Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

古事記 聖書

穀物や家畜は宇宙文明から授けられた Vol.134

投稿日:2020-01-21 更新日:

古事記には食べ物に関する不思議な物語が記されています。

それはオオゲツヒメノカミの物語です。

高天原から追放された須佐之男命がオオゲツヒメノカミに食べ物を求めた話です。
オオゲツヒメノカミはなんと、鼻や口、お尻から食べ物を出し、それを調理して須佐之男命に差し出したのです。

それを見た須佐之男命は「汚らわしい!」と怒り、オオゲツヒメノカミを殺してしまいました。

その後オオゲツヒメノカミの目から稲が生まれ、耳からは粟、鼻から小豆、陰部からは麦、尻からは大豆が生まれました。

こんなお話です。
なんとも不思議な表現のお話ですね。

これは何を表す物語なのでしょう。

スポンサーリンク

ツクヨミノミコトとウケモチノカミ

実は、日本書紀にも同じような物語があります。

そちらでは須佐之男命ではなくツクヨミノミコトがアマテラスから保食神(ウケモチノカミ)に会うように言われて会いにいきました。

ツクヨミノミコトが保食神に会いに行くと、保食神は口からコメや魚や獣を吐き出して、それを調理してツクヨミノミコトに差し出しました。

それを見たツクヨミノミコトは「吐き出したものを食べさせるなんて汚らわしい!」と怒り、保食神を斬り殺してしまいました。

それを聞いたアマテラスは怒り、もうツクヨミノミコトとは会いたくないと言い、それから太陽と月は昼と夜に分かれて出るようになりました。

アマテラスが天熊人(アメノクマヒト)を遣わすと、保食神の死んだ身体の頭からは牛馬、額から粟、眉から蚕、目から稗(ひえ)、腹から稲、陰部から麦・大豆・小豆が生まれました。

天熊人がそれらをアマテラスのもとに持ち帰るとアマテラスは喜び、民が生きてゆくために必要な食物だとしてこれらを田畑の種としました。

なぜ古事記と日本書紀では登場人物が違うのかがよくわかりませんが、古事記は日本向け、日本書紀は主に外国に向けて書かれたというのが関係あるのかもしれません。

物語が表す宇宙の存在


自分の身体から食べ物を吐き出す神とは何を表すのかを考えてみます。

この場合の自分の身体というのは、人間のような体から本当に食べ物を吐き出したわけではないでしょう。
何かのたとえです。

しかし、須佐之男命もツクヨミノミコトも「汚い!」と怒っているので、食べ物ではあるけどあまりうれしい物ではなさそうです。

ですが、実際の食べ物と無関係ではないと思います。
その理由は、どちらの神も死んだ身体からはその後の人間の食べ物の元になるものが生まれているからです。

これについてのヒントが「アミ 小さな宇宙人」シリーズにあります。
引用して紹介したかったのですが該当する箇所が見つけられないので、私が覚えている内容を書いておきます。

それは稲や麦やトウモロコシ、牛や馬などは、人間が生きるための助けになるように宇宙の仲間たちが授けたものなのだということです。

見つけました!
「アミ 3度めの約束」の中で、シャンバラのシルクがペドゥリートたちに語ったことです。

そして、新しくたんじょうした人類がちゃんと生きのびていけるように、ウマだとかラクダだとかゾウだとか、ニワトリやイヌといった、あとあと人類の役に立つ動物たちを作ったり改良したり、米や麦やトウモロコシや、いろいろなくだものを創ったりしたんだよ

(「アミ 3度めの約束」p450より)

本当かどうかはわかりませんが、この言葉を信じるならば、現在人間が食べている主な食物は宇宙文明の存在が人間に授けたといえます。

そもそも地球の植物も動物も全てが宇宙文明の存在である創造主が創ったものです。

これがオオゲツヒメノカミや保食神の死んだ身体から出た食物たちなのだとしたら、最初に口や身体から吐き出した食べ物は何を表しているのでしょう。

私の考えですが、それはマナではないかと思います。

マナは、エジプトから脱出したイスラエルの民たちがモーセに空腹を訴え、モーセからの願いを聞いた創造主が毎日空から降らせたパンのような食べ物です。
それは宇宙文明の食べ物ですが、人間の一日分の栄養が含まれたものでした。

そのマナはなんと、約40年間もイスラエルの民に与えられ続けたそうです。

このマナこそがオオゲツヒメノカミや保食神が口から吐き出した食べ物なのではないかと思うのです。
聖書を読んでいる方やクリスチャンの方は、ありがたいマナをそんな風にたとえるわけがないと思うかもしれません。

ですが、オオゲツヒメノカミや保食神は神様です。
つまり創造主や宇宙文明の存在と関係のある何かのたとえなのです。

以前にこちらの記事でも書きましたが、アミの仲間の宇宙文明の存在たちがマナを降らせたとアミが言っていましたし。

関連記事: メネメネテケルウパルシンと書いた手の謎 Vol.132

ですから宇宙船から降らせたマナは、地球の人間の世界から見ると不自然な食べ物なのです。
どこから降ってきたのか、誰が降らせたのか。
神様?それは誰?となります。

その後、マナを降らせた存在たちは姿を隠し、代わりにマナと同じように栄養がとれる穀物や人間を助ける動物を与えてくれたのです。
それを保食神が死に、その身体から穀物などが生まれたと表現されているのだと思います。

エジプトから出発する前からパンはあったから、小麦はすでにあったので時系列が合わないというのは、古事記などの神話には当てはまりません。

古事記は時系列はほぼめちゃくちゃなのです。
伝えたいことは時系列とは関係ないことなのでしょう。

これらの神を殺した須佐之男命やツクヨミノミコトは、地球に追放されて人間と暮らしていたルシファーたち科学者なのでしょう。

古墳がマナの壺の形になっていて、その周りに水田があるのはこのことと関係あるような気がします。

マナばかりでは人間は自分たちだけで安定した食料が永遠に得られないことをルシファーたちは訴えたのかもしれません。
そうしてマナの供給をやめさせたということなのでしょう。

これが私が考えたオオゲツヒメノカミや保食神の物語の表すことです。

-古事記, 聖書
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私達は創造主かもしれない Vol.46

最近の地球の科学の発展するスピードはどんどん速くなっている気がします。 それに伴い、以前ならSF映画やアニメの中の話だと思われていたことも実現可能な事として語られたりします。 その事で私が思いついたこ …

伊奘諾と伊邪那美の伝説とノアの大洪水 Vol.122

日本の神話には聖書が隠れているということを以前に書きました。 そうだとすると、伊奘諾(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)から生まれた神々についての神話の内容もやっぱり聖書を表している部分があると思えます …

地球が自滅するかしないかは私たち次第 Vol.80

聖書は、現在の世界で生きる人間のために書かれたものです。 そしてこの世界から新しい世界に入るための事が書かれたものなので、この世界が終わって地球が新しい世界になったときには、もう聖書は必要なくなります …

宇宙の言葉は蛇の声のようなものかもしれない Vol.69

宇宙の言葉の中には、もしかすると蛇の声のようなものもあるのではないかと思います。 なぜそう思うかというと、「アミ 小さな宇宙人」の中で、アミとアミのお母さんが話している時、地球人のペドゥリートが聞き取 …

ファティマ第三の預言についての考察 Vol.43

都市伝説が好きな方ならきっと知っている事の一つに「ファティマの預言」というものがあります。 簡単に説明すると、1917年5月13日にポルトガルのファティマという小さな町で、3人の子供たちの前に聖母マリ …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)