Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書 聖書

聖書の中の創造主とは誰なのか Vol.5

投稿日:2017-06-07 更新日:

私が「真実を告げる書」を読み始める前は、はっきり言ってよくある都市伝説レベルの本だと思ってました。
でも私には、とにかく聖書の内容を自分の中できちんと理解したいと思っていろいろなサイトを見ていたので、どんな情報でも得たいと思い、その中で見つけたこの書籍も読み始めました。

すると、その中には聖書の内容どころか、今のこの世界についてのことがわかるような内容が書かれていたんです。

内容によっては今までの生き方を否定されるような気がしてしまう方もいると思います。
一度に全てを理解しようとすると頭がパンクしてしまうかもしれません。
私も途中まで読んで、あとは流して読んでましたから。

一通り読んで私が感じたことは、聖書の内容は全て真実だということです。

たとえ話のように感じる部分も、全て本当に起こったことで、それをその時代の人たちが理解できるように書かれているだけなんです。

何が真実で何がウソかなんて、はっきり言って証明できません。
政府が発表したことなら真実だといえるのか?
いえ、今の世の中のことを考えたら、私は素直に信じられません。
だから自分の感覚や直感を信じるしかないです。
そして私はこの「真実を告げる書」は全てとは言い切れませんが、真実が多く含まれていると感じました。

神様の不思議な力だと思われることは、現代の地球の科学ではまだ到達していないだけの、科学の力によるものです。
これは私は「アミ 小さな宇宙人」を読んで、そんなこともあるということは知識として知っていたので信じられます。

私たちを見守っている創造主

この地球上の人間やすべての生き物や植物は、この「真実を告げる書」に登場する宇宙から来た人たちによって科学的に創られたのです。
もちろん、その人たちは世の中に伝えられているような神様ではありません。

宇宙人といっても、グレイといわれるいかにも宇宙人というタイプの宇宙人ではありません。
少し小さいけど、見た目は私たちと同じような姿かたちをしている人々です。

ただ、科学的にとても進んでいます。
今の地球の科学技術ではたどり着けないくらいの遠い星から来ています。
その人たちは地球上に生き物を創ったあとに、自分たちの姿に似せた人間を創りました。

そして創ってから、ずっと私たちを見守っているんです。
人間が創造されたときからずっと。
カメラとかそんなレベルではないと思います。
どうやって見守っているかは、今の私たちには想像できませんが、とても進んだ技術で見守っているようです。

そして自分たちが創造した地球の人々を、宇宙の創造主たちは、いろいろな気持ちで見ているんです。
ある人は自分の子供たちを見るように。
ある人はいつか自分たちを攻撃するくらいの科学技術を手に入れたらどうなるか、心配と警戒をしながら。

いつか創造主たちが公式に地球に姿を現したとき、地球の人たちが警戒や攻撃をすることなく、自分たちを創造したたちだと迎えてくれることを期待しています。

「真実を告げる書」はこちらからPDFでダウンロードして読めます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

-真実を告げる書, 聖書
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

物質文明は縄文時代の終わりと同時に突然始まったのかも知れない Vol.174

現在の地球は水瓶座の時代に入っていて、それによって今の物質文明が終わると言われます。 物質文明とは現在のこの世界のことで、物質的なことに価値を置く世界です。 例えば富や名声、学歴や出世などの競争社会で …

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

私はまだまだ聖書を読んでいる途中です。 ちゃんと読んだのはいまだに創世記の途中です。 はっきり言って進んでいませんが、「真実を告げる書」を読んで聖書の意味がわかったので、そこから逆に聖書の該当箇所を探 …

私たちが体験していることは本当に今のことなのか Vol.38

前回、アカシックレコードが実在するのではないかと思われることについて書きました。 関連記事:すべての人の記憶はある場所に保存されているかもしれない ちなみにこの情報は「真実を告げる書」からだけの情報で …

聖霊とは誰もが持っているもの Vol.133

聖書に書かれているもので、私がいまいちよく理解できなかったのが聖霊です。 霊については私なりに理解したつもりでしたが、霊とは基本的に違うものなのだと思います。 関連記事: 霊とは何なのか ところで霊に …

レプティリアンとは何か考えてみた Vol.183

最近の世界の出来事を見ていてちょっと気づいたというか、ひらめいた事があります。 レプティリアンという人間とは違う異星人といわれる存在についてです。 レプティリアンは爬虫類型宇宙人といわれる生命で、この …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)