Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 科学

宇宙のテクノロジーを伝授されるための条件 Vol.84

投稿日:2019-02-04 更新日:

この地球が無事に新しい世界に移行したときは、現在の地球とは比べものにならないくらい一気にテクノロジーが進むでしょう。

なぜなら、宇宙の進んだ文明の仲間入りをすると、進んだ文明のテクノロジーを宇宙の仲間から地球に伝授されるからです。

現在地球で研究されている技術なども急激に飛躍します。
そうなれば、私達はその先の技術の進歩のために使う時間を大幅に減らせます。

そんなことをしたら人間は進歩できないのではと心配になりますが、もう宇宙の文明の中での常識になっているテクノロジーをわざわざ開発する意味がないのです。
すでに存在するテクノロジーですから。

もし、宇宙の文明世界で利用されているテクノロジーを人間だけで開発しようとすれば、これから膨大な時間がかかるでしょう。

例えば、昔は洗濯をするには手でゴシゴシ洗っていましたね。
そして洗濯機を発明してから、洗濯は楽になりました。
その後に生まれた人々は、洗濯機を発明する必要はありません。
すでに存在しているからです。
他の機器や車や技術も同じです。

これと同じことです。
宇宙のテクノロジーは、宇宙の中で共有されるのです。

しかしその宇宙のテクノロジーは、未熟な精神では、小さな子供に車を運転させるように危険なのです。
だから精神の進歩が不可欠なのです。

精神の進歩には、必ずテクノロジーの進歩もついていきます。
ですのでテクノロジーの進歩で、精神の進歩もある程度は予測できるでしょう。

そして車を運転するには18歳以上という制限があるのと同じように、ある段階までは人類だけで進歩する必要があるのです。

そのある段階というのが今です。
今、いよいよ地球は未開の文明から卒業できる時期になったのです。
しかしその時期になれば、全ての未開の文明が先進文明に移行できるわけではありません。
運転免許も、年齢だけでは取得できないのと同じです。

スポンサーリンク

宇宙の技術を受け入れるための条件

地球の文明でここまで科学技術が進んだということは、精神も同じように進歩しているはずですが、残念ながら現在の人類はまだ全体的には精神の進歩が足りていない状態です。

その大きな原因は、世界のほんの一部の人達が真実を隠し、人間の心と富を支配しているからです。

支配されている人はお金に執着し、欲に支配されてしまっています。

その支配には古くからの悪魔のシステムが使われています。
しかし、地球の進歩にともなって人々の意識もどんどん上がっている今、真実を隠し続けることができなくなってきています。

これから、真実を知った人達から意識が変わっていくでしょう。
すると現在の世界を支配している悪魔のシステムであるお金や所有などが消えていき、必要以上に持ちたいという気持ちもなくなっていきます。

そういった人は精神の進歩が進み、周りの人々を巻き込んでいき、世界の人々の意識が一気に変わる可能性があります。

そのとき、この地球の世界は変わることができるのです。
世界の多くの人の意識が変わった時、宇宙からの支援を受け入れることもできるようになるでしょう。

宇宙のテクノロジーは、現在の地球のテクノロジーとは比較にならないくらい、きっと誰もがビックリするようなものです。
ドラえもんの世界より、もっとすごいことがたくさんあると思います。
まさに楽園になるのです。

-世の中について, 科学
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知恵を授けられた人間 Vol.150

聖書で禁断の果実や知恵の木の実などと書かれているものが知恵です。 人間はこれまでに少なくとも2度、人間以外の存在から知恵を与えられています。 もしかするともっと与えられているかもしれません。 その与え …

人間を創造した科学者たちの話 Vol.139

今回は地球に人間を創造した科学者について書いていきます。 科学者というと様々な職種がある世界の中での一つの職業のようです。 人間を創造した創造主の惑星は、それぞれの職業を持ったたくさんの人が住む惑星な …

六芒星とダビデの星と籠目紋の繋がりとシンボルの意味 Vol.71

皆さんは六芒星を知っていますか? このブログを読んでくださっている方は、おそらく聖書を少しでも知っていたり都市伝説を知っている方が多いと思いますので、六芒星についても一度は見たことがある方が多いと思い …

ルシファーとサタンは実在している Vol.45

ルシファーやサタンは、よく同じ悪魔だといわれます。 どちらも神の敵で人間を堕落させている存在というようにです。 その正体は天の国から追放された堕天使だともいわれます。 でもこれは普通に考えたらおとぎ話 …

なぜ愛に則って生きることが大切なのか Vol.147

今回のテーマは「愛」です。 壮大な気がしますが、今こそ重要なことだと思うので書いてみます。 愛については以前にも書きましたが、今回はなぜ愛が大切なのかについてです。 そんなことは映画や歌や聖書の中でし …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)