Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について

不正は続かないし明らかになる理由 Vol.173

投稿日:2020-11-12 更新日:

アメリカ合衆国の大統領選挙では不正があったという情報がいくつも出てきています。
これが事実かどうかはわかりませんが、もし本当だとすれば隠し続けることは難しいでしょう。

なぜかというと、今回の大統領選挙での不正の情報が本当なら、かなり大規模な不正だと思うので、多くの人がその不正に関わっている可能性があるからです。

スポンサーリンク

不正ができない時代になっている

不正というのは法律的に認められないことですから、公に晒してはまずいものです。
もしもバレたら不正は正され、不正を行った人は裁かれるしかありません。
そうならないようにできる限りの隠ぺいをし、不正が暴かれないようにあらゆる手段を考えるでしょう。

ですが、大規模な不正には多くの人が関わっていると思われるので、関わった全員が秘密を守れるとは思えません。
そのため、意図的でもそうでないとしても必ずどこかでボロが出るのです。

特に今の時代はスマートフォンが普及していて誰でも録音・録画でき、さらに即時世界に配信することも可能です。
テクノロジーが発達したことで不正が簡単にできるとも考えられますが、反対に不正を防止したり暴くことも可能になっていると思います。

このような理由で10年前には隠し通せたことが今は難しくなっているのです。

選挙だけでなく、こういった不正はこれまでの歴史でも普通に行われていたかもしれませんが、これからは誰もが見ていると思って、誰に見られても恥ずかしくないことをするしかありません。

水瓶座の時代だから

不正に関わった人の中には、本当は不正なんてしたくないのに仕方なくした人もいるでしょう。
そういった人々は、脅されたりして始めは自分に関わる何かを守るために不正に加担してしまいますが、やっぱり不正の事実を隠し続けることの方が苦しくなってしまうと思うのです。
その理由は、自分の中にある正しい心に従う方が自然で気持ちがいいからです。

自分の中にある正しい心とは、この宇宙の自然の法則である愛に従う心です。
それは簡単に言えば自然に逆らわないことです。
そして現在は多くの人の心がその傾向が強くなってきている時代です。

それが今の水瓶座の時代だといわれますが、それは星座の影響で人々の意識が変わるというような不思議なことなどではなく、単純に人類がそういった成長の段階にあるということです。
星座は人類の成長を把握するための年齢のようなただの目印です。

人間の子供が1歳になるころには歩き始めるとか、12歳になる頃には殆どの乳歯が生え変わるとか、14歳頃には思春期になるというようなことと同じです。
つまり必ずそうなるというより、おおよその予測です。

1人の人間の成長と人類全体の成長を同じように見た時、人間の成長の目安になる年齢に当たるのが、人類の成長を表す星座なのです。

これまでの時代は魚座でキリストの時代といわれます。
それは物質の支配の時代ともいわれます。
正にこれまでの時代と言えるでしょう。

関連記事:地球のカレンダーはすでに1周しているかも知れない Vol.64

なぜ水瓶座の時代には人々の意識が変わるのかというと、人間のような知的な生命体の文明が科学知識を与えられてから進む成長の予測がそうなっているからです。

人類の成長とは、1人の人間としてではなく人間が集まってできた文明の成長のことです。
文明には科学の発展が伴いますから、人類の成長とは科学によるテクノロジーの進歩の度合いだといえるでしょう。

そして水瓶座の時代には、人類はテクノロジーの進歩によって自ら物質の支配から抜け出すということなのです。
実際に、現在の世界ではオンラインで出来ることが増え、物質的なことに縛られなくなってきています。

この予測は宇宙の中での常識なのだと思います。
ですから恐らく宇宙文明の存在の人々は、まるで子供の成長を見るように人間のことをよく理解しているのです。

これからは不正は明らかになる

では、なぜ水瓶座の時代には人間の精神が愛に従う傾向にあるのかというと、一度科学を知った人間をそのまま自然の成長に任せておくと、人類が今の時代になる頃には科学の発展の一つの区切りを迎えるからだと思います。

一代で進歩したテクノロジーや知識の発展はそこで終わらず、必ず次の代へと受け継がれるため、次の代からはまた一から発明する必要はなくその続きから発展します。
ですから人類の発展とは代々続いてきたものの結果です。
そして創造主たちは、人類に科学を教えてから666世代目を人類の発展の一つの目安にしたのです。
すでにその666世代目を現在の人類は過ぎました。

関連記事:666の現代の人に創造主が伝えたいこと Vol.66

そのためこの時代には人間の基本的な欲がほぼ満たされているのだと思います。

これまでの時代は、人間は基本的な欲を満たすために様々なものを発明したり発見したりしてきました。
しかし現在はもう飽和状態のような感じです。

もちろん新たなテクノロジーはこれからもどんどん開発されていくと思います。
ですが恐らくそれらはあれば便利だし楽しいとは思いますが、人間になくてはならないという程のものにはならないのではないかと思います。

つまり、人間の基本的な欲が満たされたため、次のレベルに進むときが来ているのです。
それは人間の子供が成長し、親からの保護から抜ける段階である成人になるのと同じようなことです。

人類は今、その自立する時代に入っているのです。
すぐには自立はできませんが、その準備は整い始めています。
その一つの現象が、愛に従いたくなるという心の成長なのだと思います。

このために、これからの時代はますます不正をするのは難しくなるし、まだ明かされていないこれまでの不正も全て明らかになっていくでしょう。

スポンサーリンク

-世の中について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

万物を作っているものは振動している Vol.57

少し前に、この世界にあるものをこの世界での最小単位で見ると、全て同じものというか成分でできている可能性があるという記事を書きました。 もちろんその「もの」は人間の目には見えません。 その最小単位の成分 …

呪いについて Vol.169

この世界には呪いというものがあるとか無いとか言われます。(どっち?) 呪いがどういうものかでその認識は変わるでしょう。 例えば呪いたい相手を思い浮かべて藁人形に釘を刺すといったことは、信じたら呪いが成 …

なぜ愛に則って生きることが大切なのか Vol.147

今回のテーマは「愛」です。 壮大な気がしますが、今こそ重要なことだと思うので書いてみます。 愛については以前にも書きましたが、今回はなぜ愛が大切なのかについてです。 そんなことは映画や歌や聖書の中でし …

終末の時代に起こると言われることはなぜ起こるのか Vol.162

聖書には終末の時代に起こると思われる事が書いてあります。 「ヨハネの黙示録」や「マタイによる福音書」、「ルカによる福音書」などです。 21:10それから彼らに言われた、「民は民に、国は国に敵対して立ち …

愛とは何か Vol.99

突然ですが、皆さんは愛とは何かと聞かれたら答えられますか? 愛とは人を愛すること、つまり好きだとか大切だと思うことや大切にすることだと思っていました。 多分それは間違いではないとは思います。 ですが、 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)