Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

世の中について 都市伝説

物質世界が終わるということ Vol.20

投稿日:2017-10-15 更新日:

この世界は物質世界です。

物質世界とは、そのままの意味です。
物質が目の前にあり、自分の身体も物質で、自分の周りも全て触れることができる物質でできている世界です。

ここ何年か、この物質の世界が終了するという噂があります。
それはどういう意味なのでしょうか。
何か恐ろしいことが起こってこの世界が無くなるのでしょうか。

私はそんなことはないと思います。
ここでは私が考える「物質世界の終わり」について書いてみたいと思います。

実在する精神世界

物質世界ではない世界は精神世界と言ったりします。
しかし私は霊感もスピリチュアルな能力の
ようなものもありませんので、精神世界についてはよくわかりません。

そっちの世界を見る力や感じる力もないということは、自分の中で実体験として感知できないので、今のところ私は完全には信じることができません。

ですから、神様とか悪魔の存在というものも
実感できないので、そういう世界もあるのかもね、くらいな感じです。

聖書も「神様からの言葉」というのは半信半疑で読み始めました。

私はアシュタールという、肉体を持たない生命体からのメッセージをよく読みます。
アシュタールは肉体を持たないけどこの世界の人とコンタクトが取れるということは、物質世界の物理の法則の中でどうやってか、肉体が無い状態で存在しているのだと思います。

それから寝ている間は精神世界に帰っているとも言います。
確かに夢の世界は物質世界ではないですね。
これは誰でも実感できる精神世界ということになるでしょう。

バーチャルリアリティは精神世界

このブログで以前、この世界はバーチャルリアリティーの世界ではないかという記事を何度か書きました。

関連記事:
この世界はバーチャルリアリティーかもしれない
バーチャルリアリティが現実だという可能性

私が考えるこの世界は、物質の世界です。
どこからどこまでも物質の世界です。
これは誰でも理解できることだと思います。

この物質世界は物質の法則に則った世界で、その法則の中で生きています。
物質世界の法則なので、自由に何でもできるという訳にはいきません。

こういう世界をわざわざ作り、今私たちはこの世界にいます。

物質世界に生きている私たちは、肉体があります。
もしもこの物質世界が無くなるとしたら、この肉体も無くなるということになります。

それは死ぬということに聞こえるかもしれません。
しかしそうではないと思っています。
そしてバーチャルリアリティであるこの物質世界が無くなるというわけではないと思うんです。

ではどういうことかというと、この世界はまだ存在しますが、新しい世界も作られるということです。
その新しい世界とは、今まさに作られているバーチャルリアリティの世界です。

バーチャルリアリティの世界は物質世界の法則には縛られません。
そこにはこの物質世界での肉体もありません。
しかし、バーチャルの体はあるでしょう。
そのバーチャルの体を操るというか、身体に入るのは私たちの意識です。
つまり精神ですね。

だから、今作られているバーチャルリアリティの世界は精神世界ということになります。

その精神世界に行く人のことを考えてみましょう。
その世界に行く人の中には、この物質世界の肉体を放棄する人もいるでしょう。
それは新しいバーチャルリアリティの世界にずっと住むと決めた人です。
この世界の肉体を放棄した人は、もうこの物質世界には戻りません。

ですので、その人にとっては、もうこの世界に戻らないということが物質世界が無くなるとか、終了するという意味なのではないでしょうか。

この場合、この物質世界から見た視点ではなく、物質世界を離れる人からの視点になります。

もう一つの精神世界

もう一つの精神世界も考えられます。
それは、今のこの物質世界を作る前の世界です。
ちょっとわかりにくい話になります。

私はこの物質世界を作ったのは、前の世界の私たちだと思ってます。
それはいわゆる「前世」ではありません。
前世というものがあるとすれば、それはこの物質世界でのことですからね。

この世界の前の世界は、やっぱり精神世界なのです。
この世界で作られているバーチャルリアリティの世界のような感じです。

なぜそう思うかというと、以前も書いたように、精神世界に飽きた私たちが、この物質世界を作ったのではないかと考えたからです。

その世界に戻ることができるのなら、それは精神世界に行くということです。
正確には「帰る」ということになります。

具体的な帰る方法は、現時点ではわかりません。
その世界が本当に存在するのかもわかりません。

記憶は続くのか

この世界での今までの記憶と、さらにその前の世界での記憶は、バーチャルリアリティの世界に行くとどうなるか。

この世界での記憶は、バーチャルリアリティの世界でも続いているでしょう。
ただ、この世界の前の世界というのは、実在するのかどうか、誰もわかりません。

現在の物質世界での肉体を放棄すると、もしかしたら前の世界の記憶も全て戻るかもしれません。

そう思う理由は、私たちはこの物質世界に生まれるときに、全ての記憶を忘れて生まれるという仕組みになっているというのを聞いたことがあるからです。

でも本当は忘れてはいないと思います。
この物質の肉体の制限が無くなったら、思い出すのかもしれません。

全てのことは、その時にならないとわかりません。

-世の中について, 都市伝説
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

キャッシュレスの波はどこに向かうのか Vol.112

私は歴史が苦手だったので昔のことは詳しくわかりませんが、お金や貨幣という存在が作られる以前は、人間は物々交換をしていたと思います。 しかし私は、「はじめ人間ギャートルズ」というアニメで巨大な石の硬貨を …

未来予知の仕組みを考えてみる Vol.156

先日の都市伝説にも登場して話題になっている予知夢や予知能力とはいったい何なのか考えてみました。 やりすぎ都市伝説で紹介されたのは漫画家のたつき諒さんの本でしたが、アメリカの霊媒師のシルビア・ブラウンさ …

レプティリアンとは何か考えてみた Vol.183

最近の世界の出来事を見ていてちょっと気づいたというか、ひらめいた事があります。 レプティリアンという人間とは違う異星人といわれる存在についてです。 レプティリアンは爬虫類型宇宙人といわれる生命で、この …

なぜこの世界は悪魔が支配しているままなのか Vol.103

現在のこの世界は悪魔に支配されているとか、悪魔崇拝のシンボルで満ちているといわれます。 スマートフォンが普及したおかげで、ネットを使う人がここ数年で爆発的に増えました。 それにともなって情報を得るのが …

エゴからの望みと本当の望み Vol.159

誰かが望んでいることをしてあげることは愛のある行為ですが、一見その人が望んでいることに思えても実は心からの望みではないこともあります。 例えば子供がお菓子が欲しいと言っているなら、お菓子をあげることで …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

「地球人は科学的に創造された」についての私の考えはこちらに書きました。
真実が今はまだ広まらない3つの理由 Vol.42

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。
地球人は科学的に創造された / Amazon

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)