Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

キリスト 世の中について 科学 聖書

地球が自滅するかしないかは私たち次第 Vol.80

投稿日:2018-12-12 更新日:

聖書は、現在の世界で生きる人間のために書かれたものです。

そしてこの世界から新しい世界に入るための事が書かれたものなので、この世界が終わって地球が新しい世界になったときには、もう聖書は必要なくなります。

それは聖書に従わなくて良いという意味ではなく、新しい世界とは聖書でいう「天の御国」が来た状態だからです。
それが聖書の最終的な目的です。

その中で、最後の書物になる「ヨハネの黙示録」にはについて書かれています。
獣とはこの世界の特定の誰かを指しているのではなく、科学が進歩し、核など自分たちの惑星が自滅するほどの武器が使用できる状態にある現在の人間のことです。

聖書には事実や実際に起こりうることが書かれています。

事実は聖書が書かれた時点で起こった事ですが、まだ起こっていないことで未来に起こる恐れがあることは、警告として書かれていたり、希望として書かれています。

しかしそれは単なる予言のような、本当に起こるかどうかわからないような予想ではありません。
かなりの確率で実際に起こることが予測として書いてあるのです。

スポンサーリンク

聖書は人類の医学書のようなもの

なぜ、聖書を書かせた創造主にはこんなことがわかるのでしょう。
それは人類を作った創造主は、地球の人類以外にも他の惑星のたくさんの人類の歴史を知っているからです。

例えば、たくさんの人の体を診察しているお医者さんは、ある一人の人の体の症状を見て、その原因を簡単に予想することができます。
その患者さんにとっては初めての症状だとしても、お医者さんは他のたくさんの人を診察しているからです。

つまり、人類はこの地球の人間だけではないのです。
それどころか、宇宙には遥か昔から科学的にとても進歩した惑星がたくさんあり、中には残念ながら最後の時代に自滅してしまった惑星もあります。
もちろん自滅せず無事に新しい世界に移行できた惑星もたくさんあります。

科学的にとても進歩した現在の地球は今まさに、この最後の段階に入っていると言えます。
どちらの道をたどるのかは、誰にもわかりません。
創造主でさえもです。

ですが、創造主や他の宇宙文明の多くの仲間が、この最後の段階にある地球を見守っています。
まるで危険なリスクのある出産を見守る家族のようにです。
しかし家族には、見守ることしかできません。
頑張るのは妊婦さんと赤ちゃんなのです。

もちろん創造主や宇宙の仲間からすれば、無事にこのまま新しい世界に移行できることが一番ですが、同じように見守ることしかできないのです。
当事者は今地球に肉体をもって生きている私たちだからです。

そのために今何が大切かというと、一番は自滅しないことです。
今はそれだけです。
自滅してしまったら終わりです。
自滅せず無事に新しい世界に移行できれば何でもできるようになるので、とりあえず自滅しないようにすることが最優先です。

自滅の原因はいくつもあり、今は本当に油断できない状態です。
たとえば核兵器を使った戦争です。
また核兵器がなくても、核自体があればたくさんの危険は伴います。

現時点でも地球全体が自滅するほどの武器や軍備、核施設はあちこちにあります。
いつでも自滅できる用意はできているのです。
でも自滅していないのは、人間が全て滅びるくらいの攻撃に使用していないからです。
つまり人間の意思ですよね。

地球の未来は今の地球に生きている人の意識次第で、どちらにもなりうるのです。

妊婦さんが無事に出産できるように、お医者さんは体重の管理やその他たくさんのアドバイスをしてくれますよね。
同じように創造主や他の宇宙の仲間たちは、出来るだけのアドバイスをメッセージとして地球に送ってくれています。

スポンサーリンク

世界が変わるために一人ができること

一人が何かをしても無駄だし、何も変わらないと思いますか?
だから何もしなくても同じだと。

しかし、今の世の中を変えたい、全ての人が幸せになれる世界に住みたいという気持ちが多くの人の中にあるなら、まだまだ変わる希望はあります。
あきらめて何もしないのと、幸せな世界にしたいという希望を持ちながら何もできないでいるのは同じように見えますが、心に大きな違いがあります。

希望を持ちながらも何もできない人は、何かのきっかけがあればすぐに行動できるからです。
実際に、世の中には悪い人よりも良い人の方が断然多いと思います。
道で困っている人がいたら、助けてあげる人は多いはずです。
助けてあげたいけど行動に移せないだけの人も多いでしょう。

何もできない理由は、自分には何もできないと思い込んでいるだけです。

では具体的にどうすればいいのか。
デモを起こしたり集会をしたりと、大きなことをする必要はありません。

今、自分は本当はどうしたいのかをよく考えることです。
この世界でどうなりたいのか。
何をしたいのか。
昔から興味があった事であきらめてしまったことなど。
それが、世界を変えるきっかけになるかもしれないのです。

誰かと比べたり競って勝ちたいことではなく、誰かに勧められたことや親に決められたことでもありません。
あなたが本当に素直に心からしたいことです。

人が心から本当にしたいと思うことで悪いことはないと思います。

小さなことでもいいのです。
今日、今の瞬間に何をしたいのかを考えることが、しだいに本当にあなたがしたいこと、なりたいことにつながるからです。
紅茶よりコーヒーが飲みたい、などでもいいです。

そんなことが世界を変えるきっかけになるわけがないように思えますが、たくさんの人が自分の心地よいことを感知できるようになることが重要です。

自分の小さな欲求に応えられるようになると、近くの誰かの願いも素直に聞いてあげられるようになり、人が人に優しくなれるのです。
こんな人が世界中にどんどん増えていくことが大切なのです。
そうすると誰も争いを起こしたいと思う人がいなくなるからです。

これはイエスの言った「隣人を愛する」ことの実践です。

これが現実になってくると、世界を動かす立場の人も変わるはずです。
その人を選ぶのは私たち一般の国民だからです。
目先の利益だけで選ぶことはもうなくなっていき、人々が本当に必要だと思える人が選ばれるようになるでしょう。

そんな世界が訪れるためには、今日の今から、一人ひとりが自分の小さな欲求に気づいて実行していくことです。

-キリスト, 世の中について, 科学, 聖書
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

666をシンボルにすることにはどういう意味があるのか Vol.107

都市伝説や陰謀論などでは、666は悪魔の数字だといわれています。 666は人間を指す獣の数字ですが、そこには悪魔崇拝の意味も込められているようです。 また、18も6×3で666と同じ意味だと言われてい …

地球が滅亡しないために今の私たちがするべきこと Vol.60

私たちの幸せな世界とはどんなものだと思いますか? 自由がある世界? 争いの無い世界? 子供たちが安心して暮らせる世界? もちろんこのような世界は人々が幸せに生きるために必要な条件です。 ただ、上に挙げ …

宇宙のテクノロジーを伝授されるための条件 Vol.84

この地球が無事に新しい世界に移行したときは、現在の地球とは比べものにならないくらい一気にテクノロジーが進むでしょう。 なぜなら、宇宙の進んだ文明の仲間入りをすると、進んだ文明のテクノロジーを宇宙の仲間 …

携挙はあるのか Vol.50

聖書を読んでいる方やキリスト教徒の方は、「携挙」というものを知っていると思います。 私は聖書を読むずっと前に、一度その光景が浮かぶような物語を読んだことがあるので、何となく知っていました。 その物語と …

獣の刻印とは、今はまだ無くこれから現れるもの Vol.95

私はこれまで何度か、ヨハネの黙示録にある「獣の刻印」について、それが何を表すのか考えました。 関連記事: ●マイクロチップは獣の刻印なのか Vol.52 ●獣の刻印とは何か。神による印から考えてみまし …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)