Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について

貨幣経済に替わる仕組み Vol.142

投稿日:2020-03-08 更新日:

何年か前に「美しき緑の星」(1996年)という映画を観ました。
その映画の中で地球を観察していた別の惑星の人のセリフに私は小さなショックを受けたのを覚えています。

それはこんなセリフです。
地球はまだ貨幣経済なのか?

まるで貨幣経済は遅れているという感じでした。

これは映画の中のことなので、嘘か本当かというよりとりあえずフィクションなのですが、それでも貨幣経済じゃないとしたら何がある?としばらく考えてしまいました。

なぜなら、「まだ貨幣経済なのか」という言葉からは、何でも無料で経済が存在しないというより、貨幣の他の方法があるように思えるからです。

スポンサーリンク

貨幣経済とは

前回の記事で、今の世界が混乱している大きな原因はお金だと思うという私の考えを書きました。

関連記事: なぜ今この世の中は混乱しているのか Vol.141

お金と一言で言うとお金そのものに問題があるように思えてしまいますが、そうではなくてお金でほとんどのことをやり取りしている世界ということを意味しています。

やり取りする手段がお金ではなくなっても、何かで価値の交換をするのなら貨幣経済なのです。
たとえそれが葉っぱでも、葉っぱでやり取りできるのなら貨幣経済です。

現金だけではなくて、仮想通貨でも電子マネーでもポイントでもお金と同じように利用できるものは同じです。

ですから手にマイクロチップを入れて、そこにクレジットカード情報を入れたりできれば安全だとか、電子マネーならお会計が簡単でポイントも貯まるということは関係ありません。

そのような現金に代わる何かがあっても、使い道が同じならそれは貨幣経済なので世界は何も変わりません。
結局は上手く運用できる人のところにばかり富が集中するのは同じなのです。

また、この偏った世界を改善するために、全ての人に平等に富を分配できるのならそれがいいのはわかります。

ですがもしそれが実現できたとしても、平等なのは一時的で、お金が存在する限り結局また同じ世界に戻ってしまうと思います。

この世界の支配の仕組みを変えるには、少しずつでも変わらなければずっと変わらないままです。

貨幣に代わるシステムを考えてみる

まずはこのシステムから抜け出す方法を考えてみます。
とはいえ、この世界でお金という存在を無くすことはとても難しいのが現実です。

そこで、価値の交換を無くしていくことから始めればいいと思います。

何かのサービスを受けたり何かを手に入れるときに、お金やそれに変わるものと交換するのではなく、資格制にするとかです。

ただし最近よくいわれる信用ポイントなどとは違います。
それはやはり現在のシステムをうまく利用するものだと思います。

まず、生きていくのに必要な最低限の衣食住は基本的に全ての人が得られるようにするのです。
無条件で貰える基本の資格です。
現在でいえば所得税の基礎控除のようなものです。

ですが生きるのに必要な最低限のお金や食料などを配るのは面倒なので、各地域に無条件の資格の対象の日用品が置いてある店舗を置き、誰もが自由に持っていけるようにするといいと思います。

余計に持っていく人がいたら?となるかもしれませんが、誰もが必要な分はあるし、必要な分より余計に持って行っても売り買いはできないため意味がありません。

これは現在の世界では利権やしがらみのせいでなかなか難しいかもしれませんが、貨幣経済を今ほど重視しないようになれば実現できると思います。

その上で一定の基準を作り、ある基準のサービスを受けたり物を手に入れられるのはその基準以上の資格が必要、という感じにするのです。

例えばこのお店を利用できるのはこの資格以上の人とか、このエリアに入るにはこの資格以上が必要、
という感じです。

資格を利用するなら貨幣は使わないようにすれば、徐々に貨幣経済から移行していくと思います。

資格だと複雑そうなので、他にはポイント制など似たような仕組みにするといいのではないかと思います。

このシステムではポイントを誤魔化して獲得することがないように証明できる何かは必要になると思います。

この資格やポイントは1人ずつに与えられるもので、誰とも交換はできないものです。
例えば人を手伝ったら10ポイントとか、植物を育てたら15ポイントなどです。

反対に良くないことをしたらポイントを引かれるのです。

すると1人の人間としての資質が問われる世界になっていくと思います。

何よりやりたくない人はやらなくても良いという自由があります。

最低限の生活しか求めない人はそれ以上の資格やポイントを手に入れなくてもいいし、やりたい事があればそれを目指すという世界です。

そうすると競争の世界にもなりそうな気もしますが、富を取り合うわけではないので良い刺激になると思います。
今も既にかなりの競争社会なので、今より人々の意識は良くなるでしょう。

そして大事なのは資格やポイントを貰える基準です。
現在のような学力や知識ばかりが重視されるのではなく、人として良いことをしたら貰えるようにするべきです。

なぜならこの宇宙の基本法則が愛だからです。
その愛をこの制度でも基準にしていくのです。
すると、ポイントが高い人は愛の数値が高いことになります。

世界の価値の基準が愛になると、争いや悲惨な事件は起こりにくくなると思います。

すぐにこのような世界には変わりませんが、まずは今のこの世界から少しずつ変わり始めるのが大切なことです。

関連記事: キャッシュレスの波はどこに向かうのか Vol.112

スポンサーリンク

-世の中について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

占いなどが聖書で禁止されている理由 Vol.151

聖書では人間が行うことを禁止していることがあります。 それは占いや易者、魔法使い、呪文を唱えること、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことです。 18:9あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の …

都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

最近、都市伝説や陰謀論の勢いが本当にすごいです。 それまでも都市伝説関係の動画はありましたが、今ほど勢いはなく、かなりマニアックだった印象があります。 このブームの大きなきっかけは「やりすぎ都市伝説」 …

宇宙文明には物質を消す技術がある Vol.109

やりすぎ都市伝説のラインライブの中で関氏が言っていた事で気になっているのが、建物の中の人を「蒸発させて消す」技術がすでに軍事的な技術では使われているということです。 実際にそんな技術が使われているかど …

やりすぎ都市伝説の関氏はNWOに買収されてはいない Vol.106

先日の2019年5月24日に、令和時代はじめての「やりすぎ都市伝説」が放送され、放送の前後にはLINE LIVEも配信されました。 放送の内容についてはここでは特に触れませんが、たくさんの人が感想を書 …

真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

「真実を告げる書」の内容は衝撃的ですが、きっとまだまだ世界には広まらないでしょう。 その理由はいくつか考えられます。 まず、著者であるラエル氏が中心になっている、ラエリアンやラエリアンムーブメントとい …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)