Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について

呪いについて Vol.169

投稿日:2020-10-15 更新日:

この世界には呪いというものがあるとか無いとか言われます。(どっち?)

呪いがどういうものかでその認識は変わるでしょう。
例えば呪いたい相手を思い浮かべて藁人形に釘を刺すといったことは、信じたら呪いが成立するかもしれないという曖昧なものです。

また昔なら陰陽師のような人たちが本当に呪いをかけていたといわれています。

私はこのような呪いは信じるか信じないかで実現する確率が変わるのではないかと思っていますが、実際のところどうなのかは専門家ではないためわかりません。

ですが、そんな儀式的なものではなく、この世界には呪いが成立してしまうと思ったことがあるので、それについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

呪いとは

「呪い」をWikipediaで調べてみるとこうあります。

人または霊が、物理的手段によらず精神的あるいは霊的な手段で、悪意をもって他の人や社会全般に対し災厄や不幸をもたらせしめようとする行為をいう。
Wikipedia「呪い」より)

「霊的な手段」というのはその道のプロ(?)じゃないと難しいと思いますが、「精神的」な手段でなら、何も能力がない人でも呪いをかけることができるのではないかと思うのです。

その一つとして、言葉による呪いがあると考えています。
それは別に呪いの言葉とかではなく、ごく普通の言葉によってです。

呪いの定義が「他の人や社会全般に対し災厄や不幸をもたらせしめようとする行為」なのだとすれば、言葉で人に呪いをかけることは簡単にできます。

普通の生活の中で、あることが突然心配になることはありますよね。
たとえば1か月後に予定されているイベントで重大な役割を任されたとしたら、その瞬間からその人にとっての一つの心配事になると思うのです。
もちろん誰もが心配になるわけではないですが、そうなる人は少なくないでしょう。

私はそれこそが呪いになってしまう恐れがあると考えています。
つまり呪いとは、ある人の心に植え付けられる心配や不安や恐怖なのです。

それは実際に何かが起こったために心配や不安になるのではなく、失敗するかもしれない、自分にはできないかもしれないという恐怖から来るものです。

つまり実際にはまだ起きてもいないことによって心が支配されてしまうのです。
これは、ただ未来の予定を言われたことが原因でです。

私はこれが呪いの一つの仕組みなのだと思いました。

この場合「悪意をもって」ではないところが呪いとは言えないかもしれませんが、それでも十分に人の心を不安や恐怖で支配することはできると思います。
もしも誰かが間接的に誰かを通してや、狙った誰かをそうなるように仕組むことは可能性なのです。

その場合は、その仕組んだ人に悪意があれば呪いといえます。

こういったことは社会生活をしている人なら多くの人が経験したことはあるのではないでしょうか。

呪いの言葉

普段の生活でもなにげなく話す言葉が呪いになることがあります。
特に家族の間で交わされる言葉にです。

忙しい日々の中で時間に追われながら過ごしているうちに、
「早くしないと遅刻するよ」
とか
「ちゃんと勉強しないと成績が悪くなるよ」
というようなことを言うことがあるでしょう。

実はこういった言葉も呪いになるかもしれないのです。

たとえば「早くしないと」と言われると、急がないといけないと思う前に脅しに聞こえます。
さらに「遅刻するよ」という言葉でそれが実現するかもしれないという心配が心に植え付けられます。

言った人はもちろんそんなつもりで言っているわけではないし、誰もそこまで思わないと思います。
ですがそれらの言葉によって、言われた人の心に小さな不安が起こるのは事実です。
それが一種の呪いになると思うのです。

同じことを言うときでも、呪いにならない言い方はあります。
「もう少し早くできたら時間に余裕ができるね」
のように、脅して不安にさせて従わせるのではなく、できるだけ事実を伝えて、必要なら相手のためになるアドバイスを加えればいいのです。

私たちの日常生活の中ではこのような会話が普通に交わされていることがあります。
ですのでこのことに少し気を付けながら言葉を発すると、相手の心に与えるものが違ったものになるのかもしれません。

呪いだけで崩壊する社会

そしてこれは現在流行している新型のウイルスにもいえると思うのです。
現実に、今のこの世界は呪いの言葉によって災厄に見舞われていると思ってしまいます。

ウイルスは実際に存在するので呪いとはいえないとも思えますが、必要以上にウイルスの恐怖を人々に植え付けることが呪いになるのです。

まずウイルスの不安や心配を煽ることで、対策をしない他の人への批判や誹謗をする人が出てきます。
次にその批判を恐れて行動がしにくくなってしまいます。

その結果、人々は外出を控えるのが普通になり、旅行や外食をする機会が減ってしまい経済へのダメージが大きくなります。

これは実際のウイルス感染症の影響というより、感染への恐怖や不安が引き起こしていることといえます。

この事が今の世界にかけられた呪いなのだと思います。

この呪いを解くには噂ばかりを気にせず、現在の本当の状況をよく知って冷静に行動することが大切だと思います。

スポンサーリンク

-世の中について

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

「真実を告げる書」の内容は衝撃的ですが、きっとまだまだ世界には広まらないでしょう。 その理由はいくつか考えられます。 まず、著者であるラエル氏が中心になっている、ラエリアンやラエリアンムーブメントとい …

真実を知ろうとして迷宮に入り込まないために Vol.30

このブログを読んでいる方は、私がこのブログで聖書についての真実を書いているように見えると思います。 確かに真実かもしれないし、もしかしたらまったくのデタラメかもしれません。 なぜなら、私がここで書いて …

どんなに進んだ科学技術でも自滅は防げない Vol.70

現在の地球の科学技術は、たぶん過去最高に進歩しています。 日々進歩しているのだから当たり前ですね。 人口知能やロボット、VRや人間と機械の融合など。 ただ、過去に滅んだといわれる幻の文明が実在したとす …

666の現代の人に創造主が伝えたいこと Vol.66

666は獣の数字とされています。 悪魔の数字ともいわれますが、聖書では獣の数字とあります。 こう書かれていることで、なんだか不気味で不吉なイメージがあります。 そして以前にこのブログで、この666につ …

この世界にあるホログラム Vol.54

よくスピリチュアルの世界ではこの世界はホログラムでできているといわれます。 私の予想ではこの世界がバーチャルリアリティーと考えると、確かにすべてがホログラムでできているのはわかります。 たとえばこの世 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)