Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について

キャッシュレスの波はどこに向かうのか Vol.112

投稿日:2019-07-12 更新日:

私は歴史が苦手だったので昔のことは詳しくわかりませんが、お金や貨幣という存在が作られる以前は、人間は物々交換をしていたと思います。

しかし私は、「はじめ人間ギャートルズ」というアニメで巨大な石の硬貨を転がしている場面を見た影響で、原始時代はあんな大きいお金だったのかと子供ながらに考えていましたけど。
それはきっと違うんですね。(当たり前?)

ところで物々交換と貨幣経済では、貨幣経済の方が進歩した方法でしょう。
こういった価値の交換方法は、人類の進歩とともにさらに変わっていくのだと思います。

スポンサーリンク

スタイルが変わってもお金はお金

最近では仮想通貨や暗号通貨、電子マネーなどというように、現金を使わずにお金を利用する方法があります。
とはいえ電子マネーはチャージするために現金を使うことはありますね。

ですが、いくら貨幣を利用するスタイルが変わって未来的な感じになったとしても、資本主義や貨幣経済であることには何の変わりもないです。
仮想通貨や暗号通貨ならば、誰もがみんな平等にお金が手に入るなんていうことは無いですよね。

むしろ所有しているお金は今までと変わらないのに、データ化したお金は現金を財布から出してお金を払うよりも軽い気持ちでお金をどんどん使ってしまいそうで怖いです。
払った感覚が無いためです。

結局ほとんどの人々は、仮想通貨でも暗号通貨でも電子マネーでも、自分で使うお金は自分で頑張って労働して手に入れるしかないのです。
それが現在のこのピラミッド型の社会の仕組みだからです。

キャッシュレスの先を考えてみる

貨幣経済が続く限り、この世の中の仕組みはなかなか変わらないでしょう。

ですが現在の貨幣経済がこのままこれからもずっと続くとは限りません。
もしかするともうすぐ変化が起きることも考えられます。

そのきっかけは、今普及してきている仮想通貨や電子マネーのようなデータ化しているお金になるかもしれないです。
え?でもさっき仮想通貨や電子マネーも結局は同じだと書いたのでは?と思いますよね。

どういうことかというと、少し想像してみると何となくわかると思います。
まず、現在の現金を使わない生活を考えてみて下さい。

例えばコンビニやスーパーやレストランなどのお店で買い物や食事をしたとき、電子マネーやICカード払いで払うとします。
そこでは現金のやりとりは行われませんよね。

お店の店員さんは、いちいちお客さんが来る度に現金を貰わなくても働いています。
きちんと給料がもらえるからです。

つまり、私たちは欲しい物を手に入れる際に現金を使う必要がありません。

え?でも商品の代金は払うでしょ?と思いますよね。
そうです、もちろんお金は払う必要があります。
今のところは。
だからクレジットカードや電子マネーなどで払います。

次に、コンビニやお店などに商品を届ける仕事があります。
その人はコンビニに商品を届けたとき、お店から現金でお金をもらうでしょうか?
たぶん、直接は貰いませんよね。
伝票などで記録しておいて後で清算されます。
ですからここでもお金のやりとりは必要ありません。

さらに、その商品を届ける人は頑張ってトラックを運転して来ますが、トラックの燃料などはクレジットカードや電子マネーで支払えば現金はいりません。
高速道路もETCを利用すれば後払いなので現金はいりません。
きっと後で会社が精算してくれます。

次は、お店に納品するための商品の製造です。
殆どのものは工場などで大量生産されています。

工場で商品を生産するために、直接現金は必要ないですね。
ロボットや機械は現金で動くのではなく、燃料や電気で動くのです。
その燃料や電気代は使う度に払うのではなくて、やっぱり後払いでしょう。

もちろん工場で働く人も、多くの人は仕事をする日に現金を貰わなくても仕事をします。
給料日には給料が口座に支払われるからです。

何が言いたいのか、ここまで説明したことでわかってきた方もいるかもしれませんが、この世界のシステムの中で、お金の流れが実際に目で見えない時点で、お金という存在の意味がよくわからなくなっています。

その理由は、お金を払う価値のある物を手に入れたりサービスを受けたときに、後払いや現金以外のもので支払いができるからです。
それは形だけの支払いで、実際に現金を使ってはいません。
つまり、現金でのお金の流れが無くても人間は生活できているのです。

もちろん今はお金がないと物が買えないし、生活できないため、お金は生きるために必要です。
しかし、現金を使わなくなってきたおかげで、お金という存在に疑問を持つことができました。

このことを考えたとき、こんな考えが浮かびました。
お金という存在が無くてもこの世界は動いていくのでは?と。

むしろ、お金があるせいで本当の心からのサービスや労働というものが少なくなっています。
みんながお金のために働いているからです。

お金の存在があるため、欲しいものを買ったりサービスを受ける行動の間に余計なアクションが入って面倒です。

そのための人件費がかかったり。
本末転倒な気もします。

つまりお金という存在は、昔は物々交換に比べて画期的でしたが、現在では大多数の人を疲弊させるだけのものなのです。

お金という貨幣経済を必要としているのは、人々を支配している人や、お金というものに目がくらんでいる一部の人たちだけなのだと思います。

ほとんどの人は、お金で価値を交換する貨幣経済は必要ないのです。

お金が存在しない世界

先に書いた商品の流れの中に、もしお金の支払いというものが存在しなかったらどうなるでしょう?
お金という存在が無かったとしたら。

お店で欲しい物を買うときは、お金で買うのではなく持ち帰るだけでいいし、何かのサービスを受けるときもサービスを受けるだけです。

そうなればきっとお店で働く人や運搬する人、工場で働く人はいなくなるでしょう。
だって給料をもらうために働いていたのですから。

お金のためなんかではなく、その仕事が本当に好きでしていた人はお金がもらえなくても続けるでしょう。
でも、お店で働くのが本当に心から好きな人っていますか?
殆どのお店は無人になるでしょう。

お店の商品の在庫管理などはAIによる管理で自動化されます。
商品の運搬や搬入も自動運転の車とロボットで全て行えます。
製品を製造する工場もAIによる管理でほぼ無人で稼働していくでしょう。

自動運転や工場のロボットの稼働のためのエネルギーには太陽光発電やその他の新しいエネルギーが使われるため、半永久的に動きます。
そして自動運転のトラックや工場の機械やロボットのメンテナンスもAIとメンテナンス用のロボットが行なっていきます。

作る商品が食品なら、原料になる食材の生産が必要です。
もちろん農業もどんどん自動化され、人間が作業する必要はほとんど無くなっていくでしょう。

全自動化された畑で作られた農産物は、誰でも自由に必要なときに必要な分だけ持っていけます。
コンビニなどのお店に置いてある物も、必要なときに必要な物を持っていく事ができます。

しかしそれだと泥棒や独り占めしようとする人が出てきそうだと思いますか?
でも、お金がなくて盗んでいた人は、その世界では盗むことにはならず、他の人と同じく必要なものを持っていくだけになります。

独り占めしようと沢山持っていく人は、何のために持っていくのでしょう?
家族が多いなら、それは独り占めではありませんよね。
たくさん物を持っていったとしても、お金というものがない世界では、「売る」という概念が無いため、意味がありません。

だから必要以上に持っていく意味がなくなります。

そうすると、需要と供給のバランスが取れていき、過剰に生産して余ることも無くなります。

こうなると基本的な生活の心配はなくなりますね。

お金という概念がなくなると、物を所有する意味も変わっていきます。

車などの乗り物は自分で所有する必要はなく、公共の駐車場にあるものをどれでも使えるようにすればいいです。
無料のレンタルやシェアのような感じです。

ただ、車が趣味で自分で所有したい人が持つだけです。

自分が使っている乗り物は公共の駐車場にまだ戻さず、使い終わったら戻せばいいのです。
そして公共の駐車場にある乗り物は、整備のロボットなどがいつも点検整備しておいてくれるため、いつでも快適に利用できるようになっています。

もしこんな世界が現実になったら、人間がする仕事がなくなってしまうと思うかもしれませんが、そもそもお金が存在しない世界だとしたら、お金を稼ぐためだけのつらい仕事をする必要はないのです。

その代わりに、夢中になるくらいワクワクする事や、ずっとしてみたかった事をすればいいのです。
何をすればいいかわからなければ、とにかく何でもやってみればいいのです。

新しい料理を考えたり、服のデザインを考えたり、便利なシステムを開発したり。
絵や本を書くのもいいですね。
得意なことを教えるのもいいと思います。

それが一人一人の仕事になるのです。

さらに、泥棒や詐欺という犯罪は無くなります。
そのような犯罪はほとんどがお金が目的ですから。

盗むお金自体は存在しないし、物を盗むという概念もなくなるでしょう。
必要以上に物を持って行っても、売るという概念もなくなるからです。
つまり、全ての物が公共の物になるのです。

このようにお金というものがなくなると、高価な物を所有する意味が無くなり、多くのものは公共のものでみんなの物という概念になっていくでしょう。

このような世界は、実は宇宙にはたくさん存在しているでしょう。
私がそう思う理由は、「アミ 小さな宇宙人」の中で紹介されていた惑星の中にこんな世界があったからです。

もしもその惑星の話が作り話だとしても、その世界を作り出すことは不可能なことではないと思えるような仕組みになっていました。

実現するかしないかは私達の意識次第

このような世界の実現は難しいのではないかと思っている方が多いと思いますが、それほど非現実的ということでもありません。

現在でも様々なことが自動化され、無人化されているからです。
これからもどんどん進んでいくでしょう。
逆行はないです。

しかし、こういったシステムの自動化や無人化とお金の存在がなくなるのは別の話です。
どれだけ技術が進んでも、お金が存在する限り、そのシステムの中でどうお金をやりとりするかが開発されていくだけです。

ではどうすればお金の存在しない世界に変わるのでしょう。

現在の世界の状態を考えると難しいかもしれませんが、一人一人の意識次第で、変わることは不可能ではないと思います。

どんなことを意識すればいいかというと、必要以上に所有しようとしないことです。

6:7わたしたちは、何ひとつ持たないでこの世にきた。また、何ひとつ持たないでこの世を去って行く。 6:8ただ衣食があれば、それで足れりとすべきである。

(「テモテへの第一の手紙」6章7節、8節より)

今の私たちは、生きていくために必要なものがあったりと十分に満足できているはずなのに、もっと欲しいという欲がどんどん出てきます。

その原因の一つは、現状の満たされている自分を意識するより、周りを見すぎて比べてしまったり、周りの人より上に行きたいと考えてしまうからです。

実は、誰もが一人一人違った才能を持っているはずなのです。
周りと比べることの無意味さと、今の自分にしかできないことに目を向けるようにすることで、今まで自分でも気づかなかった才能に気づくことができるかもしれません。

それが、お金のない世界での私たちの仕事です。
自分のしたいことや好きな事をすることで喜んでくれる人がいる、助かる人がいるというだけで十分ではないですか?

スポンサーリンク

-世の中について
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不正は続かないし明らかになる理由 Vol.173

アメリカ合衆国の大統領選挙では不正があったという情報がいくつも出てきています。 これが事実かどうかはわかりませんが、もし本当だとすれば隠し続けることは難しいでしょう。 なぜかというと、今回の大統領選挙 …

悪い宇宙人は存在するのか Vol.65

私たちの世界では、宇宙人がいるとかいないとかの噂が昔からありますよね。 その宇宙人にも何種類かいて、都市伝説界ではグレイタイプのものやレプティリアンなどが有名です。 私が小さい頃は、宇宙人といえばタコ …

宇宙文明には物質を消す技術がある Vol.109

やりすぎ都市伝説のラインライブの中で関氏が言っていた事で気になっているのが、建物の中の人を「蒸発させて消す」技術がすでに軍事的な技術では使われているということです。 実際にそんな技術が使われているかど …

地球の新しい世界とはどんな世界か Vol.83

現在の地球は、もうすぐ新しい世界になると様々なところで言われています。 ですのでこれは多分、確実な証拠は無くてもかなりの確率でその通りなのでしょう。 私もそう思っています。 ただ具体的にどんな風に新し …

風の時代とは自由が大きくなる時代 Vol.180

この地球は水瓶座の時代に入っているといわれていますが、それは占星術的なものやスピリチュアル的な視点からのものだけではありません。 実際にこの地球は物理的に水瓶座の時代に入っていることは以前にも書きまし …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)