Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書 科学 都市伝説

シャンバラと極楽浄土 Vol.93

投稿日:2019-03-13 更新日:

都市伝説やオカルトが好きな方は、シャンバラという名前を聞いたことがあると思います。
とても詳しい方も多いでしょう。

シャンバラはヒンドゥー教や仏教に伝わる伝説の理想郷で、この地球の内部にある世界だともいわれます。

実際に行ったという人の体験談もあり、ただの伝説ではなく実在する場所の可能性もあります。
ナチスのヒトラーは、極秘でシャンバラの入り口を探していたと言われています。

しかし、実在するのかしないのかもはっきりしない場所を軍をあげて探索するのは、軍の人たちのやる気や真剣さが維持できないと思うので、ヒトラーにはシャンバラが存在しているというかなりの確信や証拠があったのでしょう。

また、ヒトラーは現在はシャンバラにいるという噂もあります。
とはいえ、これらの話はどれも言い伝えやただの伝説なので、真実かどうかはわかりません。

こういうことからも、誰かが真実を語っているとしても、それを聞いている人は信じるかどうかというだけで、それが事実かどうかは実際に自分の目で確かめるまでは誰にもわからないのだなと感じます。

むしろ実際にその世界を見て体験してみれば、釈迦が語ったことでさえ、全くの単なる事実だったとわかるのかもしれません。

スポンサーリンク

シャンバラは実在するか

私が初めてシャンバラという存在を知ったのは、2011年の大震災の後、放射能について調べていたときです。
震災後に放射能について調べた理由は、子供達を守りたいと思ったからです。

なぜか放射能の情報からコルマンインデックスに辿り着き、アセンションなどどんどんオカルトチックで都市伝説的な情報やスピリチュアルな情報を見るようになりました。

その中にシャンバラについての情報もあったのです。
チャネリングでシャンバラやアガルタの人と通信しているという人のブログを読んだりもしました。

そのため、私の中ではシャンバラは今はまだ行くことはできないけど多分実在するだろうという認識になっていました。

ですので昔から言い伝えられている極楽浄土や伝説のユートピアなどは、もしかすると全てがシャンバラのことなのではないかと考えていました。
実際に行くことはとても難しいけど、ほぼ実在するという認識です。

シャンバラは極楽浄土?


シャンバラを極楽浄土だと考えて探し求めている人たちがいたのは本当だと思います。

しかし、聖書と「地球人は科学的に創造された」と「アミ 小さな宇宙人」シリーズを読んで、シャンバラは実在するだろうし、伝説のユートピアや極楽浄土はシャンバラでもあるけどシャンバラではないとも思いました。

ん?こんがらがってきました。

シャンバラはきっと、確かに地球の内部に存在している都市です。
そこは言い伝えにあるようなユートピアや極楽浄土のような場所でしょう。
そこに住んでいる人々は、宇宙の中での進んだ文明の人々です。
しかし私達人間よりも昔から住んでいるので、その人達は人間より古い地球人です。

進んだ宇宙の文明の人達が住む場所は、きっとどこでも極楽浄土のような場所にできるのです。
例えばアニメのドラえもんで、どこかの何も無い場所で過ごす事になったとき、ドラえもんが快適に過ごせるための未来のひみつ道具を出してくれますよね。

私はいつも、あんなものがあったらいいなと思って見てます。

宇宙の進んだ文明の人々をわかりやすくいうと、ドラえもんというロボットやひみつ道具が作られるくらいの進んだ科学も使える人々なのです。
ただし、進んだ科学を使うには精神も進歩している必要があります。

その技術を手に入れたなら使い方は自由ですが、全くの良心次第ということになるのです。
進んだ科学には便利さと快適さを実現できる反面、使い方によっては文明が滅亡する力もあるからです。

つまり、シャンバラの人々は精神的にも進歩している人々なのです。

宇宙の進んだ文明の人々が、例えば地球の内部に住むことを決めたらそこを極楽浄土のような環境にできるのです。
また、わざわざその場所を極楽浄土に変えなくても、快適な宇宙船を設置することもできるのです。

今の私達人間も、何もない荒れた土地を見つけてそこに住むとしたら、そこに何も無いからと原始的な生活はしませんよね。
必要な物を用意して現時点での人間の先進的で快適な生活ができるように環境を整えることができます。

その最新のテクノロジーがかなり進んでいるだけです。
しかし進んだ文明の人々にとっては普通のことです。

スポンサーリンク

極楽浄土が出現するとき

地球の内部になぜシャンバラが存在するのかは、今の地球の私達には理解するのは難しいと思います。
簡単にいえば、この地球を見守るためです。
といっても地震や災害が起きたときに助けてくれるわけではありません。

何を見守っているのかというと、地球と人間の進歩をです。
この地球と人間たちの進歩は今、宇宙の中でもとても興味を持たれている状況なのです。
まるでもうすぐ出産する妊婦さんを家族やお医者さんが見守るようにです。

シャンバラの人々も私達を見守っているでしょう。

その理由は、もうすぐ地球の人々も新しい文明の仲間入りをするかもしれないからです。
しかし、現時点ではまだどうなるか誰にもわかりません。
新しい文明に移行するか自滅するか。

シャンバラの人々も宇宙の仲間も見守ることしかできません。
直接介入して私達の進歩を助けることはできないのです。

多くの人がこの事に気付いて無事に新しい文明になったとき、それまで見守っていた宇宙の仲間や創造主、シャンバラの人々に会えるでしょう。

その時には、すでにある宇宙の進んだ科学技術が伝授され、この地球上にユートピアや極楽浄土のような世界が実現します。

スポンサーリンク

-真実を告げる書, 科学, 都市伝説
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幽霊の正体と悪霊の存在について Vol.72

ハロウィーンが近づいているのと今回の話題とは関係ないです。 でももしかすると関係あるかもしれません。 皆さんは、幽霊などの存在を信じていますか? もしかしたら見えますか? 私には霊感が全くないので、い …

恐竜がいなくなった本当の原因。創造主が二度と人間を滅ぼさないと決めた理由 Vol.14

この記事は「真実を告げる書」を参考にして、私なりの考えを書いたものです。 信じるか信じないかは読者の皆さんの自由です。 今回の記事はこちらの記事の続きになります。 関連記事:ノアの方舟の驚きの真実。大 …

宇宙のテクノロジーを伝授されるための条件 Vol.84

この地球が無事に新しい世界に移行したときは、現在の地球とは比べものにならないくらい一気にテクノロジーが進むでしょう。 なぜなら、宇宙の進んだ文明の仲間入りをすると、進んだ文明のテクノロジーを宇宙の仲間 …

風の時代とは自由が大きくなる時代 Vol.180

この地球は水瓶座の時代に入っているといわれていますが、それは占星術的なものやスピリチュアル的な視点からのものだけではありません。 実際にこの地球は物理的に水瓶座の時代に入っていることは以前にも書きまし …

伊奘諾と伊邪那美の伝説とノアの大洪水 Vol.122

日本の神話には聖書が隠れているということを以前に書きました。 そうだとすると、伊奘諾(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)から生まれた神々についての神話の内容もやっぱり聖書を表している部分があると思えます …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)