Babel

世の中の謎や都市伝説を読み解くために聖書を読み始めました。

キリスト 聖書 都市伝説

今は終末でアポカリプスの時代 Vol.105

投稿日:2019-05-24 更新日:

聖書を知らなくても、都市伝説やオカルト好きの人なら「終末」とか「アポカリプス」という言葉を知っている人は多いと思います。

この言葉は、その言葉が使われている聖書の箇所の恐ろしい表現とセットで広まったために、終末やアポカリプスという言葉自体が恐ろしいというイメージになっています。

終末やアポカリプスといえば「ヨハネの黙示録」ですから。
「ヨハネの黙示録」には人類の滅亡の始まりとも思える恐ろしい表現がたくさん書かれています。

ですが、「終末」や「アポカリプス」という言葉にはそんな恐ろしい意味はありません。

スポンサーリンク

見ても聞いても理解できなかった時代

終末とはそのまま、この世界が終わる頃という意味です。
そしてアポカリプスとは、「覆いを外す」や「開示する」というような意味です。
滅亡などという意味はどちらにもありません。

この世界が終わるというのは、地球や人類が滅亡するということではなく、現在のこの欲に支配された世界が終わって新しい世界が始まるという意味です。

欲に支配された現在のこの世界では、意図的に人々は真実から遠ざけられてきたのです。

しかし世界の真実を知らずに、自然に地球が新しい世界に変わることはできません。
何も知らずに自然に子供を妊娠することも生まれることも無いのと同じです。

ですからこの終末の時代には、新しい世界に変わるために人々はまず真実を知る必要があります。

といっても、今まで隠されていたことを開示するというよりも、すでにあるものや見えていたものの意味を理解するということです。

そして、この時代に救世主が現れて人々に真実を教えてくれることもありません。
たとえ現れたとして、それが救世主だとどうやって信じるのですか?

救世主がいるとすれば、それは私たち自身です。
自分で知るしかないのです。

昔から真実は見せられていた

実は、真実は昔から世界中に表されてはいました。

またその書物を読むことのできない者にわたして、「これを読んでください」と言えば、「読むことはできない」と彼は言う。

(「イザヤ書」29章12節より)

ただ、その真実を見ても誰も気づかないし、理解もできなかったのです。

あなたがたは知らなかったか。
あなたがたは聞かなかったか。
初めから、あなたがたに伝えられなかったか。
地の基をおいた時から、
あなたがたは悟らなかったか。

(「イザヤ書」40章21節より)

だから誰もわざわざ探すこともしませんでした。
時代がまだ早かったからです。

そして、この時代がやっと来たのです。
世界中を見渡せば、沢山の真実を見つけることができます。
今の時代の人々なら、その真実を見れば理解できます。

宇宙のたくさんの仲間たちからも多くのメッセージが届いています。
そのメッセージも昔から届けられてはいましたが、ほとんどの人は信じないし、無視されていました。

ですが、現在ではもしかすると本当かも?という意識が少しだけ大きくなっています。

何度も書いていますが、この宇宙に神という特定の存在などいません。
聖書の「神」や「主」とはキリスト教の神などではなく、地球の環境を整え、全ての植物や動物、そして人間をここに創造した私たちの創造主のことです。
宇宙の中の両親のような存在です。

聖書を書かせた存在は私たちの創造主だけではなく、たくさんの宇宙の仲間たちも手伝っています。
聖書は地球の私たちのために残されたものです。

ところで聖書にも真実が隠れているのに、なぜこんなに世界中に広めることができたのでしょう。

これはうまくキリスト教という支配のシステムに紛れ込ませたからこそ、隠されずに広まったのかもしれません。
ですから、キリスト教でさえ真実を世界に広めるための下準備だったとも考えられます。

このように、これまで隠されていたものや理解できなかったものが見えるようになり、理解できるようになるのがアポカリプスの時代です。
それが終末の時代に起こることです。

今何が起きているのかが理解できれば恐怖はなくなり、何をするべきなのかもわかってくると思います。

-キリスト, 聖書, 都市伝説
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニューワールドオーダー(新世界秩序)はなぜ作られようとしているのか Vol.67

この地球はもうすぐ新しい世界になる予定です。 この事は多分、地球に今の人間が創造されてから決まっていることです。 新しい世界とは、今都市伝説などで話題になっているニューワールドオーダーや新世界秩序とい …

世界や宇宙の全てを創造しているのは一つのものだった Vol.62

この世界や宇宙にあるものは全て、空間に存在する一つの同じもので出来ているのではということを、以前の記事で書きました。 関連記事:万物を作っているものは振動している Vol.57 私が最初にそう思った理 …

神社の神様や霊の正体とは Vol.86

最近、スピリチュアル系の情報をあちこち見ていて、ふと疑問に思うことがあります。 それは、霊とか「神様」との交信についてです。 霊感の全く無い私には無縁のものだし、同じように霊感の無い多くの人にとっては …

聖書の原典では神様はいなかった Vol.4

「真実を告げる書」は、クロード・ボリロン・ラエル氏が宇宙人に遭遇し、その宇宙人からのメッセージを伝えるように依頼されて書いた書籍です。 宇宙人というところで普通の人から見たら怪しい臭いがしますよね。 …

天照大御神の正体 Vol.138

天照大御神は古事記に登場する神で、日本書紀では天照大神となっています。 古事記などの神話に登場する神は実在した存在だともいわれます。 ただ、神話のとおりに実在したのなら、神話がそのまま事実だということ …




都市伝説をきっかけに、ぜんぜん興味が無かった聖書を読み始めました。
ところが読んでみるとなんだかただの物語のような、伝説のようなもので意味がよくわかりませんでした。
そのために、ネットでいろいろと検索していたときに、「真実を告げる書」を読み、聖書の意味がわかるようになりました。

聖書とは宗教の書物ではなくて人間のための書物でした Vol.33

ですので私はキリスト教やその他の宗教を信じているわけではありません。
聖書をそのまま信じているわけでもありません。
でも「真実を告げる書」はかなり信ぴょう性が高いと自分で読んで思っています。

このブログでは「真実を告げる書」を頼りに聖書を読み解き、私なりの考えを書いています。
ここに書いたことを鵜呑みにはせず、必ず自分の中で考えてみてください。
真実を知るためには全て鵜呑みにしないことが大切 Vol.16
都市伝説や陰謀論は何を根拠に信じるのか Vol.40

記事を書いても後から追加したり訂正したりすることが多いので、一度読んだ記事でも更新日時が新しいときは、是非読み直していただけるとうれしいです。

初めての方は、始めから読むとこのブログの内容が理解しやすいと思いますので、こちらから読んでみてください。
今の世界について思うこと Vol.1

全ての記事(古い順)

詳しい自己紹介はこちらです。
筆者プロフィール

このブログで紹介している「真実を告げる書」は、現在は「地球人は科学的に創造された 」という一冊の書籍の第一部として収録されています。
以下のページから無料でダウンロードして読むことができます。

※リンク先の「地球人は科学的に創造された」の下にある「Read more」をクリックし、説明の下の「DOWNLOAD」をクリックするとファイルのダウンロードができるので、保存先を確認して「ダウンロード」を押すと端末に保存されます。

真実を告げる書(地球人は科学的に創造された) ダウンロード版(無料)

Amazonで書籍も売っています。
こちらは無料ではなく1,100円です。

また、当ブログで引用している聖書は以下のページのものです。
口語訳新約聖書(1954年版)、口語訳旧約聖書(1955年版)