Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 科学 都市伝説

VRの世界に肉体を捨てて生きることの本当の意味 Vol.172

投稿日:2020-10-29 更新日:

やりすぎ都市伝説では、これからはバーチャルリアリティーの世界で暮らす人が増えていくというようなことを語っています。

クラウド上に人間の脳内にある意識といえるデータをアップロードすると、バーチャルリアリティーの世界に入って生きられるというものです。
もしも本当にそんなことができるなら、バーチャルの世界では自分の好きな姿になることができるし、バーチャルの世界の中ならどこへ行くのも自由なため、早くその世界に行ってみたいという人もいるでしょう。

私もちょっと遊びに行くことができるなら行って体験してみたいです。
ただ、肉体を捨てて意識だけをアップロードするのはやめておきます。
あくまでもバーチャルの世界に遊びに行くだけです。

ところで意識をクラウドにアップロードして生きることについて考えてみたら、それがどういうことなのかがなんとなくわかってしまった気がします。
とはいえ、私なりの考えですからこれが本当だとは言えません。

スポンサーリンク

アップロードした記憶は本人か

意識をアップロードすることがそもそも本当に可能なのかが謎ですが、ひとまずここではそれが可能だということにして進めていきます。

都市伝説によればアップロードするのは個人の記憶というデータです。
そのデータをアップロードするとその人の記憶がクラウド上にあるため、その記憶にアクセスすればその人とコミュニケーションができるのでしょう。

ただしこれは理論上の話で、実際に私が調べたわけではありませんが、記憶をアップロードした意識(?)にアクセスしてコンタクトをとったという実績はないと思うので、本当にそのデータといえる意識とコミュニケーションが取れるのかはわかりません。

恐らく意識をクラウドにアップロードできると思っている人はそんなことは当たり前にできるはずだと思うでしょう。

ですが、本人のように会話しているクラウド上の人は膨大な本人のデータから会話をしているので、iPhoneのSiriのようなものだと思うのです。

Siriは人間と会話は一応できますが、はっきり言って人間同士の会話とは違いますよね。
もちろんSiriとは違うでしょうけれど、果たしてそのクラウド上の人は肉体を持っていたときと同じように感情を持って会話ができるのでしょうか。

記憶と一緒に本人の顔と声もアップロードしていれば本人のように聞こえると思います。
しかしそこに本当に本人の意識があるかどうかはわかりません。

意識とは、今生きている私たちが考えたり感じたりしているこの意識のことです。
都市伝説ではこの意識をクラウドにアップロードしてクラウド上で意識だけでも生きられるということですが、他の人からはどんなに本人と同じに見えても、アップロードされた本人にしかその意識が本当にあるのかはわからないと思います。

肉体を捨てるということの真実

現在でもバーチャルの世界に入って遊ぶことはできますよね。
その世界で例えてみます。

私たちが今バーチャルリアリティーの世界に一時的に遊びに行ったとします。
そのとき、そのアバターを動かしているのは人間である私たちですよね。
私たち人間には記憶だけではなく、感情や意思をもつ意識というものがあります。
ですからバーチャルの世界にいるアバターには本体である私たちの意識があるといえます。

そしてたくさんのアバターの中に、人が操作していないただのロボット(?)が何体かいるとします。
そのロボットは人間のアバターと同じように私たちと話せるとしたら、その中に人がいるのかただのロボットなのかわからないと思うのです。

もしも本当に記憶をアップロードできるようになって、その人は肉体を捨ててバーチャルの世界に完全に移行したとしたら、他の人から見たらその世界に本人がいるように見えるでしょう。
しかしその人が本当にその記憶を持っていた本人の意識かどうかは外からではわからないのです。

そしてバーチャルの世界にいる本人の意識というか記憶をもったアバターは、そのままその世界で生き続けているように見えるだけかもしれないのです。
つまり、肉体を捨ててバーチャルの世界に意識をアップロードするということは、実は人としてただ死ぬだけなのかもしれないということです。

もしそうなら、本当は死んでしまうのにきちんとお別れもできないかもしれないし、意識は生きていると思われているので、肉体の処分なども機械的にされて終わりかもしれません。
それまで健康に生きていた人にとっては突然の死になる恐れもあります。
それなのに誰もそれを理解していないという悲しい世界が来るかもしれません。

意識とは魂

人間は、恐らく誰も肉体と霊の結びつきの正確な仕組みを理解していないと思うのです。
霊の存在はいまだに曖昧です。
しかしその肉体と霊の結びつきこそが魂という今の感情をもって生きている私たちの意識であるため、この世界では肉体だけがなくなっても霊だけがなくなっても、この意識は保てないと思います。

ましてや脳にある記憶だけなんて、そこには魂はないため全く本人とはいえないでしょう。

ただ、これは私が考えた一つの可能性ですので、これが本当なのかどうかは実際に本人として記憶をアップロードしてみない限り、そこに意識があるかどうかは誰にもわからないのだと思います。

本人として肉体を捨てて記憶をアップロードしてみて初めて、その真実はわかるでしょう。

スポンサーリンク

-世の中について, 科学, 都市伝説

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

魔物や神様や魔術は科学 Vol.129

私は子供の頃、幽霊とか妖怪といった目には見えない存在をなんとなく信じていました。 実際に見えたわけではないですが、普通に多くの子供が信じているような感じです。 ただ私には全く霊感がないため、大人になる …

悪魔の終わりのときの光と闇の目的は同じかもしれない Vol.184

聖書の「ヨハネの黙示録」には悪魔の終わりのときについてこう書かれています。 しかし、地と海よ、おまえたちはわざわいである。 悪魔が、自分の時が短いのを知り、 激しい怒りをもって、 お前たちのところに下 …

愛とは情熱に従いたくなること Vol.101

最近のいくつかの記事では愛について書いていますが、宇宙や自然の中の法則を中心に書いたので、いまいち現実味がないという方も多いかもしれません。 私は、愛とは恋愛や誰かを好きになるとか大切に思うことだろう …

キャッシュレスの波はどこに向かうのか Vol.112

私は歴史が苦手だったので昔のことは詳しくわかりませんが、お金や貨幣という存在が作られる以前は、人間は物々交換をしていたと思います。 しかし私は、「はじめ人間ギャートルズ」というアニメで巨大な石の硬貨を …

すべての人の記憶はある場所に保存されているかもしれない Vol.37

以前、少しだけ書いたことがあるのですが、この地球の全ての人の記憶は、私たちが知らない、創造主たちの巨大なコンピューターに記録されているのです。 昔、ミステリー系や世界の謎系の本や漫画などで、そういった …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)