Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について

現金給付より人々の生活が安定するアイデア Vol.160

投稿日:2020-08-08 更新日:

以前、貨幣経済についての記事を書きました。

その中で書いた一つの案として、まずは生きるための基本的な衣食住は誰でも受けられるようにするというものがあります。

ちなみにこのアイデアは私の全くのオリジナルではありません。
「アミ 小さな宇宙人」で紹介されている、地球より進んだ争いのない文明の惑星で行われているものを参考にしたものです。
「アミ」シリーズは物語として出版されたものですから、本当のことかどうかはわかりませんが、その内容は私たちがやろうと思えば実践することが可能です。

それを実現する頃には世界が貨幣経済では無くなっているのが理想ですが、現在の世界の状態を見るとそれはまるで不可能のように感じてしまいます。

ちなみに貨幣経済ではなくなるということは何でも無料になるということとは少し違います。

そこでまず私は、現在の世界のままで最低限の衣食住を無料にすることを提案します。

しかしそれを実現するにはまだまだ課題があるので難しそうだとも感じています。
ただ、難しそうではありますが、全く不可能ではないとも思います。

スポンサーリンク

誰もが生きられる世界

基本的な衣食住を無料にすることが難しい大きな原因は、衣食住に関係する企業や生産者への利益が少なくなる恐れがあるからです。

そこで、衣食住を無料で提供した分の損失というか利益にならなくなった分をあらかじめ税金で企業や生産者へ補償するか、消費者が購入する時に無料にして、その金額を計算して税金で支払うようにするといいと思います。

ただし、無料になるのは生きるために最低限必要なものだけです。

例えばお米や野菜や卵やパン、あとは醤油や味噌、砂糖や塩などの調味料など。
このくらいあればとりあえず生きるための食糧は確保できますよね。
それからトイレットペーパーやティッシュなど。

他には基本的な服ととりあえず住める場所も、同じようにすればいいと思います。
服はなんとかできますが、住む場所の良いアイデアがはっきり浮かびません。
「住」が課題です。
でもみんなのアイデアを集めればきっと何か画期的なアイデアが出ると思います。

これは無料になるものは本当に基本的なものに限る上、税金で補償されるなら生産側としてはそれほど損失にならないかもしれません。

むしろこういった物は基本的に利益が小さいため、大量生産しないといけないのでかなり大変です。
ですからこれが実現するなら基本的な生活必需品は利益を得るための手段にしなければいいと思います。
そういったものを生産するのが好きな人は変わらず生産するのは自由です。

これならそれまで生産や販売をしていた人たちは仕事が無くなるわけではなく、取り敢えず補償されるので大丈夫でしょう。
そして次第に基本的な生活必需品の生産販売から、少し上等な品物を生産する方にシフトすればいいのです。

最低限以上の品物は無料ではないため、利益になります。
たとえば無料の基準の品質以上のお米や醤油などは有料で普通の店舗で購入するのです。

そうなった場合、こういった最低限の生活必需品の営利目的での生産や販売をやめ、国が全自動で生産できるようにするのも一つの案です。

これなら現金を配るよりも税金の使い道として十分意味のあるものではないでしょうか。
現金はなかなか給付されないとか、家族全員に回らない問題があったりしますから。
どちらが予算がかかるか私にはわかりませんが、この方が効率がいいし無駄がない気がします。

具体的にこの生活必需品をどう人々に供給するかというと、以前に書きましたが無料用の店舗を各地域に配置するのです。
コンビニの半分くらいのスペースの店舗をできるだけ細かく配置して誰にも行きわたるようにします。
無人販売の店舗という感じです。

利益は得ない無料の品物ですから、生産も運搬も在庫管理も全自動にすればいいと思います。
工場の無人化や自動運転での輸送と搬入、店舗はAIによる管理にするのです。
山奥などの地域へは無人ヘリやドローンを使えば便利です。

そしてその店舗からなら誰でも必要な分を自由に持って行くことができるようにします。

そうすると必要以上にもって行ってしまう人がいるのではないかと考えるかもしれませんが、余計に持って行っても余ってしまい、売ることもできず意味がないので誰も余計には持って行かないでしょう。

こうして基本的な生活が保障されることで、たとえ一時的に無職になったり収入が無くなったとしても生活ができるため、人々には安心感もあると思います。

その上で、生活の質をもっと向上させたい人はお金を使って自由に買い足していけばいいのです。

この案は貨幣経済を無くすための準備として考えてみた案ですが、これが実現するとむしろ経済も安定すると思います。
心に余裕ができた人々が、本当にやりたかったことにお金を使うことができるからです。

ですからこれを実現できるようになんとか私にもできる事はないかと考えています。
小さなきっかけがあればどんどん進むと思うのです。

これが実現すると、この世界は一気に変わっていけるのではないかと思っています。

関連記事:
貨幣経済に替わる仕組み Vol.142
キャッシュレスの波はどこに向かうのか Vol.112

スポンサーリンク

-世の中について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私たちは自滅を防ぐことができるか Vol.182

今、世界は大きく変化し始めているときです。 これを時代の変化という広い意味で捉える人もいると思いますが、その中でも現在の世界は現実的に変化しています。 しかし実際に見えている現象や出来事は、この世界の …

この世界ではなぜ人々の分断が起きているのか Vol.189

最近は世界で大きな変化が起こるという噂が多くなってきていて、いつ何が起こってもおかしくないという雰囲気もあります。 実際に何かが起これば、信じていた人々の間ではついにこの時が来た!と大歓声が上がると思 …

666をシンボルにすることにはどういう意味があるのか Vol.107

都市伝説や陰謀論などでは、666は悪魔の数字だといわれています。 666は人間を指す獣の数字ですが、そこには悪魔崇拝の意味も込められているようです。 また、18も6×3で666と同じ意味だと言われてい …

ニューワールドオーダー(新世界秩序)はなぜ作られようとしているのか Vol.67

この地球はもうすぐ新しい世界になる予定です。 この事は多分、地球に今の人間が創造されてから決まっていることです。 新しい世界とは、今都市伝説などで話題になっているニューワールドオーダーや新世界秩序とい …

真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16

私は聖書を理解するために、たくさんのサイトや動画を観ています。 聖書を理解したい理由は、都市伝説や陰謀論などを読んだり見たりしていると、聖書がたくさん登場するからです。 きっかけは都市伝説大好きなこの …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)