Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

聖書

宇宙の全ての星と人には宇宙文明での名前がある Vol.108

投稿日:2019-06-10 更新日:

聖書には、神は宇宙の全ての星に名前を付けているという言葉があります。

主はもろもろの星の数を定め、
すべてそれに名を与えられる。

(「詩篇」147章4節より)

普段から聖書を読んでいる信心深い方は、神という全知全能の存在なら宇宙の全ての星の数を知り、その全てに名前を付けるなんて当たり前のことだろうくらいで納得してしまうでしょう。

ですがキリスト教やユダヤ教やイスラム教などで「神」や「父」と呼んでいる存在は、白い服を着て杖をもっているお爺さんのような一人の神ではありません。

そのような神はいませんが、神だと考えていたような存在は実在します。

スポンサーリンク

神はなにもしない

この宇宙で「神」といえる存在は、全ての物事の流れを作る自然の法則のことか、その法則に従って宇宙文明を作っている私たちの創造主や宇宙の仲間のことです。

といっても創造主や宇宙文明の仲間たちは、キリスト教やユダヤ教などの一神教での「神」や「主」という場合です。

そちらの神という存在は日本人にはあまり馴染みが無いと思います。

日本で神様といえば、自然の中に存在する神というイメージが強いです。

宇宙には無数の星がありますが、全ての星の位置やどんな星なのかなどの情報が、銀河の中心にあるスーパーコンピュータに保存されていて、その情報は宇宙文明の世界で共有されています。

このことは、「アミ 小さな宇宙人」シリーズの第2巻の「もどってきたアミ」の中でアミのお父さんが話してくれたことの中に書いてあります。

「息子よ、元気かい。ウーム……そこにいっしょにいる子どもたちは第三水準(レベル)世界の子だね。女の子はたぶん、水晶の蝶の二番目の惑星、男の子のほうは金の鷲の三番目の惑星の子だろう」
「そのとおりだよ、パパ」
「ぼくの惑星は地球といって、ぼくたちの太陽は金の鷲なんていわないけど……」
「“親交世界”では、宇宙のすべてのものに名前と特別なコード番号をつけたカタログがつくられているんだよ」(注釈:〈神は星の数を数えそのすべてに名前をつける〉詩篇147章4節)



「すべての物やひとにコード番号と名前がつけられているのを知ったからといって、別に問題はないだろう……」
ビンカはおどろいて言った。
「一人ひとりすべての人に⁉︎」
「前に話した銀河系の中心にある“スーパーコンピューター”にだよ」
とアミ。

(「もどってきたアミ」文庫版 p265・p266より)

ですのでこの聖書の「詩篇」で書かれている「主」とは自然の法則の方の「神」ではなく、自然の法則に完全に従う私たちの創造主や宇宙文明の仲間たちのことです。

さらに驚くことが次に書かれていました。

「じゃ、みんな“リスト”にのっているの?」
「“きみたちのかみの毛の数まで数えられているよ”と言っても、警察のように監視しているということじゃなくて、保護のためなんだ。ちょうどお兄さんやお姉さんが弟や妹を見守っているような感じだよ」
「わたし、そうしたことはみんな神がするのかと思っていたわ」
とビンカが言った。
「神はなにもしないよ」
アミのお父さんが、きっぱりと言い切った。

(「もどってきたアミ」文庫版 p266〜p267より)

私が驚いたのは「かみの毛の数まで数えられている」ことです。
もちろん嘘や冗談かもしれませんが、本当かもしれません。

以前に書いたことがありますが、私たちの一人一人の意識や記憶は全て宇宙にあるコンピュータに自動的に記録されているのです。
これはどこかから監視しているのではなく、自分の脳にある松果体などから送られているのではないかと書きました。

関連記事すべての人の記憶はある場所に保存されているかもしれない Vol.37

「アミ」ははじめから物語として書かれた本なので、本の内容は全て架空かもしれませんが。

「神はなにもしない」というのは、その「神」はこの宇宙すべての物事の自然の法則に作用している愛だからです。

ですが、地球では別の神とも捉えられている宇宙文明の仲間たちは、私達をいつも見守っているのです。

それにしても、「アミ」の中でも何度も聖書が引用されていることから、聖書は私たちの創造主たちだけのことが書かれているのではないのだなと思いました。

スポンサーリンク

-聖書
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

どんなに進んだ科学技術でも自滅は防げない Vol.70

現在の地球の科学技術は、たぶん過去最高に進歩しています。 日々進歩しているのだから当たり前ですね。 人口知能やロボット、VRや人間と機械の融合など。 ただ、過去に滅んだといわれる幻の文明が実在したとす …

悪魔のサタンは本当に存在するのか Vol.23

今回の記事は「真実を告げる書」をもとに書いていきます。 「真実を告げる書」は聖書の創造主が、フランス人のラエル氏に実際に会い、書くように依頼した書籍で、現在は「地球人は科学的に創造された」の中に収録さ …

スサノオによるヤマタノオロチ退治の真実 Vol.126

前回に続いて今回も須佐之男命について書いていきます。 古事記では、須佐之男命はやんちゃで素直に言うことを聞かない息子というイメージで書かれています。 そんな中で、須佐之男命がこの世界に追放されてから活 …

万物を作っているものは振動している Vol.57

少し前に、この世界にあるものをこの世界での最小単位で見ると、全て同じものというか成分でできている可能性があるという記事を書きました。 もちろんその「もの」は人間の目には見えません。 その最小単位の成分 …

地球が自滅するかしないかは私たち次第 Vol.80

聖書は、現在の世界で生きる人間のために書かれたものです。 そしてこの世界から新しい世界に入るための事が書かれたものなので、この世界が終わって地球が新しい世界になったときには、もう聖書は必要なくなります …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

書籍も売っています。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)