Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 都市伝説

都市伝説で語られる予言が当たる仕組み Vol.157

投稿日:2020-07-09 更新日:

都市伝説などで未来に起こる可能性のあることが語られることがあります。

前回は未来予知の仕掛けについて書きましたが、今回は未来予知とは少し違い、事件や災害を予言していると思われるものについてです。

関連記事:未来予知の仕組みを考えてみる Vol.156

それまでその内容を知らなかった一般の視聴者が見たら予言のように聞こえるため、それを話す人のこともまるで未来の見える予言者に見えるでしょう。

さらにもしその予言が当たったとしたら次は崇拝されるかもしれません。
そしてその人が言うことは正しいからこれからもよく聞いて受け入れた方がいいと思い込んでしまいます。

ですが以前も書いたように、予言したことが本当に起こったと思えるものについては、偶然にそのことが起こって予言が当たったとは考えにくいため、始めから予定されていたのだと思います。
またはこじつけです。

また、そういった都市伝説で未来に起こるといわれることが、なぜか具体的な年で予言されているのが不思議でしたが、何となくその理由もわかった気がします。

このような仕組みを知らないと不思議で恐ろしい気がしますが、そのからくりがわかってしまえば怖がる必要はないとわかります。
マジックの種がわかると不思議ではなくなるのと同じようなことです。

ちなみにここで書くことはただの私の考えなので、事実であるという根拠はないです。

スポンサーリンク

事件を予言している映画や画像の仕掛け

たとえば都市伝説では911などの過去に起きた事件を取り上げ、その事が事件のかなり前から様々な所で予言されていたというか、警告されていたという証拠を紹介しています。

これについては、その警告と思われる映像や画像の数字や絵柄がはっきりとその事件を表しているとはいえませんが、まるでそうであるかのように紹介しています。

これはマジックによくあるのですが、あらかじめ映画やカードに様々なシンボルや数字を仕込んでおきます。
そして実際の事件が起きた後に、その事件や災害の日付に当てはまる箇所を予言や予告の証拠として紹介すればいいのです。

ポイントは映画や画像に仕込んでおく絵柄や数字をはっきりしすぎないことです。
何通りかに見える可能性を作るのです。
すると後からいろいろなことを結びつけることができるからです。

いかにも怪しそうな画像があったら何かが起きたときに結びつけるための仕掛けかもしれませんが、何もなければただの不思議な絵で終わります。

実際に予言していたといわれる画像を見ると、ただの数字や文字だったりよくわからない絵なのです。
もしもそれが本当に予言だとしたら、何を伝えたいのかわかりません。

あいまいにすることで後からどうにでもこじつけられるようになっているのです。
その証拠に、全てが予告されているわけではないし、なぜこんな大きな事件がどこにも書かれていなかったのかということもあります。

しかし、この絵はあの時の事件を表しているから前もって知らされていた、と言われるとそんな気がしてしまうものです。

人間が日付をコントロールできる出来事ならば、その画像の通りの年や日付や時間に何かが起こるようにすればいいのです。
自然災害はほとんどコントロールできませんが、人が関わる政治的な事やオリンピックなどのイベントを決めるとき、いくつかの候補を挙げてそこから選ぶのです。
AIが何かを始める年もだいたい決めることができます。
その候補の日付が全て何かに仕込まれた日なら、いつになっても大丈夫です。
このように大きなイベントは前もって日付を決めることが可能です。

そして実際に何かが起こった後にその画像や数字をあてはめて、あれはすでに予告されていたものだったと言えばいいのです。

これが予言や予告されていたという陰謀論のマジックの種だと思います。
ですからその種を仕込んでいると思われる誰かは、直接何かを実行したりしているわけではなく、偶然起こったことを利用したり後から話すための何かをあらかじめ仕込んであるのです。

ですが、大きな事件はもしかしたら誰かに依頼して起こされている可能性もあります。
しかし依頼した本人たちは直接関わらない方法でです。

それを証明する方法はありませんが、やりすぎ都市伝説でも関氏が紹介していたこの言葉があります。

世界的な事件は偶然に起こることは決してない。そうなるように前もって仕組まれていたと、私はあなたに賭けてもいい。
(第32代アメリカ合衆国大統領 フランクリン・ルーズベルト)

ところでなぜ、そのようなものがこの世界のあちこちに仕掛けられているのでしょう。
その目的は、あらかじめ決められていたことが起こっていると人々に思わせることですが、それをする意味とは。
誰が何のために?

それをしているのは恐らく、この世界を裏で自分たちの思う通りに動かしたいと思っている人々です。
謎の組織のような大きな力のある存在のイメージを作り上げ、その組織が予告していたことを実行したと思わせて人々を恐怖で支配しようとしているのでしょう。

ただ、現在の世界が果たして思うとおりになっているかどうかはわかりませんが。

その人たちについては長くなりそうなのでまた次回に書いてみます。

スポンサーリンク

-世の中について, 都市伝説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知恵を授けられた人間 Vol.150

聖書で禁断の果実や知恵の木の実などと書かれているものが知恵です。 人間はこれまでに少なくとも2度、人間以外の存在から知恵を与えられています。 もしかするともっと与えられているかもしれません。 その与え …

なぜ今この世の中は混乱しているのか Vol.141

この世の中はいつでも混乱しているとも言えますが、特に何かが起こるとますます混乱が大きくなります。 その原因は「何か」が起こったからではありますが、それはただのきっかけなのだと思います。 今ならウイルス …

すべての人の記憶はある場所に保存されているかもしれない Vol.37

以前、少しだけ書いたことがあるのですが、この地球の全ての人の記憶は、私たちが知らない、創造主たちの巨大なコンピューターに記録されているのです。 昔、ミステリー系や世界の謎系の本や漫画などで、そういった …

神社の神様や霊の正体とは Vol.86

最近、スピリチュアル系の情報をあちこち見ていて、ふと疑問に思うことがあります。 それは、霊とか「神様」との交信についてです。 霊感の全く無い私には無縁のものだし、同じように霊感の無い多くの人にとっては …

地球平面説(フラットアース)は真実か考えてみる Vol.178

聖書を信じている人々の中には、この地球は平らであると考えている人がいるのを知っていますか? 一般の人々からはフラットアース説や地球平面説と言われています。 それはもちろんトンデモ説という扱いです。 私 …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)