Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

聖書

聖書の原典では神様はいなかった Vol.4

投稿日:2017-06-06 更新日:

「真実を告げる書」は、クロード・ボリロン・ラエル氏が宇宙人に遭遇し、その宇宙人からのメッセージを伝えるように依頼されて書いた書籍です。

宇宙人というところで普通の人から見たら怪しい臭いがしますよね。
まず、宇宙人が本当にいるのかが正式にはわかっていないのが現状なのに。
そんな次元を飛び越えてますから。

でも私は普通に宇宙人はいると思ってます。
見たことはありませんが、世の中のいろんな話を見たり聞いたりしていると、どうやらこれはいるだろうと思えます。
だから都市伝説も好きだし、肉体を持たない宇宙人のアシュタールも信じてます。

それから宇宙人から地球の人たちへ伝えてほしいという本を、以前に読んでいるというのもあります。
それは「アミ 小さな宇宙人」です。
そういうわけで、宇宙人から地球の人々に対するメッセージと言われたら、私はすんなりと受け入れられます。

この「真実を告げる書」を読むと、驚くことに聖書はすべてが本当のことだったんだとわかります。
もちろんノアの大洪水も本当だったようです。
それからソドムとゴモラの話も。
振り向いた妻が塩の柱になってしまった理由も。

全てがちゃんと科学的に説明できることだったんです。

聖書で「神様」といわれている存在は、聖書の原典では「エロヒム」と書かれているようです。

では「神様」と間違えて訳されてしまった人はいったい誰なのか?
「エロヒム」とは、ヘブライ語で「天空から来た人々」という意味です。
天空から来た人は、昔の人にとっては神様としか言えないから、神様と訳されてしまったんです。

聖書と宇宙人の関係

私は今まで聖書宇宙人は何の関係もないと思ってました。
聖書は人の生き方を説くための、たとえ話や作り話だと思ってたので。

でも、レオナルド・ダ・ヴィンチが伝えていることを読み解くものなどを見ると、なぜか宇宙人との関わりみたいなものや悪魔が出てくるんですよね。

そこがいつも不思議でした。
すごく現実主義っぽい、科学や医療の知識もあるダ・ヴィンチが伝えたいことってなんだろうと。

もしかしたらダ・ヴィンチはこういうことを知っていたのかもしれないです。

それから昔の遺跡などの壁画に描かれている飛行機のようなものや、UFOのようなものがあると言われたり。
これについては勘違いでは?と思ってましたが。

ところが、実は大いに関係があったんです。

そうなんです、エロヒムとは宇宙から来た人々だったのです。
それも聖書の中のことから言えば、大地や海を創り、人間を創造した宇宙人です。
もし現代なら、空から人が現れたら宇宙人や異星人と言いますよね。きっと。

「真実を告げる書」でもきちんとそのことが書かれています。

次回、もう少し詳しく紹介していきます。

「真実を告げる書」は、アマゾンでも買えますが、ネットで無料でダウンロードして読むこともできます。
気になる方は一度読んでみることをおすすめします。

こちらのページの「地球人は科学的に創造された」という書籍の中に「真実を告げる書」が収録されています。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

-聖書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

光の子と闇の子の戦いとは何か Vol.188

Qプランでよく語られているのが光側と闇側の戦いです。 といっても今の世の中で起こることは光と闇のどちらの出来事なのかが区別しにくくなっています。 光とは聖書でいえば神に従う考えや行動で、闇とはサタンを …

キリストの再臨とは何か Vol.137

イエスは今から約2000年前に生きていた人物ですが、そのイエスがこの世界の終わりのときに再臨するといわれています。 再臨とは再び現れるということです。 そんなことが本当に起こるのでしょうか。 イエスは …

万物を作っているものは振動している Vol.57

少し前に、この世界にあるものをこの世界での最小単位で見ると、全て同じものというか成分でできている可能性があるという記事を書きました。 もちろんその「もの」は人間の目には見えません。 その最小単位の成分 …

ダヴィンチの暗号。ダヴィンチは真実を知っていたのか Vol.63

レオナルド・ダ・ヴィンチは自身の作品に暗号を隠したと言われています。 その暗号とは、主に聖書やイエス・キリストについてです。 もう現在では広く知られ過ぎていて、暗号ではなくなっている気もしますが、今回 …

天使ラファエルの正体とは Vol.55

聖書には不思議な感じの天使が登場します。 ただし、これは外典や文学として扱われ、聖書として認められていないことが多いようです。 その天使は「トビト書」や「トビト記」に登場するラファエルという癒しの天使 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)