Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

科学

宇宙にはタイムテレビのようなもので全てを見る技術がある Vol.113

投稿日:

ドラえもんのタイムテレビって知ってますか?
タイムテレビは指定した場所の過去や未来を映して見ることができるという、使い方次第で便利に使える道具です。

これはドラえもんというアニメの世界の話で、ただの空想ではあります。

ですが今の時代は、空想の世界の話だと思っていた色々な事が少しずつ実現しているのも事実です。
ですのでドラえもんのタイムテレビのようなものが本当に開発される可能性も十分にあります。

そしてこのタイムテレビのような技術は、宇宙の文明世界ではすでにあるかもしれないのです。

しかし、この情報は物語として出版されている「アミ 小さな宇宙人」の中でアミが見せてくれたことで事実ではない可能性もあるため、信じるか信じないかはみなさんの自由です。

とりあえずどのようなものかを書いてみます。

スポンサーリンク

光をとらえるだけで

本の中でアミがぺドゥリートに見せてくれたその道具は、小さなテレビのようなものでした。

本の中ではぺドゥリートが、夜遅くに外出しているのでおばあちゃんにバレないかが気になってしまって、アミとの会話に集中できなくなります。
その時アミが、寝ているおばあちゃんの様子を見てみようと小さなテレビを取り出します。

ひと目でその技術のすごさがわかるのは、まるでその画面に映っている場所が現実のように思えてしまうくらい解像度が高いことです。
それに夜なのに昼間のように明るく映るのです。
と言っても実際に私が見たわけではないのですが。
ぺドゥリートの感想です。

そしてもっとすごいのはその仕組みです。

アミがテレビを操作すると、画面にぺドゥリートの家の前の景色が現れ、どんどん進んでいくと家の中に入り、壁も通り抜けていくのです。

小さなカメラをリモコンで飛ばしてモニターで見ている感じです。

そしておばあちゃんが眠っている寝室の中に行くと、おばあちゃんの寝息まで聞こえてきます。
まるで自分がその場に行ったように感じると思います。

それだけでなく、おばあちゃんがぺドゥリートのために用意してくれている夕御飯のお皿の上にお皿を被せてフタをしているところを、被っているお皿だけ透明にして中身を見ることもできるのです。

「どうやってそうさするの?その器械……カメラはどこ?……」
好奇心にかられて聞いてみた。
「カメラは必要ない。この器械は対象をとらえてピントを合わせ、濾過して、選択、増幅して投影するんだ。すごく単純なものだよ。そう思わない?」
いっけん、ぼくをからかっているようでもあった。
「でも夜なのに、どうして昼間のように見えるの?」
「きみの目には見えない“光”をこの器械はとらえることができるのさ」
「ずいぶんふくざつなんだなあ」
「そんなことはないよ。このおもちゃはぼくが自分でつくったんだよ……」
「えー!きみがつくったって!」
「とても旧式なつくりなんだけど、なぜか愛着があってね。小学生のときにつくった思い出のものなんだよ……」

(「アミ 小さな宇宙人」文庫版p49より)

カメラは必要ないそうです。

そしてこの一連のことは、ただぺドゥリートのおばあちゃんの眠りを確認するためだけのものですが、これだけで私たちに大きなメッセージを与えてくれています。

創造主や宇宙の仲間たちはいつでもこの地球を見守っているということをです。
必要ならばいつでもどこまででも見ることができるということを。

善良な人間には希望として、そして秘密がたくさんある悪魔崇拝をしているような人間には戒めのように響くでしょう。

過去も光のひと粒から見られる

この器械のすごいところは、過去まで見ることができることです。
この器械どころか、宇宙の文明世界では当たり前のことだと思います。
まさにタイムテレビです。

その仕組みもアミは教えてくれます。

「そのうえ、あらゆる世界の過去にも波長を合わせることができる……」
「過去にだって‼︎……で、でも、どうしてそんなことが可能なの?」
「かんたんなことだよ。みな、いろいろな方法で保管してあるんだ。すべてわかっていて、“なぞのままであるものは、ひとつもない”んだよ。
いま、その中のひとつの方法を教えてあげるよ。見てごらん。あそこに金色の気球が浮いているね。そう、あの気球が太陽の光を受けると、その反射した光はきみの目にとどく。また別の方向にむかった光、たとえば上のほうに反射した光は、無限の宇宙にむかって進む。その光のどの点でもいいからキャッチするんだ。そしてそれを増幅すれば、未来の時点で、いま、きみがみているのとおなじものを、過去のものとして見ることができるんだよ。」

(「アミ 小さな宇宙人」文庫版p174より)

「なぞのままであるものは、ひとつもない」そうです。
今の私たちには謎であることも、宇宙の仲間たちは全て知っています。
もちろんこの地球のことも含めた、宇宙のことについてです。

保管の仕方はいくつかあるというのは、例えば私たちがSDカードに保存したりUSBメモリーに保存したりクラウドに保存するのと同じようなことでしょう。

このアミの説明が理解できる人ならば、もしかすると今すぐにでも作り出すことさえできるかもしれませんね。
「すごく単純なもの」らしいですから。

ここに書かれていることは物語としての本に書いてあることなので、事実ではないかもしれませんが、同じようなものが宇宙の文明にある可能性は十分にあります。

この事を、地球の私たちに秘密にしておくわけではなく、きちんと本を通して教えてくれているのです。
その理由の一つは、進歩している宇宙の仲間たちは、まだ未開の地球には干渉することが許されていないからでしょう。
ある基準を超えるまでは助けたくても助けることもできません。
だから色々な形のメッセージを送ってくれているのです。

自分の利益や欲望のために、多くの人に隠しているどんな酷いことも、宇宙の仲間たちには全てバレています。
知らないのは地球の人々だけです。

-科学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

DNAには人類の歴史があり、霊には魂の歴史がある Vol.90

ここ最近の記事の中で、人間の細胞1つから完全な人間が再生できることをヒントに、空間にある1人の小さな意識からは、その人の全ての記憶を再生できるのではないかと書きました。 この空間にある小さな意識とは、 …

反キリストとその目的とは Vol.120

反キリストとはキリストの教えを否定して人々を惑わす存在のことです。 ウィキペディアにはこうあります。 反キリスト(はんキリスト、Antichrist)は、イエス・キリストに偽装して、イエスの教えに背く …

なぜこの世界は悪魔が支配しているままなのか Vol.103

現在のこの世界は悪魔に支配されているとか、悪魔崇拝のシンボルで満ちているといわれます。 スマートフォンが普及したおかげで、ネットを使う人がここ数年で爆発的に増えました。 それにともなって情報を得るのが …

五芒星と逆五芒星の意味と効果 Vol.81

みなさんは五芒星のマークはご存じですか? こちらです。 私の自作なのでちょっとずれてるかもしれませんが。 このマークは陰陽師などで魔除けのための結界などに使われるといわれます。 マークの意味としては、 …

愛とは何か Vol.99

突然ですが、皆さんは愛とは何かと聞かれたら答えられますか? 愛とは人を愛すること、つまり好きだとか大切だと思うことや大切にすることだと思っていました。 多分それは間違いではないとは思います。 ですが、 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)