Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

聖書 都市伝説

宇宙の言葉は蛇の声のようなものかもしれない Vol.69

投稿日:2018-09-19 更新日:

宇宙の言葉の中には、もしかすると蛇の声のようなものもあるのではないかと思います。

なぜそう思うかというと、「アミ 小さな宇宙人」の中で、アミとアミのお母さんが話している時、地球人のペドゥリートが聞き取れない声で2人が話していた場面があるからです。

その声とは、ペドゥリートによればシューシューという蒸気のような音だそうです。
これを読んだとき、そういえばアミの円盤で聞かせてもらった音楽にも、蒸気機関車のような音の歌声の曲があったことを思い出しました。

その声についてペドゥリートが、蒸気機関車みたいな音だね、とアミに言ったら、素晴らしい歌手の歌声を蒸気機関車の音に例えるなんて失礼だと怒っていました。

このことから、宇宙には蒸気機関車のような、地球の私達にはシューシューという感じに聞こえる言葉があるんだなと思ったのです。

スポンサーリンク

宇宙の共通言語?

アミは、ペドゥリートに会うときはいつも翻訳機を使って話すので、アミが自分の惑星の言葉で話しても、シューシューとは聞こえません。
でも本当はシューシューと話しているのだと思います。

というより、アミによれば宇宙の進んだ文明の人同士ではみんなテレパシーで話すそうです。
何かの理由で声を出すときには、蒸気のようなのかも知れませんね。

それにペドゥリートがアミの本当の名前を知りたがったとき、アミは、教えたいけど地球にはその発音が無いために教えられないと言っていました。

だからペドゥリートは、友達という意味の「アミーゴ」から「アミ」と呼ぶことにしたのです。

アミは地球の人間やあらゆる生命を創造した創造主の惑星の住人ではないと思います。
ただ、地球のような、宇宙の中での未開の文明の惑星の進歩を助ける仕事をしています。

ですが、もしかするとアミの惑星の言葉と、私達の創造主の惑星の言葉は似ているのかも知れません。
その理由は、アダムとイブを誘惑したルシファーが蛇に喩えられるからです。
ルシファーは創造主の惑星の住人ですから。

蛇に喩えた理由は色々と考えられるのですが、その一つとして、話し声もあるのではないかと思います。

もし、アミの惑星の言葉と私達の創造主の言葉が似ているとしたら、宇宙の中の進んだ文明の惑星の言葉はみんな同じような言葉の可能性も考えられます。

それからこれはハリーポッターの話ですが、ハリーポッターは蛇語が話せます。
元々はヴォルデモートの能力だそうですが、ヴォルデモートは悪魔を連想させるので、サタンと繋がります。
そう捉えると、ここでも蛇語は創造主の言葉と繋がっているのではと思えます。

しかし、今回の事は全て「アミ」や「地球人は科学的に創造された」など、事実とは証明できないものを元にした考えですから、何の確信もありません。
ただの私の思いつきです。
すみません。

とはいえ、聖書や伝説などの昔からの言い伝えはどこかで繋がっています。
どうしてそうなったのかを考えるとあり得ない状況も出てきますが、きっとその中には真実も隠れていると思います。

-聖書, 都市伝説
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最後の審判と地獄の存在について Vol.56

聖書では、天国の存在とともに地獄の存在も書かれています。 天国については、私が参考にしている「真実を告げる書」を含む「地球人は科学的に創造された」にもはっきりと書いてあります。 著者であるラエル氏が実 …

復活の真実。肉体の復活は本当にある Vol.36

今回は肉体の復活について書いていきます。 ちなみに、今回の記事も「真実を告げる書」をもとにした私の考えですので、信じるか信じないかはみなさんの自由です。 聖書には天国で永遠の命を与えられるというものが …

ルシファーのシンボルの意味とは Vol.47

ルシファーはこの地球に人間を創造した遠い惑星の科学者です。 ですから、創造主の一人ということになります。 そのルシファーのシンボルはへびです。 なぜへびなのかというと、聖書の創世記に書いてあるからです …

光の子と闇の子の戦いとは何か Vol.188

Qプランでよく語られているのが光側と闇側の戦いです。 といっても今の世の中で起こることは光と闇のどちらの出来事なのかが区別しにくくなっています。 光とは聖書でいえば神に従う考えや行動で、闇とはサタンを …

やりすぎ都市伝説で伝えられたメッセージ Vol.148

先日の2020年4月29日にやりすぎ都市伝説が放送されました。 今回はウイルスの感染予防対策のため、関氏のコーナーは取材などは無しでセキルバーグカフェからのリモート出演でした。 過去の放送の映像も交え …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)