月はこれから起こるかもしれない Vol.145 これは「ヨハネの黙示録」に書かれていることで …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)