Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

科学 聖書

DNAには人類の歴史があり、霊には魂の歴史がある Vol.90

投稿日:2019-03-06 更新日:

ここ最近の記事の中で、人間の細胞1つから完全な人間が再生できることをヒントに、空間にある1人の小さな意識からは、その人の全ての記憶を再生できるのではないかと書きました。

この空間にある小さな意識とは、死んでいる人のものもあれば生きている人から出た意識もあります。

これらは物質的な証拠などは何もなく、ただ聖書や「地球人は科学的に創造された」を読んで私が考えついたことです。

ですのでこれが真実かどうかは証明できないため、ただの1人の考えだと思ってください。

しかし、全くの思いつきというわけではなく、聖書の内容や世界に存在する不思議な体験談などから、どういうことなのかを細かく深く考えていくと、私の中ではこれ以外考えられないという結論になるのです。

私なんかより知識も思考力もある人が考えたら、もっと科学的で現実的な、誰もが理解できる言葉で伝えることができるのでしょう。

そして今までさっぱり理解できなかった事があるのですが、この事がきっかけでやっとわかったような気がしていることがあります。
それは「」についてです。

この世界には幽霊というような、死んだ人の魂のようなものが浮遊することはありません。
もし霊感のある人が見えたとすれば、それは人々の意識です。
意識は魂とは関係なく空間に飛んでいると思います。

しかし、今回私がわかったという「霊」はこれとは少し違います。
聖書で何度も出てくる「霊」についてです。
それはDNAとも深く関係しています。

スポンサーリンク

霊とは何なのか

聖書では、人の魂と霊は別のものとして書かれています。

しかし、現代のこの世界では多くの人は魂も霊も同じようなものだと考えていると思います。
私もそう思っていたので、魂とは違う「霊」とは何なのかがさっぱりわからなくなりました。

まあ、聖書にしかこんなことは書いていないと思うし、そもそも聖書が全て真実なのかもわからないので、魂と霊の違いも気にしなければ別に問題はないんですが。
そう思ってずっと「霊」についてはあまり考えずにいました。

ところが、人の意識からはその人の前世からの全ての記憶を再生できるのではないかと考えてから、ふと「霊」の意味がわかったような気がしました。

ただしこの地球のような、宇宙の中での未開の文明では、ここに生まれてからの記憶しか覚えていないようになっています。

ですので人間は、前世などというものはあるのか無いのかよくわからず、生まれ変わりすらも単なるおとぎ話のように捉えている人がほとんどです。
これが「霊」の意味がよくわからない原因です。

では一体「霊」の正体とは何なのでしょう。

人類の歴史

「霊」の仕組みを説明する前に、人間とはどうなっているのかを説明します。

といっても私は物理学者でも科学者でもないので、科学的な説明はできません。
むしろ自分の頭脳は超えられないので、普通の人でも理解しやすい簡単な説明しかできません。

人間はいくつもの細胞からできています。
その細胞をさらに小さく見てみると、DNAという個人を作り出す小さな物質になります。

そのDNAをさらに小さく見ることができるのかどうかはわかりませんが、もし見えるとしたら、お父さんとお母さんのDNAを受け継いでいるのがわかるでしょう。
さらにそのお父さんお母さんのお父さんお母さんのDNAもです。

DNAからはその個人がどんな系図で生まれたかがわかります。
ですのでその人の先祖が誰なのかも全てわかるでしょう。
全てはDNAに組み込まれているからです。
血の歴史という感じでしょうか。

つまり、1人のDNAには人類が創造されてから現在に至るまでの歴史が全て詰まっているのです。

またまた、人類が創造されてからの全ての歴史なんて大袈裟だよ!と思うかもしれませんが、よく考えればわかります。

例えば現在の人間は、ノアの大洪水で生き残っていた8人から世界中に増えた人々です。
ですからその時代からのDNAは続いているのです。

さらに言えば、ノアはアダムとイブが創造されてから続いた子孫です。
ということは、結局人類が創造されてからのDNAが現在まで続いていることになりますよね。

そのDNAは1945年に666世代目を超えています。
関連記事:聖書の666の本当の意味と獣の刻印 Vol.19

つまり、一人一人のDNAにはそれぞれ約666世代分のデータが蓄積されているのです。
この地球にちゃんと生まれた人なら誰でもです。

途中から突然生まれた人はいませんね。
宇宙人的な話は今はしませんよ。

もちろん1人ずつ系図は分かれているので、同じデータはありません。
しかし途中まで同じ系図という人はたくさんいますね。

これがDNAの内容です。

「霊」はDNAとは違うのですが、この成り立ちを頭に入れておくと理解しやすいと思います。

スポンサーリンク

全ての記憶

ここからは私の考えた「霊」についてです。

DNAはこの地球に生まれた人々の歴史です。
そして霊とは、1人の人の魂の記憶の歴史ではないかと思います。

魂の記憶は、この地球の記憶だけではありません。
これまで生きてきた前世の全ての記憶です。
前世というのはこの世界より前の地球の世界での記憶か、別の惑星で生きた記憶になります。

ただし、私達はその記憶は今はまだ思い出せません。
この世界に閉じ込められている状態だからです。

しかし今は思い出せないだけで、1人1人はちゃんと霊をもって生きているので、その記憶はあるのです。
それはDNAとはちょっと違います。

DNAを持って生まれてきた人は全ての先祖の繋がりのデータを持っていますが、
DNAは物質的な肉体の歴史だけで、それ自体には意識も記憶もありません。
そこに全ての記憶である霊がインストールされて、はじめて人間になるのです。

霊と肉体と魂の関係をパソコンに例えるとわかりやすいです。
パソコンの本体が肉体(DNA)で、データが霊、OSが魂です。
本体はそれまでの機器のテクノロジーを受け継いで、時代と共に進化します。
データはどんどん増えていきます。
OSは本体とデータを結びつけてパソコンを動かします。
そして本体や扱うデータに合わせて進化させる必要があります。

守護霊はDNAなのかもしれない

ここからはちょっと頭が混乱して火が出そうになるくらい複雑なイメージなのですが(私だけ?)、頑張ってついてきてください。

霊というと、日本ではよく守護霊などといいますよね。
私はその守護霊にはやっぱり幽霊のようなものとは違うイメージがありました。

そしてDNAの中身(?)がわかってから、守護霊というものもわかったような気がします。

守護霊でよく聞くのはご先祖様です。
それはその人のDNAにご先祖様が組み込まれているからでしょう。
その組み込まれているご先祖様にも、1人1人の霊があります。

ご先祖様の霊とは、そのご先祖様の前世からの全ての記憶と意識です。
その記憶は1人1人のDNAに組み込まれているご先祖様の霊と結びついています。

その代々のご先祖様の誰かの霊が守護霊なのです、きっと。
特に強い意識の霊が見えているということです。

だからといって、そのご先祖様がついてきてずっと見守ってくれているということではないし、またご先祖様の魂がついてきているわけでもありません。

しかし1つの意識のかけらからでも、その人の全ての記憶にアクセスできるし、霊感が有る人はその意識と会話のように意思の疎通もできるのでしょう。

全てのご先祖様は地球で生きた人なので、魂は生まれ変わらずに今はまだ眠っているでしょう。
しかし生きていたときの全ての記憶や意識は、空間にあります。

だから誰でも自分のDNAに組み込まれたご先祖様の霊に繋がっているのです。
だからご先祖様に感謝しながら生きることは大切なことなのですね。

この宇宙の空間には全ての人の記憶と意識、つまり霊があるのです。
その霊はDNAと結びついているので、たとえば死んだ人の1つの細胞から1人の人間の肉体を再生できたとき、DNAと結びつく空間の霊を移行すれば記憶も全て元の人になります。

肉体にどうやって霊を移行するのか、その方法はわかりません。

今生きている自分の中に全ての先祖が存在し、その先祖の全ての霊が自分に交差しているようです。
このDNAと霊の関係をイメージで表すとすれば、織物の縦糸と横糸のように交差して組み合っているような感じです。

ここまで考えたとき、映画の「君の名は。」を思い出しました。

-科学, 聖書
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マイクロチップは獣の刻印なのか Vol.52

私たちがいるこの地球の世界はどこに向かっているのか。 2018年5月18日の「やりすぎ都市伝説」を見た感想は、こんな感じでした。 聖書をずっと読んでいる人はきっと、いよいよ「ヨハネの黙示録」にある獣の …

伊奘諾と伊邪那美の伝説とノアの大洪水 Vol.122

日本の神話には聖書が隠れているということを以前に書きました。 そうだとすると、伊奘諾(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)から生まれた神々についての神話の内容もやっぱり聖書を表している部分があると思えます …

ルシファーのシンボルの意味とは Vol.47

ルシファーはこの地球に人間を創造した遠い惑星の科学者です。 ですから、創造主の一人ということになります。 そのルシファーのシンボルはへびです。 なぜへびなのかというと、聖書の創世記に書いてあるからです …

悪魔の終わりのときの光と闇の目的は同じかもしれない Vol.184

聖書の「ヨハネの黙示録」には悪魔の終わりのときについてこう書かれています。 しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。 悪魔が、自分の時が短いのを知り、 激しい怒りをもって、 お前たちのところに下 …

最後の審判と地獄の存在について Vol.56

聖書では、天国の存在とともに地獄の存在も書かれています。 天国については、私が参考にしている「真実を告げる書」を含む「地球人は科学的に創造された」にもはっきりと書いてあります。 著者であるラエル氏が実 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)