Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

古事記 聖書

ツクヨミノミコトが表すこの世界 Vol.128

投稿日:2019-11-14 更新日:

今回は日本の神話に登場する月読命(ツクヨミノミコト)について書いていきます。

月読命は、古事記では伊奘諾(イザナギ)が黄泉の国から帰り、禊(みそぎ)で右目を洗ったときに生まれました。
そして左目を洗ったときに天照大御神、鼻を洗ったときに須佐之男命が生まれました。

ですので、月読命は天照大御神と須佐之男命と同じときに生まれた3兄弟の中の一柱の神です。
天照大御神は太陽、須佐之男命は荒れた海、月読命は月を治める神といわれます。

ただ、天照大御神と須佐之男命についての物語はたくさんありますが、月読命に関する物語はほぼないといえます。
なぜ無いのかはよくわかりません。

しかし、天照大御神と須佐之男命と月読命の三柱の神を伊奘諾が産んだときに、最も尊い三貴子だと言ったことから、月読命もこの世界でとても重要な神であるのです。

今回は月読命はどんな神なのかを考えていきます。

スポンサーリンク

月読命の表すもの

月読命について考えるには、他の天照大御神と須佐之男命の二柱の神と一緒に考えてみると何かわかりそうです。

天照大御神は太陽と昼を治める神です。
これまでこのブログで私が考察したのは、天照大御神には最後の審判をする光が関係するということです。
つまり、とても簡単に言うと創造主の意思です。

そして須佐之男命は荒れた海を治める神ですが、なかなか治めてくれず、やりたい放題のやんちゃなイメージの神です。
この須佐之男命は、地球に追放された創造主の惑星の科学者たちのしたことを表していると書きました。

この考えで行くと、月読命が月と夜を治めるとは何のことでしょう。
なぞなぞみたいですが。

太陽の光に対して月の光?
だとすると?

月の光は太陽の光が反射したものです。
その光が人間にはどんな効果があるのかわかりませんが、それが月の役割かもしれません。

太陽の光は今はただの暖かい光ですが、最後の審判のときには裁きの光になると私は思っています。
同じように太陽の光を映す月の光も最後の審判のときには、今とは違う働きが表れるのかもしれないです。

天照大御神は創造主や宇宙文明の存在を含む大きな意志の事だと私は思っているのですが、そこから考えると月読命は月に関係する何かです。

月には宇宙人たちの基地があるといわれるので、月からこの地球を見ているということ?

月読命という文字から考えられるのは、月を読むということになります。
つまり月読命は時間と関係あるのでしょうか。

古事記の神々とはこの世界での様々な出来事や自然の働きを表していますが、それだけでなく必ずどこかで創造主や宇宙文明の存在が関係していると思います。

つまり月読命はこの地球の時間と創造主たちとの何かです。
ここからは、月読命が地球の時間と関係あるという前提で考えてみます。

スポンサーリンク

月読命の隠された役割とは

月読命が生まれたのは天照大御神と須佐之男命と同じときなので、聖書でいえばおそらくノアの大洪水の後です。

それはこの地球に虹ができるようになってからということです。
つまり、この未開の世界が終わるときには必ず最後の審判が行われることになってからです。
もしかするとその前までは月は存在しなかったのかもしれません。

地球に虹ができた時からこの世界が終わるときがおおよそ決まっていました。
ただし、はっきりいつとは決められてはいません。

いつになるのか、その日は誰にもわかりません。
その理由は、世界が終わるのは人間が進歩したときか自滅するときだからです。

ですがその時期は決まっています。
それはこの今の時代です。
すでにその時代になっているのです。

そのときがいつになるかは人類の自然な進歩に任されています。
たとえば人間の妊婦さんがいつ出産するかはだいたい決まっていますが、実際に赤ちゃんが生まれるはっきりした日付や時間までは誰もわからないのと全く同じです。

この時期になるまで、創造主たちは始めから星座を割り当てて太陽の昇る位置を測り、その位置でその時代がだいたいどの時期なのかがわかるようにしました。
始めからというのはノアの大洪水の後からです。

その一つの道具がマヤのカレンダーだったのでしょう。
マヤのカレンダーはすでに2012年で終わっています。
ですから、今現在はいつこの世界が終わってもおかしくない時期なのです。

どうやって終わるかは、今の私たち人間次第です。
できれば平和な終わり方になることを願っています。

月読命とは、この未開の地球の世界で人間が進歩して世界が終わるまでがだいたい決まっていることを表す神なのだと思います。
人間にとって月とは、1ヶ月の経過や一年の経過を計るための役割が大きいですよね。

ですからこの洪水後の世界が始まってからは、時間に関してはほとんど創造主や宇宙文明の存在は関わりがありません。
ですが何の関係もないわけでもありません。

そのときが来るまで創造主やたくさんの宇宙文明の存在が静かに見守っています。
それが古事記で月読命が生まれたあとに殆ど登場しない理由なのではないかと思います。

月読命は天照大御神や須佐之男命のような感情的な神ではありませんが、静かに、そしてずっとそのときまで私たちを見ている神なのです。

関連記事:
月の秘密その1 Vol.135

月の秘密その2 Vol.136

スポンサーリンク

-古事記, 聖書
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マイクロチップは獣の刻印なのか Vol.52

私たちがいるこの地球の世界はどこに向かっているのか。 2018年5月18日の「やりすぎ都市伝説」を見た感想は、こんな感じでした。 聖書をずっと読んでいる人はきっと、いよいよ「ヨハネの黙示録」にある獣の …

キリストの意志とは Vol.121

前回は反キリストについて書いたので、今回はその元になっているキリストの意志について書いていきます。 一応前回の記事にもキリストの意志について簡単に書いてあります。 関連記事:反キリストとその目的とは  …

悪魔サタンの攻撃の手口とは Vol.25

悪魔のサタンについて、前回の記事でその目的を書きました。 関連記事:サタンの目的は神様への反逆ではない。人間への嫉妬でもない サタンは確かに存在しているし、この世界にその影響は蔓延しているようです。 …

聖書の中の創造主とは誰なのか Vol.5

私が「真実を告げる書」を読み始める前は、はっきり言ってよくある都市伝説レベルの本だと思ってました。 でも私には、とにかく聖書の内容を自分の中できちんと理解したいと思っていろいろなサイトを見ていたので、 …

地球の新しい世界とはどんな世界か Vol.83

現在の地球は、もうすぐ新しい世界になると様々なところで言われています。 ですのでこれは多分、確実な証拠は無くてもかなりの確率でその通りなのでしょう。 私もそう思っています。 ただ具体的にどんな風に新し …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)