Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について

エゴからの望みと本当の望み Vol.159

投稿日:2020-07-31 更新日:

誰かが望んでいることをしてあげることは愛のある行為ですが、一見その人が望んでいることに思えても実は心からの望みではないこともあります。

例えば子供がお菓子が欲しいと言っているなら、お菓子をあげることで望みを叶えてあげられるように思えます。
しかしその子の本当の望みは、もっと自分を見てほしいとか一緒にいたいと思っていることかもしれないのです。

ただ、子供が実際にお菓子が欲しいと言っているのに、その奥にあるかもしれない望みを察してあげるのは難しいと思います。
その場合、本人でさえそれが自分にとっての本当の望みなのかどうかを知ることは難しいのかもしれません。

本当にただお菓子が食べたい場合もありますし。

これはその時の状況や本人の気持ちを理解しようとすると見えてくると思います。

スポンサーリンク

本当の望みを感じてあげる

本当の望みは心の中から出てくるものです。

その人が口に出して言う望みがその時のその人にとって本当に必要に思え、本人のためになると思えるものなら本当の望みに近いと思います。

しかし、誰かを困らせようとか単なる自分本位のエゴを満たすための望みは、その人にしてあげたとしてもしっくり来ない感じがすると思うのです。

本当にその欲しいという物がその人の心を満たせるように思えるならいいと思いますが、特に物質的なことでは一時的な欲求を満たすことはできても、本当の望みを叶えてあげることは難しいでしょう。

多分それは、誰もが心の中に持っている愛に則っていないからです。

愛に則っていない望みを叶えてあげると、その時はきっと本人は喜びますが、すぐに飽きてしまったり何故か満たされない気がすると思います。

そんなことは本人でない限りわかるはずがないような気もしますが、誰もがもっている共通の基準で見ると見えてくると思います。

誰もがもっている共通の基準とはです。
感じ方に強弱はありますが、人は誰でも心の中心に愛があるので、これは誰もが感じる事ができるものです。

特に現代は科学が発達して物質的にも満たされることが多いため、心の中のエゴが少しずつ小さくなりつつある人が増えてきていると思います。
すると心の中の愛を感じやすくなるのです。

つまり時代とともに愛が目覚め始める人は多くなるといえます。

誰かを思って望みを叶えてあげたいと思うことは愛からの行動ですが、さらにそれが本人にとっての本当の望みかを感じてあげることは愛による行動になるし、心から喜ばれるプレゼントになると思います。

関連記事:
愛とは何か Vol.99
愛とは情熱に従いたくなること Vol.101

スポンサーリンク

-世の中について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第七感とかテレパシーの開花より大事なこと Vol.165

スピリチュアル関連や都市伝説の話題の中に、眠っている力を目覚めさせる方法などがあります。 例えば都市伝説では第七感やテレパシー能力などで、スピリチュアル関連ではチャクラや高次元と交信するなどでしょうか …

地球が自滅するかしないかは私たち次第 Vol.80

聖書は、現在の世界で生きる人間のために書かれたものです。 そしてこの世界から新しい世界に入るための事が書かれたものなので、この世界が終わって地球が新しい世界になったときには、もう聖書は必要なくなります …

風の時代とは自由が大きくなる時代 Vol.180

この地球は水瓶座の時代に入っているといわれていますが、それは占星術的なものやスピリチュアル的な視点からのものだけではありません。 実際にこの地球は物理的に水瓶座の時代に入っていることは以前にも書きまし …

地球のカレンダーはすでに1周しているかも知れない Vol.64

私は都市伝説をきっかけに世の中について興味を持ちました。 そうして自分なりにネットや書籍などで調べているうちに、地球は約2000年単位で進歩していることがわかりました。 その進歩とは、地球と地球に住む …

万物を作っているものは振動している Vol.57

少し前に、この世界にあるものをこの世界での最小単位で見ると、全て同じものというか成分でできている可能性があるという記事を書きました。 もちろんその「もの」は人間の目には見えません。 その最小単位の成分 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)