Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について

なぜ今この世の中は混乱しているのか Vol.141

投稿日:2020-03-02 更新日:

この世の中はいつでも混乱しているとも言えますが、特に何かが起こるとますます混乱が大きくなります。

その原因は「何か」が起こったからではありますが、それはただのきっかけなのだと思います。
今ならウイルス感染の流行や災害などです。

何かがきっかけで世界が混乱するのは、そもそもこの世の仕組みがそうなっているからなのだと思います。
つまりこれまでは上手く回っていただけで、 最初から不安定だったというわけです。
ですのでちょっとしたきっかけで崩れてしまいます。

それは具体的にどういうことなのかを考えてみます。

スポンサーリンク

いつ崩れてもおかしくない世界

今起こっている世の中の混乱は、ウイルスによる感染が広まっていることから始まっています。
そして感染を防ぐための対策によって、人々の生活に影響が出ている状態です。

これは実際に感染が広まっているのかどうかに関わらず、人々の不安からの恐れが大きな原因です。

つまり、他にも何か噂や報道などから人々に不安が起これば、同じように混乱が起こる要因はたくさんあるといえます。
今回はたまたまウイルスによる感染だっただけです。

これまではこの原因になるようなことが起こっていなかったために、世の中が上手く回っていただけなのです。

今回のような事態になれば世の中が混乱するのは当たり前だと思う人もいるかもしれません。
もちろん何も無ければとりあえず世の中は混乱しないと思います。

しかしこの先の世界で今回ほどの事はもう起こらないと思いますか?
例えば戦争や災害や事故などが起こったとしても。

そんな事は起こらない方がいいに決まってますが、私は災害やその他の様々な要因でまたいつでも混乱は起こると思います。
そんな事が起こるとは限りませんが、起こらないとも限りません。

そしてこうなってしまう原因はさっきも書いたように、始めから世の中の仕組みが不安定だったからです。

多くの人の心配事とは

その混乱の一つが仕事への影響です。
例えば急に子供たちが休みになってしまって大人が困っているのはほぼ仕事の事です。

これはどちらかといえば、子供がウイルスに感染する心配よりも、仕事に影響が出ることを心配している人の方が多いということなのだと思います。

学校での勉強や行事の中止で子供たちの気持ちへの心配もあるとは思いますが、それは今は辛抱して必要最低限に縮小することも可能なことです。

学校以外にもイベントの中止やレジャー施設の休園などがあります。

このことで困っている人の問題の多くは、仕事ができなくなるというものなのです。

仕事ができなくて困るというのは、多くの人は仕事が大好きなのにできないからではないですよね。
中にはそういった人もいるとは思いますが。

大多数の人は仕事をしないとお金が手に入らなくなるから困るのです。

満員電車での感染の恐れは少ないという予測が正しいかどうかは現時点では何とも言えませんが、少し考えれば感染の危険が無いとは言えないのは想像できると思います。
それなのにそこに触れないようにしているのが意図的ならば、それは経済への影響が大きすぎるからです。

さらに子供が小さいのに仕事柄どうしても休めない人の心配は子供の預け先だと思います。
これは仕事ができなくなるのとは違うようにも見えますが、子供への純粋な心配をしているというより、やはり仕事の心配の方が大きいのです。

これは何かがずれている気がしてしまいます。

今のこの世界の仕組み

現在の混乱の原因として一番大きいのは、あらゆるものの価値をお金に換えていることだと思います。
お金は簡単に価値を表せるという点でとても便利で効率的なものですからそうなるのは仕方ありません。
物々交換や他のことで価値を交換したりやり取りするよりもお金でやり取りする方が簡単ですから。

そのことから、お金ができた当初はよかったのですが、今のこの世界はあまりにもお金に価値を置き過ぎています。

簡単にやり取りできることでどんなことにでもお金が関わるようになってしまいました。
本来ならお礼を言って感謝を伝えるだけで充分なことにもお金を払う世界になっています。

そのため、本当はすでに終わったはずの価値のやり取りが、お金の貸し借りという仕組みによっていつまでも残ってしまうようになったのです。

価値の交換のためのお金のはずが、お金自体に価値が置かれてしまっている状態なのです。
どういうことかというと、始めは物やサービスの価値と交換するためにできたお金が、そもそもの元になる物やサービスが無い状況でも、お金だけのやり取りが発生したのです。

お金だけを貰っても何もできませんが、後でそのお金を使って何かと交換できるため、お金に価値があるのです。

そうしていつからかお金を得ることが目的になるような世の中になってしまいました。

それは純粋なやり取りが難しくなってしまっている状態なのです。
物やサービス自体の価値より、そこで発生するお金のやりとりが重要視されていると思います。

そのため多くの人が、その物やサービスの本来の価値よりも自分が得をしたいと思っているのです。
サービスをする側もされる側もです。

簡単に言うとお互いに搾取しようとしているのです。
意識していてもしていなくても、常に損はしたくないと考えています。

私も買い物をするときや何かのサービスを受けるとき、どっちが得か、損をしないのはどれかを考えてしまいます。
これはお金のやりとりをする人のせいではなく、この世界がそういった仕組みになっているからです。

例えば誰かがあるサービスを思いついたとします。
始めは人が喜んでくれると思って考えたサービスですが、いつの間にか人に喜んでもらうことよりも利益を大きくすることが目的になってしまうのです。

これがほとんどの事柄で起こっているのです。

でもお金がないと生活ができないのがこの世界の現実です。
だからそうなるのは仕方がないのです。
すでにたくさんのことで人々はお金に縛られています。
ここから抜け出すのは簡単ではないでしょう。

ですが、このことに心から気づいた人の意識が変わっていくことで、必ず世界は変わり始めると思います。
すぐには変わりません。
まずは変わり始めるだけです。

関連記事: キャッシュレスの波はどこに向かうのか Vol.112

この騒動がそのきっかけになるかもしれないのです。

大切なのはまず、一人一人がお金や物を必要以上に手に入れようとしないことです。

今の世界は、せっかく手に入るなら余分に持っていようと多くの人が考えています。
この小さな考えが集まると、お互いに搾取しあう世界になってしまうのだと思います。

しかし、本当はそれぞれ必要な分があれば充分なのです。
「最低限」といっているのではなくて、自分が快適に暮らすために必要な分です。

そうすれば必要な人々にも物資が行き渡り、値段が高騰することもなくなります。
それだけで世界の多くの混乱は小さくなるでしょう。

それが宇宙の基本の法則に則った行動に近づくことになります。

自然の法則

宇宙の基本法則はです。
愛とは、わかりやすくいうと人間にとっては対象のものを無条件に思いやることです。
見返りを求めず純粋に与えるだけのものです。

ギブアンドテイクではなくてギブで終わるものです。

しかし現在のこの世界では純粋な愛からの行動がとても少なくなっています。
一見人のためになることをしているように見えることでも、実は何か別の利益のためだというものが多いのです。

お金でのやり取りは見返りをきちんと貰うための仕組みですから純粋な愛からは遠いものです。

この世界ではいかに効率良く利益を得られるかという、裏技のようなものが素晴らしいものとさえ言われています。
ですが、お互いを搾取しあう世界は宇宙全体から見ると愛から遠ざかるものです。

搾取は自分への愛が大きい状態です。
自分への愛も愛には違いないのですが、自己愛という自分の中だけでの愛です。
自己愛が必要以上に大きすぎると、自分の外の世界とのバランスが取れないからダメなのだと思います。
それは宇宙の基本法則から外れている状態だからです。

宇宙の基本法則が愛なので、法則から遠ざかっても必ず元に戻ろうとする力が働きます。
これは自然の法則と全く同じです。

重力が自然の法則であるこの地球では、物を上に投げると物は浮いたままにはならず、必ず重力に引っ張られて落ちてきますね。
これと全く同じことです。

ですから自然の力は愛による力です。
虫が光に集まるのも愛の力です。
なぜかはっきりとした理由がわからないのに自然にしたくなるのは、愛の力に引っ張られているのです。

その愛は私たち人間の中にも最初から備わっているものです。
愛が備わっていない人は1人もいません
なぜならこの宇宙は愛でできていて、その愛の世界で生きられるのは私たちが愛を持っているからです。

そうでなければ存在できないのが自然の法則です。
その点でこの地球は特別といえるかもしれませんね。

ですから今のこの世界が愛から遠ざかっているなら、必ず愛に則った世界になるような力が自然に働き始めるのです。

それが今起こっているこの世界の混乱なのです。
今まで普通だと思っていたこの世界は、宇宙の法則である愛から離れていたので、戻ろうとする力が常に働いているのです。

例えば、積み木を積み上げようとしたとき、最初は不安定だったけど上手くバランスをとって高く積み上げられたとします。
しかし最初の土台が不安定だと、後になってその不安定さが影響してきます。

この世界もこれまではたまたま上手く釣り合っていたのですが、いつ崩れてもおかしくない不安定な状態だったのです。

この状態を正常にするには、お金を得ることや自分の利益に大きな価値を置いている今のこの世界を土台から作り直さないとどんなに上手くやろうとしても何度でも同じことになると思います。

どんなに科学が進んでも、人体の保存技術が進んで寿命が延びたとしても、この世界の仕組みが変わらなければ結局同じことが起こるのです。

そして今が、この世界の仕組みを土台から作り直すチャンスのときなのだと思います。

スポンサーリンク

-世の中について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

獣の刻印とは、今はまだ無くこれから現れるもの Vol.95

私はこれまで何度か、ヨハネの黙示録にある「獣の刻印」について、それが何を表すのか考えました。 関連記事: ●マイクロチップは獣の刻印なのか Vol.52 ●獣の刻印とは何か。神による印から考えてみまし …

なぜ愛に則って生きることが大切なのか Vol.147

今回のテーマは「愛」です。 壮大な気がしますが、今こそ重要なことだと思うので書いてみます。 愛については以前にも書きましたが、今回はなぜ愛が大切なのかについてです。 そんなことは映画や歌や聖書の中でし …

宇宙のテクノロジーを伝授されるための条件 Vol.84

この地球が無事に新しい世界に移行したときは、現在の地球とは比べものにならないくらい一気にテクノロジーが進むでしょう。 なぜなら、宇宙の進んだ文明の仲間入りをすると、進んだ文明のテクノロジーを宇宙の仲間 …

テクノロジーはこれからも進化するけど人間にしかできないことVol.110

最新のテクノロジーはどんどん進んでいて、今は最新だと思うものが1年後にはもっと進んだものができたりしています。 勢いがすごいです。 このテクノロジーはあらゆるジャンルで進んでいくでしょう。 その流れの …

神社の神様や霊の正体とは Vol.86

最近、スピリチュアル系の情報をあちこち見ていて、ふと疑問に思うことがあります。 それは、霊とか「神様」との交信についてです。 霊感の全く無い私には無縁のものだし、同じように霊感の無い多くの人にとっては …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)