Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 都市伝説

フェイクニュースが簡単に作れる時代に情報を信じる根拠は? Vol.181

投稿日:2021-01-13 更新日:

今、アメリカ合衆国では大統領選挙から始まったと思われる様々な情報が飛び交っています。
選挙の不正や大量逮捕、トランプ大統領支持者の暴走など、今までにないくらいの情報で溢れています。
その中で私たちはその情報が嘘か本当かわかりにくい状況に置かれています。

今の世の中はテクノロジーの進歩のおかげで多くの人がほぼリアルタイムで情報を得ることができます。
スマホがあればどこにいてもネットを通じてすぐに様々な情報を得られますよね。

しかし、たくさんある情報の中には事実とは異なるものもあるため、何が嘘で何が本当かを見極める力が必要になります。

そしてその情報の先に何があるのかを考えることも大切です。
今の生活に影響する可能性があるものなら特に気を付けて見守れば、今備えておくといいことを知ることができます。

ですが、今見ている情報が嘘か本当かを知ることはとても難しくなっています。
特に映像や音声はリアルタイムで偽造することもできてしまいますから。
自分の目で生で見ていること以外は簡単には信じないようにした方がいいでしょう。

スポンサーリンク

目の前の現実以外は簡単に信じない方がいい

ある情報を目にし、その情報の大元の情報源を確認できたとしても、その情報が事実なのかを知るのは難しいと思います。

特に文字で書かれた情報はいくらでも偽装できます。
たとえば本人に成りすまして別の誰かが不正に文書を作成することも不可能ではありません。
署名でさえ偽装できるかもしれません。
それまで本人が使用していた端末から本人のアカウントで情報を発信したとしたら、ほとんどの人は疑わずに信じてしまうでしょう。

そこまでして偽装されることは現実にはないと思いますが、全くないとは言い切れません。

ですので、本人から直接聞いたり余程信頼できると確信できる情報でない限りはあまり鵜呑みにしない方がいいでしょう。

では何も信じない方がいいのかというと、今の時代はそのとおりだといえます。
とはいえ何も情報を得ない方がいいということではなく、常に最新の情報を知っていることは大事なことです。
その上でその情報を無条件に信じて一喜一憂するのではなく、一つの情報として頭に入れておき、自分ができることは何かを知っておく程度がいいと思います。

そして自分が見たり体験した出来事や現実に起こったと報道されたものを事実として受け止めておくのです。
とはいえ、テレビの報道はコントロールされているものもあるため、完全に信じるのはおすすめしません。
今はテレビが伝える情報はほぼ支配者側に都合が良いように作られているからです。
その中にも事実の一部が映っていることもあるため、それを情報の一部として参考にするくらいでいいと思います。

そうしていつもと変わらずに淡々と過ごすのがいいです。

すると実際に何かが起こったとき、自分が得た情報に合致することなら本当だったとわかるし、何も知らないよりは早く対処できると思います。

情報に踊らされることなく、どちらに傾くこともなくいつも真ん中の目で見て考えることが大切です。
全ては陰陽ですから。
何事にも両面があり、どちらにも良い部分と悪い部分はあるのです。

このことを常に心にとどめながら、一つのことを軸にして判断するようにするといいと思います。

それはいつも書いていることですが、宇宙の法則である愛に則っているかどうかです。
といっても何が愛に則っているかがわからないこともあるでしょう。

その時に一つの目安にするといいのは、自分の心が抵抗していないかどうかです。
人間の一人一人の心には、大小はありますが必ず良心があるはずです。
なぜなら人間は宇宙の法則に則って存在しているからです。

体の一つ一つの器官や細胞まで全て自然の法則の通りに動いています。
自然の法則と宇宙の法則は同じです。
そして人間の心も同じように自然の法則の通りに存在しているため、愛に則っていないものには少なからず抵抗があるのです。

これは実際に経験しないとわかりにくいかもしれませんが、ある情報を見た第一印象が良心が痛むような気がするとき、その情報にはきっとどこかに愛に則っていないところがあるのです。

良心が痛むのではなく自分にとって不利益だからという場合もありますが、それは欲やエゴからくるものですので、自分自身が一番よくわかると思います。
欲やエゴは愛とは反対といえるものですから、愛に則って生きたいなら、できるだけ手放す努力が必要です。

それでもその情報の全てが愛に則っていないわけではないことが多いので、全てを頭から否定するのではなく、興味を持ったならば詳しく調べてみて、自分なりに判断してみるといいと思います。

そうして様々な情報に触れていくと、どちら側の情報にも正当な部分があるし、そうでない部分もあることがわかっていくと思います。

大切なのは、情報に踊らされずいつでも冷静に物事を見るようにすることです。

スポンサーリンク

-世の中について, 都市伝説

執筆者:


  1. It’s an amazing paragraph in support of all the online people; they will
    obtain benefit from it I am sure. https://carrier-aircon.ru/bitrix/redirect.php?event1=&event2=&event3=&goto=https://Bukovets.com/autumn/

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ニューワールドオーダー(新世界秩序)はなぜ作られようとしているのか Vol.67

この地球はもうすぐ新しい世界になる予定です。 この事は多分、地球に今の人間が創造されてから決まっていることです。 新しい世界とは、今都市伝説などで話題になっているニューワールドオーダーや新世界秩序とい …

やりすぎ都市伝説のイスラエルの回を復習してみる Vol.146

やりすぎ都市伝説の2012年4月に放送されたイスラエルの回について。 この放送はかなり重要な回なのではないかと私は思うので、備忘録として書いておきます。 今回は放送の内容を詳しく紹介するというより、そ …

愛とは何か Vol.99

突然ですが、皆さんは愛とは何かと聞かれたら答えられますか? 愛とは人を愛すること、つまり好きだとか大切だと思うことや大切にすることだと思っていました。 多分それは間違いではないとは思います。 ですが、 …

エゴからの望みと本当の望み Vol.159

誰かが望んでいることをしてあげることは愛のある行為ですが、一見その人が望んでいることに思えても実は心からの望みではないこともあります。 例えば子供がお菓子が欲しいと言っているなら、お菓子をあげることで …

占いや呪文などが聖書で禁止されている理由 Vol.151

聖書では人間が行うことを禁止していることがあります。 それは占いや易者、魔法使い、呪文を唱えること、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことです。 18:9あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)