Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

真実を告げる書

魂とDNAと霊のしくみ Vol.117

投稿日:2019-09-13 更新日:

前回、次回は最後の審判について書くと書きましたが、霊の役割りについてまた気づいたことがあるので、今回はまたそのことを書いておきたいと思います。

私たちの体は細胞からできていますが、その細胞の中の染色体にはDNAが折りたたまれるように入っています。

そのDNAには、個人の遺伝子情報が入っています。
遺伝子情報は一人一人違うため、DNAで個人が特定できるといえます。
個人とは、今現在生きている一人の人間のことです。

DNAについては以前にも書きましたが、DNAには現在生きている人間の情報だけではなく、両親や祖父母、さらに先祖代々の遺伝子情報が全て詰め込まれています。
その遺伝子情報のどこか一つでも違えば、別のDNAになります。
つまり今この文を読んでいるあなたのDNAは、この世に一つしかありません。

そして、DNAと結びつく今の記憶を記録するのが霊です。

前回、霊は意識であり肉体の記憶だと書きましたが、霊は記憶そのものではなくて、現在生きているこの肉体に意識を与え、記憶を記録して保存するものだと思います。

今生きている私たちのこの思考や感情などの心は、一人一人の霊によるものです。
その霊と結び付いたこの体があるから、この物質世界を体感することができているのです。

スポンサーリンク

霊と肉体と魂

霊と肉体と魂を現代の私たちにわかりやすくスマホでたとえてみます。
現代にパソコンやスマホが発明されたことで、理解しやすくなったと思います。

スマホの本体はDNAをもつ肉体で、スマホを動かしたり撮った写真や動画を記録するためのOSが霊といえるでしょう。
新品のスマホはOSをインストールしないと使えませんよね。
そしてOSの入ったスマホが魂です。

ですから魂とは実態のあるものといえます。
つまり魂とは、現在生きている私たち人間のことです。

以前に霊とDNAと魂をパソコンに例えたとき、私はOSを魂と書いてしまいましたが、OSは霊で、OSの入ったパソコンが魂だといえます。
OSはプログラムなので、3次元での実態はなく見えませんが、確かに存在し、その働きのおかげで端末は動きます。

霊も実態はないので見えませんが、OSのように確かに存在して働いているのだと思います。
人間は霊で肉体を動かして生きているのです。

霊と体が結び付いた私たちのこの肉体は、たった一つの魂です。
同じ魂はありません。

同じ魂を作れないことはありませんが、それはクローンです。
パーマンのコピーロボットのようなものです。

もしもクローンを作れたとしたら、クローンを作った時点でそこからのそれぞれの記憶が違ってしまいますが、それについてはここでは触れません。

肉体がなくても、霊だけでも記憶と感情を維持するのは可能かもしれません。
しかしそれは、一度肉体をもった経験のある霊だけです。
はじめから霊だけという存在はないと思います。

それではスマホやパソコンなどの本体を持たないOSやデータだけというようなものだからです。
OSは、一度パソコンやスマホにインストールされて初めて動き、データが作られていきます。

現在生きている肉体は、生まれてからの記憶を記録しています。
その記憶はDNAと結び付いています。
「地球人は科学的に創造された」によれば、受精したときからの記憶です。
そんな記憶は思い出せませんが、きっとあるのでしょう。

映画「君の名は。」で、三葉の口噛み酒を飲んだ瀧君が、三葉が生まれたときからの記憶を辿る場面があります。
それは三葉のDNAが瀧君の中に入ったために、三葉の記憶に瀧君がアクセスできたのかなと思いました。
このことを新海誠監督は知っているのかもしれないですね。

そういえば「君の名は。」のティアマト彗星という名前は、メソポタミア神話で全ての神々を産んだ海の女神の名前と同じですが、ワンピースのブルックが魂のことを「ティアマスィー」というときの発音が似ているので、魂と関係あるのかなーとも思いました。

そしてここから、魂の記憶についての話になります。

スポンサーリンク

人は全てを忘れて地球に生まれる

魂とは、現在生きているこの肉体と心が一緒になった個人のことですが、現在の肉体に生まれる前は、おそらく前の肉体の魂の記憶からずっと続いているのだと思います。

ではなぜ思い出せないのかというと、この未開の文明である地球に生まれるときにその記憶を忘れるようになっているのです。

それが原因で、私たち人間は何のために生まれてきたのかさえわからなくなっています。

ということは、この未開の文明から卒業すれば忘れないのかというと、きっとそうなのです。
さらに、これまでの前世の魂の記憶も全て思い出すと思います。

宇宙文明で生きることになれば、肉体が変わっても全て覚えていられるのです。
スマホでいえば、全てのデータを移行して使い続けるのと同じようなことです。

しかし今の地球では、データの移行は一切できない新規契約のようになっています。

進歩した魂も未開の文明を経験している

現在宇宙文明の世界で生きている存在の創造主たちは、始めから進んだ宇宙文明で生きていたわけではありません。
きっと誰もが、未開の文明の世界を経験して進歩してきた魂なのです。

つまりどんなに進歩している魂の存在でも、現在の地球のような世界での経験ももっています。
ですから未開の世界はどんな世界で、そこに住む人はどんな精神で、どうすればもっと進歩できるのかを知っています。

だからこそ、この地球のたどる未来を予想することができるし、アドバイスもできるのです。
大人が子供に危険を回避する方法を教えることができるのは、他にも子供がいたり、自分自身も子供時代に経験したりして知っているからなのと似ています。

今の魂の前はどんな人生を送った魂なのかは、代々きちんと記録されて消えることなく保存されています。

では、前世ともいえる前の魂の記憶はどこにあるのかというと、それはきっと宇宙のどこかの場所にあるのです。
無事に新しい世界に生きることができたら、全て思い出すのでしょう。

スポンサーリンク

-真実を告げる書
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大相撲や神事での女人禁制の伝統の真実 Vol.39

先日、大相撲の春巡業の際に土俵上で挨拶をしていた舞鶴市長が、突然倒れるという事態になったときのこと。 何人かの人が、倒れた市長の救助のために土俵上に上がりました。 それは人として素晴らしい行動です。 …

聖書の意味がすごくわかる書を見つけました Vol.3

聖書についてひどいと思うことや疑問に思うことがあってなかなか読み進められませんでした。 そしてどうしても納得できなくて、ネットで検索してみると、同じように疑問に思う人がいて共感したりしてました。 「新 …

私達は創造主かもしれない Vol.46

最近の地球の科学の発展するスピードはどんどん速くなっている気がします。 それに伴い、以前ならSF映画やアニメの中の話だと思われていたことも実現可能な事として語られたりします。 その事で私が思いついたこ …

黄泉の国の伝説は人類と創造主の歴史なのかもしれない Vol.166

黄泉の国は死者の住む場所だと言われています。 その由来は古事記に書いてあるからです。 ですが古事記には、黄泉の国は死者のいる国とはありますが、人が死んだら行く場所だとは書いていないように思います。 つ …

創造主たちによる天地の創造の真実 Vol.6

今回は「真実を告げる書」を参考に書いていきます。 「真実を告げる書」は、聖書の中で書かれている創造主が、フランス人のクロード・ボリロン・ラエル氏に会って伝えたことをまとめたものです。 つまり遥か昔から …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)