Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 科学 聖書

占いなどが聖書で禁止されている理由 Vol.151

投稿日:2020-05-26 更新日:

聖書では人間が行うことを禁止していることがあります。
それは占いや易者、魔法使い、呪文を唱えること、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことです。

18:9あなたの神、主が賜わる地にはいったならば、その国々の民の憎むべき事を習いおこなってはならない。 18:10あなたがたのうちに、自分のむすこ、娘を火に焼いてささげる者があってはならない。また占いをする者、卜者、易者、魔法使、 18:11呪文を唱える者、口寄せ、かんなぎ、死人に問うことをする者があってはならない。
(「申命記」18章9節~11節より)

自分の子供を焼いてささげるのを禁止するのは当たり前なので理解できます。

「占い」はそのまま占いであり、「卜者」と「易者」は占いを仕事にする人です。
この世界では当たり前のものになっていますが、これを禁止するのはどういうことでしょうか。

また「魔法使」はこの地球ではまだ公開されていないような宇宙のテクノロジーを使うことです。
魔法なんて使う人はいないようにも思えますが、すごいマジックをする人がそうなのかもしれません。

「呪文を唱える者」とは呪文ですから普通の言葉ではないことを唱えて何かをする人です。
「かんなぎ」は神と交信をしたり憑依させる仕事をする人のことで、神官や巫女などは神の言葉を受けて話すことがあると思うので、そういった人のことでしょう。

「口寄せ」と「死人に問う」のは死んだ人の霊と交信したり憑依させて話したりする人やすることです。
死んだ人の声を聞いて生きている人に伝えるというのはテレビでも一時期流行りましたね。

私はこのような人を見ても特別な能力をもった人もいるんだなーという感じで、聖書でこの部分を読むまでこれらが全く悪いことだとは知りませんでした。

ですが、なぜ聖書ではこれらを禁止しているのでしょうか。

スポンサーリンク

宇宙文明のテクノロジー

このようなオカルト的な技は嘘である可能性もありますが、もし本当に使っているとすれば宇宙の叡智を利用した技術である可能性があります。
それは前回書いた「知恵」につながるものです。

宇宙の叡智なら悪くないのではないかとも思えますが、宇宙文明の技は、今の人間だけの力で発見することも使いこなすことができるものでもないと私は思います。

預言者が「神」からテレパシーのようなもので呼びかけられることはありましたが、それは創造主から預言者として選ばれた人間だけです。

それらの力を使うことが許されて与えられた人は、創造主に選ばれた預言者やイエス、イエスの弟子たちだけでしょう。
それはその時代にそれらの技を使って人々に見せておく必要があったためです。

関連記事:キリストの奇跡は事実なのか Vol.29

ではなぜ現在そのような技を使える人がいるのかというと、まず考えられるのは前回書いた人間に知恵を与えた存在からのテクノロジーです。
ソロモン王に与えられた知恵を受け継いでいる人たちがいるのかもしれません。

もう一つは、それらの技を人間に与える事が許されている存在の仕業です。

サタンから与えられた力

宇宙文明の技の一部を人間に与える存在がいるとすれば、それはサタンです。
サタンは聖書で悪魔と言われたりしますが、サタンが悪魔なわけではありません。

サタンは創造主の惑星の人物で宇宙文明の存在です。
ただ、人間の創造にとても反対している存在で、人間の悪い部分をあぶり出す役割を与えられています。

ですからもちろんそれらの力を使うことはできるし、一部の力を人間に授けることもできると思います。
どうやって授けるかの具体的な方法はわかりませんが、欲のある人間に自分(サタン)を崇拝すれば世界を支配できる権利を与えるという感じで誘惑するのです。
しかしサタンは悪魔として人間の前に現れるだけでなく、神や天使のふりをすることもあるため、もしその技術と交換に自分を崇拝することを要求されても、その相手がサタンだとは気づかないで崇拝しているかもしれません。

そうしてサタンは人間の悪い部分をあぶり出し、創造主に報告して訴えています。

サタンはイエスほど多くの技を人間に授けることはせず、ほんの一部の力だけ与えているのでしょう。
その理由は、人間はまだ未熟で宇宙文明の技術を与えると危険だからです。
それでも地球の人間にとっては未知の不思議な力に思えるものでしょう。

つまり、創造主や宇宙文明の存在から伝授されていないのに宇宙文明の技術を本当に利用している人は、サタンの力を借りていることになります。

ですから占いや魔法のようなマジックはサタンからのテクノロジーの伝授の可能性があります。
だとすると最初に伝授された人は神や天使のふりをしたサタンを崇拝しているのかもしれません。
また、神と交信したり死人に問う人が交信している相手は本当の神や死人なのではなくて、恐らくサタンから出た存在です。
人間は死んだ人の残した意識を読み取ったり同調することはあるかもしれませんが、死人と直接交信することはできません。

では死人と交信しているように見える人は嘘なのかというと、嘘ではないと思います。
交信ではなく、死んだ人の記憶に直接アクセスできる人はいると思いますが、そうではなく自分の身体に「霊」を入れたりやりとりする人についてです。

そういった人たちは本当に何かと交信しているのです。
それは死んだ人の意識ではなく、サタンからの使いのようなものです。

しかし昔テレビで見たとき、死んだ人の家族しか知らないようなことを交信しながら伝えたりしていたので、私も信じて感動したりしていました。
そのときのやりとり自体は嘘ではないと思いますが、恐らく交信している相手は死んだ本人ではないのです。

ではなぜ本人しか知らないようなことを言えるのかというと、創造主たちはすべての人間の記憶をある場所に保存しているので、サタンがその記憶にアクセスして死人のふりをして交信することもできると思います。
まるで本人のように全てを知っているからです。
しかし決して本人ではないのです。

関連記事:すべての人の記憶はある場所に保存されているかもしれない Vol.37

また、サタンは宇宙文明の存在ですから「神」のふりをするのは簡単でしょう。
神といわれる創造主のふりをしながらも、人間の欲を刺激したり崇拝させているかもしれません。
ですので、人間から交信しようと試して交信できた相手はほぼサタンから出た存在だと思います。

ですが、インスピレーションや直感のようなものはサタンとは違うと思います。
それは交信ではないからです。
交信はまるで本当に会話をしているような感じなのだと思います。

人間に従うということ

このような占いや霊との交信やかんなぎなどを行う人は、承認欲求など自分の欲のためにしている可能性が高いのです。

18:14あなたが追い払うかの国々の民は卜者、占いをする者に聞き従うからである。しかし、あなたには、あなたの神、主はそうする事を許されない。
(「申命記」18章14節より)

これを読むとわかりますが、これらの技がサタンから与えられたものだから悪いのではありません。

占いをする人や卜者に従うことは人間の言う事に従うことになります。
つまり創造主ではなく人間に従っていることになるのです。

占いなどは全くのでたらめでもなくある程度は当たっているため、占う人の言うことを盲信して従ってしまうことがあります。
そのように、人間の言うことをまるで神や人間を超えた能力の言葉のようにとらえて従うことが悪い事だとされているのでしょう。

自ら創造した人間のことを最もよく知っている創造主の存在を知ることの方が何倍も良い道を見つける事ができるのに、そこから遠ざかっているからです。

何かを設計したりプログラムした本人のアドバイスより、他の誰かのアドバイスに従うようなものだと思います。

それは人間の進歩から遠ざかることになってしまいます。

すでに創造主や宇宙文明からの人間に対する生き方のアドバイスはあるのです。
聖書を読んでみるとわかりますが、どんな占いや予言よりも明確で、この道を選択する人にとっての正しい道しるべになっています。

これが聖書でこれらの事を禁止している理由だと思います。

スポンサーリンク

-世の中について, 科学, 聖書

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

貨幣経済に替わる仕組み Vol.142

何年か前に「美しき緑の星」(1996年)という映画を観ました。 その映画の中で地球を観察していた別の惑星の人のセリフに私は小さなショックを受けたのを覚えています。 それはこんなセリフです。 「地球はま …

最後の審判と地獄の存在について Vol.56

聖書では、天国の存在とともに地獄の存在も書かれています。 天国については、私が参考にしている「真実を告げる書」を含む「地球人は科学的に創造された」にもはっきりと書いてあります。 著者であるラエル氏が実 …

ルシファーのシンボルの意味とは Vol.47

ルシファーはこの地球に人間を創造した遠い惑星の科学者です。 ですから、創造主の一人ということになります。 そのルシファーのシンボルはへびです。 なぜへびなのかというと、聖書の創世記に書いてあるからです …

666の現代の人に創造主が伝えたいこと Vol.66

666は獣の数字とされています。 悪魔の数字ともいわれますが、聖書では獣の数字とあります。 こう書かれていることで、なんだか不気味で不吉なイメージがあります。 そして以前にこのブログで、この666につ …

創造主の存在は隠されているのかもしれない Vol.96

私が参考にしている聖書や「地球人は科学的に創造された」では、人間を創造したとされる創造主の存在が書かれています。 しかし一般的な考えでは、創造主の存在が信じられることはほとんどありません。 もし自分は …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)